Kein物流改善研究所 仙石惠一先生

Kein物流改善研究所 仙石惠一氏

監修カイゼン講座

『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』
会社全体の収益向上に貢献するために、構内物流は、3つの役割を果たしていかなければなりません。本講座では、どのような考え方、方向性で構内物流改善を進めていけばよいのかを学習することができます。

目次

1.仙石先生にインタビューさせて頂きました!

カイゼンベース あおいさん
では早速ですが、仙石先生の簡単な経歴を教えて頂けますか?
Kein物流改善研究所 仙石先生
私は日本でも屈指のサプライチェーンである日産自動車サプライチェーンの構築に携わって参りました。入社以来常に心がけてきた「現場第一主義」に基づき、現場を原点とした仕事の仕方は今まで多くの会社さんに評価されて参りました。物流が専門でありながら、製造現場と物流現場を熟知しさらに「物流IE」ノウハウを駆使できる日本でも希少な存在だと自負しております。
カイゼンベース あおいさん
製造現場と物流現場を熟知されているというのはスゴイですね!
物流IEの改善ってあまり行なっていない企業も多いのでしょうか?
Kein物流改善研究所 仙石先生
そうですね。現場での各種改善には各企業力を入れて行なっています。しかし、物流の改善、例えば、構内物流改善、輸送改善、物流人財育成教育はどう進めればよいかわからない企業が多いのが現状なんです。
カイゼンベース あおいさん
なるほど、そんなに構内物流改善や輸送改善って難しいんですか?
Kein物流改善研究所 仙石先生
正しくありたい姿を描き、そこへ向けて進め方さえ間違えなければ、それほど特殊なテーマではありません。しかし、意外と向かうべき方向性が間違っていたりすることが多いのも事実で、まずはしっかりと物流に関する基礎を押さえておくことは必須ですね。
カイゼンベースにおいて監修しているカイゼン講座『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』では、構内物流に関する基礎について説明しています。構内物流の役割について、分かりやすく表現していますので、是非一度ご覧頂ければと思います。
カイゼンベース あおいさん
ええ、私もその講座を学習しましたが、初心者でも理解しやすい内容で、私でも構内物流改善の進め方について理解ができました。初心者はもちろん、物流を長く行なっているベテランの社員まで、一度は学習したい講座ですね!
ところで、物流改革は、経営数値へどのくらいの効果があるんですか?
Kein物流改善研究所 仙石先生
物流改革が特徴的なのは、例えば、“物流費”が下がったとすると、それはそのまま会社収益の向上に繋がる点です。実は、売上を伸ばし利益を出すよりも、必要な知識とやる気さえあれば、物流改善の方が簡単ですよ!
カイゼンベース あおいさん
それは驚きですね!
では最後に、物流改善で一番喜ばれたことを教えて頂けますか?
Kein物流改善研究所 仙石先生
物流がよくなることで、工場における重要テーマである「現場の生産性向上」や「品質向上」にも繋がったという言葉はよく頂きます。
その結果、コストが下がり利益に直結したと喜ばれていますよ。
カイゼンベース あおいさん
なるほど、物流改革は、物流だけではなく現場のものづくり力向上に繋がっているのですね!
本日はお忙しいところ、本当にありがとうございました。

2.経歴

物流改革請負人。ロジスティクス・コンサルタント。物流、製造現場を熟知した社会保険労務士。物流、製造会社専門行政書士。日産自動車(株)でサプライチェーン構築や新工場物流設計、物流人財育成プログラム構築などを経験。3年間の中国駐在時には現地物流会社の改善指導にあたり、日本企業をしのぐほどの実力をつけさせ外資系大手自動車会社から引き合いがあるまで育て上げた。また仏ルノー社との共同購買会社においてグローバル調達のしくみを構築。世界で最も競争力のある調達を行うための施策とサプライヤー評価のしくみは他業界でも十分使えるノウハウであると判断している。日産から転籍となったユニプレス(株)では監査室長として内部統制のしくみを構築、また総務部長として全社リスクマネジメントシステムを構築し、企業コンプライアンスの基礎を築きあげた。従来の経験を基にした物流リスクマネジメントの領域では第一人者であると自負している。

  • 1982年 慶應義塾大学経済学部卒業、同年日産自動車株式会社入社。物流業界としては初の物流工程作業表、物流標準時間を導入・構築。
  • 2001年 ルノー・日産共同購買会社出向。日米欧で共通購買業務ルールを構築。物流購買の目玉として「ミルクラン」調達物流改革を実施。
  • 2005年 東風日産乗用車公司(中国広州市)出向。物流会社指導を行い、改善手法の伝授と大幅な業務効率化を実現。
  • 2008年 ユニプレス株式会社出向。物流改善活動,関連企業の物流改善指導実施。
  • 2013年 Kein物流改善研究所設立。物流・生産管理等の経験を活かし、真のサプライチェーン構築を支援するために活動を開始。

3.主な実績

  • 中国物流会社の倉庫作業&レイアウト改善支援
  • 樹脂プレス部品会社の物流品質改善支援
  • 物流倉庫への物流標準時間導入支援
  • 総合物流会社の輸送コスト、保管コスト改善支援
  • 自動車部品卸会社へのサプライチェーン改善指導

他多数あり

4.主な研修テーマ

  • 「本気で取り組む調達物流~儲ける調達物流にはこうして取り組め~」
  • 「工場の効率を劇的に向上する!~構内物流の果たすべき役割はこれだ!~」
  • 「知らなきゃ損する!製造会社の物流戦略~高品質を支える物流の役割」
  • 「稼ぎの源泉は現場力!物流技能向上施策を導入せよ!」
  • 「物流2日間改善の進め方」
  • 「JITの7つのムダに基づく物流のムダの見つけ方」
  • 「簡単なIE分析手法を使った物流改善の進め方」
  • 「元荷主企業物流責任者が語る「荷主との交渉を有利に進めるための7箇条」
  • 「知らなきゃ損する!製造会社の物流戦略~高品質を支える物流の役割」
  • 「物流BCP策定とその事例研究」

他多数あり

5.主な著書

  • プレス技術2017年3月号連載記事『暗黒大陸の物流改善大作戦~プレス工場を大変身させる秘密の裏ワザ~第18回 調達物流改善の取組み(中)』
  • 工場管理2017年1月号連載記事『工場全体を効率化できる物流のトリセツ 第5回  誤解だらけの物流アウトソース』
  • 月刊ロジスティクスIT「これを読めばわかる!優秀な物流マンはこうして育てろ」
  • 流通ネットワーキング連載「製造業のための本気で取り組む物流改善」
  • 月刊工場管理連載「海外工場支援者のための『物流指導7つ道具』」
  • 月刊 Logistics Trend 連載 「製造SCM進化論」

他多数連載あり

6.カイゼンベース運営事務局のコメント

仙石先生の第一印象は、とても“紳士的で誠実な方”でした。
たまたまインタビュー当日は、物流分野のプロフェッショナルとして、あるメディアからもインタビューを受けてきた後だったそうです。非常にご多忙の中ご対応頂いた今回のインタビューでしたが、様々なインタビュー項目にも、とてもご丁寧に回答してくださいました。約1時間程の対談の中だけでも、お客様から支持される理由を垣間見ることができました。
経歴や実績はさることながら、物流業界の中でも一目をおかれている仙石先生。物流改革を検討している企業担当者様は、是非一度お話しをお聞きすることをお薦めします!

7.Kein物流改善研究所 仙石先生へのお問い合わせ

会社名/組織名(必須)

お名前(必須)

電話番号(任意)

FAX番号(任意)

メールアドレス(必須)

郵便番号(任意)

住所(任意)

題名(任意)

お問い合わせ内容(必須)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP