カイゼン用語集
予言の自己実現とは、予言をした者(もしくは予言を受け入れた者)が、その予言を信じて、「それに沿った行動をする」ことで、実際にその予言が実現してしまうことを言います。「夢は手帳に書けば叶う!」「人に語れば夢は叶う!」という謳い文句は、予言の自己実現という考え方からきたものです。

予言の自己実現とはスライド1

1970年代にアルバート・キング教授が行なったある実験は、この予言の自己実現を見事に再現しており、大変興味深いことを我々に教えてくれています。

キング教授は、ある会社が所有している四つの工場に、次のような目的と指示を落とし込みました。
工場A:生産性向上を目的に、多能工化の実験をすると指示
工場B:欠勤の減少を目的に、多能工化の実験をすると指示
工場C:生産性向上を目的に、切替時間短縮の実験をすると指示
工場D:欠勤の減少を目的に、切替時間短縮の実験をすると指示

予言の自己実現とは-スライド2

すると、12ヶ月後、これらの4つの工場における生産性と欠勤の状況を調査したところ、どのような変化が起きたと思いますか?

生産性向上が目的といわれた工場A,Cは、生産性が6%増加しました。
欠勤の減少が目的といわれた工場B,Dは、欠勤が12%減少しました。

つまり、多能工化に取り組んだのか、切替時間短縮に取り組んだかは無関係だったのです。

予言の自己実現とは-スライド3

この結果から、何に取り組んでも同じだとは言いませんが、「何を目的として伝えるか」によって行動は意識的・無意識的に変化することが学べます。ネガティブに失敗することばかり話をしていると、本当に失敗をしてしまいます。逆に、ポジティブなことを話していると、成功する可能性が高まるのです。

チームや部下に対しては、是非このことを踏まえた「意識付け」を行なうとよいでしょう。

予言の自己実現とは-スライド4

 カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る 

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG