指標管理の基礎と運用のポイント

設備稼働率とは(前編)【指標管理のポイント:第3章】

会社においては、指標は非常に重要な役割を果たします。機械の効率に関わる指標である、設備稼働率について、設備の効率を阻害する7大ロスや稼働率指標の考え方を解説しています。

第3章:設備稼動率とは(前編)

◆カイゼン講座:指標管理の基礎と運用のポイント◆

結果は出るものではなく、プロセスを管理して進めていくことで、“つくる”ものです。
本講座では、指標管理の目的や位置付け、人時生産性、設備稼働率、見える化のポイント、指標の運用とプロセス管理について解説をしていきます。

第1章:指標管理の目的と位置付け
第2章:人時生産性とは(前編)
第2章:人時生産性とは(後編) ※無料一般会員限定
第3章:設備稼働率とは(前編) ⇒ このページはココ
第3章:設備稼働率とは(後編) ※無料一般会員限定
第4章:見える化のポイント
第5章:指標の運用とプロセス管理 ※法人会員限定

第3章:設備稼働率とは 目次

  1. 設備の効率を阻害する7大ロスとは
  2. 設備稼働率の考え方
  3. 日々の設備稼動率の運用
  4. ケーススタディ
  5. 練習問題(計算練習)
  6. 第3章まとめ

動画講義

はじめに

第3章:設備稼動率とは(前編)-スライド3

第2章では、人の効率の管理指標である、人時生産性について説明をしました。

第3章は、機械の効率に関わる指標である、設備稼働率について学んでいきましょう。

目次第3章:設備稼動率とは(前編)-スライド4

第3章前編では、下記の順番で学習を行ないます。

1.設備の効率を阻害する7大ロスとは
2.設備稼働率の考え方
3.日々の設備稼動率の運用

1.設備の効率を阻害する7大ロスとは

3つのロス第3章:設備稼動率とは(前編)-スライド6

まずは、「設備の効率を阻害する7大ロス」について確認していきましょう。

設備の稼働に関する時間とロスの関係をイメージ図で確認します。

まず第一に工場は、操業時間が決まっています。

この操業時間の中には、実際に設備に電源を入れて負荷を掛けている「負荷時間」があります。
一方、生産量が少ない場合は、無理に設備を動かす必要はないため、計画停止を入れることも出てきます。

そして、負荷時間の内訳を見ると、実際に設備が稼働していた「稼働時間」と、
設備が停止していた「停止ロス時間」に分けられます。

更に、稼働時間の内訳も見てみると、設備本来の性能を発揮できていた「正味稼働時間」と、
性能が落ちてしまっていた「性能ロス時間」に分けられます。

正味稼働時間も更に細分化すると、しっかりと良品を造っていた「価値稼働時間」と、
不良を造ってしまっていた「不良ロス時間」に分けることが出来ます。

このように、負荷時間の中には、大きく3つのロスがあり、これらが設備の効率を低下させてしまい、経過時間あたりの良品出来高を下げてしまうのです。

停止ロス第3章:設備稼動率とは(前編)-スライド7

では、それぞれのロスの詳細を確認してみます。

停止ロスには、大きく次の4つが挙げられます。
故障ロス、切替え調整ロス、治具交換ロス、立上りロスです。

その他にも、清掃点検、指示待ち、材料待ち、配員待ち、品質確認待ち、測定調整等があります。

品種切り替え、段取り替え、ドカ停、昇温待ち等がこれらの4つの停止ロスに当てはまりますね!

性能ロス・不良ロス第3章:設備稼動率とは(前編)-スライド8

性能ロスに関しては、チョコ停空転ロス、速度低下ロスが挙げられます。
チョコ停とは、数秒・数分程度の小さなトラブルが多発することを指します。
速度低下ロスは、機械の劣化によるスピード低下などが当てはまりますね!

不良ロスに関しては、不良手直しロスが挙げられます。
不良だけではなく、手直しをすることにより生じたロス時間もここに含まれます。

いま挙げた7個のロスが、設備の7大ロスと呼ばれるものになります。
実務においても、この7つに関しては日報集計が必要となりますので、確実に覚えておくようにしましょう。

ページ:

1

2
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第1章:指標管理の目的と位置付け 指標管理の目的と位置付け【指標管理のポイント:第1章】
  2. 第3章:設備稼動率とは(後編) 設備稼働率とは(後編)【指標管理のポイント:第3章】
  3. 第1章:指標管理の目的と位置付け 指標管理の基礎と運用のポイント【講座ナビ】
  4. 第4章:見える化のポイント 見える化のポイント【指標管理のポイント:第4章】
  5. 第2章:人時生産性とは(後編) 人時生産性とは(後編)【指標管理のポイント:第2章】
  6. 第2章:人時生産性とは(前編) 人時生産性とは(前編)【指標管理のポイント:第2章】
  7. 第5章:指標の運用とプロセス管理 指標の運用とプロセス管理【指標管理のポイント:第5章】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP