カイゼンベース

withコロナ時代の人材教育

世の中どうなってる?withコロナ時代の人材教育

(本記事は、2020年7月13日に掲載されたものです。)

新型コロナウイルス(COVID-19)は、様々な業界に大打撃を与えています。かく言う我々人材教育業界、コンサルティング業界でもかなりの打撃を受け、廃業を選択した方も多いと耳にしています。

特に、対面型の研修は、ほぼ全てが中止または延期になっており、ここ数週間で経済が回り始めたことで研修再開の動きがあったものの、最近の感染者の増加に伴い、またしても延期が続出している状況が続いています。野球に例えると、今現在、新型コロナウイルスが2回表の攻撃を仕掛けている最中と言う感染症専門家の意見もあり、まだまだ先の長い戦いになりそうです。言い方を変えると、研修講師を職としている人は、非常に苦しい期間が続くということになります。

一方、このように色々なことが止まってしまっている環境下でも、企業の人材教育における方向性は少しずつ見えてきています。今回は、人材教育の現場において現在起こっている次の3つのことについて考察してみたいと思います。

① 社内研修の大胆な改廃
② 対面教育時間の削減
③ 教育の内製化

① 社内研修の大胆な改廃

まずは社内研修の大胆な改廃が起きています。

これはもうこの言葉の通りですが、必要性が合理的に説明できないものに関しては例外なく改廃が進められています。研修はそもそも「不要ではないけど不急」と判断される傾向にあるものなので(残念ではありますが…)、当然と言えば当然です。

ただし、よくよく考えてみると、これまで「何となく行っていた」研修は、これを機に大胆に整理されていることになります。むしろ悪いことではないのです。「本当に何が必要なのか」「この環境下でも絶対に行うべきものは何なのか」、これを考える契機になったという事実は、決してマイナスだけとは言えないのではないでしょうか。

まとめ
・「何となく行っていた」研修は、これを機に大胆に整理されている
・新型コロナウイルスは、何が必要かを考える契機になっている

② 対面教育時間の削減

2つ目は、対面での教育時間の削減です。

感染リスク低減と学習時間の柔軟性向上の観点から、具体的には座学(知識学習)部分のeラーニング化が進んでいます。実際に、弊社のeラーニングもこの数カ月でそれまでの1.5倍の企業様にご活用頂くことになりました(ご活用頂いている皆様に心より感謝申し上げます)。それだけeラーニングの活用が進んできているということだと感じています。

なお、Zoom等を使ったWEB研修は、全国各地から様々な受講者が集まるオープン型セミナー等では有効なものの、企業内研修ではあまり積極的には行われていないようです。理由としては、
・結局集合しなければいけないので時間制約が生じてしまうこと
・受講者が異なる場所でパソコンからアクセスを行わなければならないので、パソコンの準備などの都合が付かないこと
等が挙げられます。今まで行ってきた研修をWEBにしただけのやり方は、普及しない可能性が高いと考えられます。

ちなみに、当然ながら人材教育では、座学(知識学習)だけでは片手落ちです。グループワークや、グループディスカッション等と合わせて行っていくことで、より理解度を向上させることができます。この部分は引き続き社外講師が行っているケースが多くなっています。理由としては、
・どのようなワークを行うのか?
・グループディスカッションはどう盛り上げるのか?
等を上手く進められる社内の人材が育っていないことが挙げられます。ワークショップを効果的に回していくためには、講師となる人材が知識を保有していることはもちろんのこと、ファシリテーション力、コーチング力など、場の空気を読みながら適切な問いかけをしたり、呼び水を指して議論を促すようなスキルが必要不可欠なのです。このスキルは訓練されていないとなかなか実践することが難しいものとなります。

まとめると、例えば今まで座学研修とワーク型研修を半日掛けて行っていた場合、
・そのうちの座学(知識学習)部分を全てeラーニングで置き換える(完全に非対面型へ移行)
・ワーク型、グループディスカッション型の研修のみを短時間(2時間程度)で実施する
というパターンが多くなっています。対面で行っていた部分で、置き換えられるものは非対面に置き換える、置き換えられないもののみ時間を短縮し、集合して行うということです。

このようなeラーニング等の活用による対面・集合時間の短縮は、感染対策はもちろんのこと、講師の拘束時間を短縮できコスト削減にも繋がり合理的です。実はこのやり方は、新型コロナウイルスが発生する前から存在していたもので「反転学習」と言います。もともと欧米では、eラーニングを活用した反転学習が広く普及していますが、新型コロナウイルス(COVID-19)を契機に、日本でもいよいよ普及が進んでいる印象です。

最近では、「なぜこれまで全てを集合研修にこだわって行ってきたのかが逆に不思議だ」「もう集合研修を今更行おうという気持ちになれない」等のコメントも耳にするようになりました。全てのものを、全員が同じ時間、同じ場所に集まって一斉に学ぶ、という従来の日本式スタイルが時代に合わなくなってきているのです。

まとめ
・座学(知識学習)部分を全てeラーニングで置き換わっている
・これまでの研修をただWEBで行うだけのやり方は普及しない可能性が高い
・ワーク型、グループディスカッション型の研修は時間短縮して実施されている
・反転学習が普及し始めている

③ 教育の内製化

さて、最後の1つは「教育の内製化」です。

教育の内製化については、中長期的な視点から進めている企業が増えています。内製化は、外部へ支払うコストを中長期的に減らすことが大きな目的となります。ただし、それだけではなく、「個々の理解度に合わせて学習と実践をサポートする形」へ変化していることも内製化の必要性が高まっている要因です。これまでは集合型研修で座学やワークを行ってきたものの、知識を学ぶだけでは意味がない(それだけでは実践できる人材が育たない)と感じている企業が増えているのです。

教育の内製化のためには、教育体系づくりが欠かせません。
誰に何を教育するのか、どうやって理解度を評価するのか、どうやって実践力の水準を評価するのか、誰が指導して評価するのか、この体系をつくり、優先順位をつけて実行していきます。製造業における人材教育体系の作り方に関しては、下記のリンクで解説していますので、ご興味のある方はご一読ください。

関連記事

はじめに「将来のために教育に力を入れたいのだが、何から始めてよいのかわからない」「教育が活性化しない。教育担当者である自分が1人が頑張っているのだが限界がある」「教育に力を入れているのだが、いまいち有効に行なえている実感がな[…]

IMG

教育の内製化に関しては、「個々の理解度に合わせて学習と実践をサポート」する人の存在が大切です。これまでは、社内講師=レクチャーする人という意味合いが強く、教育資料を作ったり、テストの問題を考えたりする人と考えられてきました。しかし、その流れは今変わっています。「チューター」という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。チューターとは、まさに「個々の理解度に合わせて学習と実践をサポート」する人です。

チューターは、知識学習に関しては、eラーニング等のWEBツールを活用することであまり時間を掛けないようにします。一方で、個々人の理解をサポートし、知識を使った実践を進める上での考え方・切り口・アイディア等をサポートにはしっかりと時間を使っていくのです。ただの研修講師ではなく、チューターのような存在を重視していくことで、「知識はあるけど実践できない」頭でっかちな人材ではなく、「実践で成果を出せる」人材を育てることに注力をしていきます。そして、そういった人材が育つことこそが、講師依存、コンサルタント依存の体制から脱却していくことにも繋がるのです。

まとめると、教育の内製化においては、「人材教育体系の構築」と「チューター等、学習と実践をサポートする人の育成」が少しずつ進んでいるということです。

まとめ
・個々の理解度に合わせて学習と実践をサポートする形が重要になっている
・内製化のためには、人材教育体系づくりが必要である
・講師は「レクチャーする人」ではなく、チューターのような「サポートする人」へ変わってきている
・実践で成果を出せる人材を育てることが求められている

最後に

これから新型コロナウイルス(COVID-19)がどうなるのか、経済がどうなるのか、それは誰にも分かりません。

しかし、こと教育環境に関しては、全員が集合して一斉に教育を受けるという従来の日本式のやり方からの脱却が間違いなく進んでいます。講師・専門家の間では、「WEBでは真剣に学べない、緊張感が不足してしまう」等の意見も多々出ています。ただし、それでもWEB化は間違いなく進みます。変化を否定しては未来がありません。「同じ内容を一度に全員に」というやり方は間違いなく淘汰されていきます。

IT・WEBをいかに使いこなせたかが大きな差を生む、そんな時代にいよいよ突入しました。その時代はまだ始まったばかり。ただし、きっとものすごいスピードで進んでいきます。その環境変化に対応するために、今できることは何なのか、その課題にしっかりと向き合えた企業だけがきっと、数年後に優秀な人材が育ち、会社を大きく成長させるエンジンになっているはずです。

人材教育の内製化を進める際には我々にご相談ください!

今後カイゼンベースでも、教育の内製化支援に力を入れていきます。 大手から中小企業まで多数の実績がある製造業向け教材をベースに、
・その会社にあったオリジナル教材の制作、提供
・眠っている古い教材のリニューアルやeラーニング化
・ワークショップ設計
・社内講師の育成 ・手順書の動画化
・企業内動画チャンネルの構築
等々、様々な「内製化」のお手伝いをしていきます。

何から始めたら良いか分からない、そんな時にも是非弊社にお声掛けください!
製造業向けの教育に特化し、製造業向けNO.1のコンテンツを保有している我々だからこそできる支援を行います。

カイゼンベースのeラーニングサービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG