SEARCH

「ヒューマンエラー」の検索結果47件

  • 2018年4月12日
  • 2019年5月12日

ストループ効果とは【カイゼン用語】

ストループ効果とは、文字の意味と文字色のように、同時に目にするふたつの情報が干渉しあう現象のことです。ストループ効果等、現場作業を阻害する要因を取り除いていくことで、ヒューマンエラーは低減していきます。あなたの職場でも、このような情報の干渉が自職場では存在していないか、一度チェックしてみましょう。

  • 2018年4月11日
  • 2019年5月12日

ヒューリスティックとは【カイゼン用語】

ヒューリスティックとは、物事をざっくりと直感的につかむ人間の基本特性のことです。ヒューリスティックな判断によるヒューマンエラーを防ぐために、「必要な情報は確実に出すこと」「そして、必要以上の情報を出さないこと」「更に、判断に必要な時間を確実に取れる作業の設計をすること」等が必要となります。

  • 2018年2月12日
  • 2019年5月12日

認知的葛藤とは【カイゼン用語】

認知的葛藤とは、表示と実際の動作の向きが異なり、頭の中の情報処理が錯綜し葛藤が生じてしまうことを言います。色のイメージと指示内容を同じにする、人の動作と機械の動作を同じ方向にする等の、自然な情報処理が出来るようにすることが大切です。

  • 2018年2月8日
  • 2019年5月12日

4Mとは【カイゼン用語】

4Mとは、物事を人(Man)の原因、機械(Machine)の原因、材料(Material)の原因、方法(Method)の4つの視点で考える方法です。この4M視点を使い、問題の原因を整理することで、偏りや抜けのない分析ができます。

  • 2018年1月23日
  • 2019年9月30日

m-001:真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方【講座ナビ】

なぜなぜ分析は、日々の業務、改善活動では欠かせない問題解決の技術です。「真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方」では、なぜなぜ分析の考え方と進め方、分析のコツ等、日々の業務における問題解決力を上げていくための基礎知識を学習出来ます。

  • 2018年1月22日
  • 2019年9月30日

なぜなぜ分析とは【なぜなぜ分析の進め方:第1章】

なぜなぜ分析とは【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方:第1章】の学習ページです。なぜなぜ分析は、日々の業務、改善活動では欠かせない問題解決の技術です。第1章では、なぜなぜ分析とはなにか、なぜなぜ分析の狙い等について解説しています。

  • 2018年1月22日
  • 2019年9月30日

なぜなぜ分析実施の前に【なぜなぜ分析の進め方:第2章】

なぜなぜ分析実施の前に【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方:第2章】の学習ページです。なぜなぜ分析は、日々の業務、改善活動では欠かせない問題解決の技術です。なぜなぜ分析を実施する前に、前提事項として知っておきたい考え方や姿勢について解説しています。

  • 2018年1月22日
  • 2019年9月30日

問題解決と“なぜなぜ分析”【なぜなぜ分析の進め方:第3章】

問題解決と“なぜなぜ分析”【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方:第3章】の学習ページです。第3章では、問題解決ストーリーとなぜなぜ分析の関係や、なぜなぜ分析の2つのアプローチ、あるべき姿からのアプローチと原理原則からのアプローチ等について解説しています。

  • 2018年1月22日
  • 2019年9月30日

なぜなぜ分析の7つのポイント(前編)【なぜなぜ分析の進め方:第4章】

なぜなぜ分析の7つのポイント(前編)【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方:第4章】の学習ページです。第4章前編では、なぜなぜ分析を行なう際に知っておくべき、重要な7つのポイントのうち4つめまでを解説しています。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG