トヨタ生産方式(TPS)基礎講座~初級編~

ニンベンの付いた自働化とは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第3章】

法人会員プランバナー

ニンベンの付いた自働化とは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第3章】」の学習ページです。
このページでは、トヨタ生産方式の2本柱である「自働化」について、その目的、なぜ止めることが重要なのか、ひもスイッチ、ポカヨケの事例等を含め解説しています。

第3章:ニンベンの付いた自働化とは

◆カイゼン講座:トヨタ生産方式基礎講座 初級編◆

トヨタ生産方式は、今や生産活動の基本中の基本と言ってよい存在です。

本講座では、トヨタ生産方式の2本柱である「ジャストインタイム」や「自働化」をはじめ、平準化、7つのムダ等の基本を学習することができます。

中級編はこちらから

第1章:トヨタ生産方式とは(基本思想と2本柱)
第2章:ジャストインタイム生産とは
第3章:ニンベンの付いた自働化とは ⇒ このページはココ
第4章:ジャストインタイムと自働化の関係 ※無料一般会員限定
第5章:かんばんの基本について
第6章:平準化について(前編)
第6章:平準化について(後編) ※無料一般会員限定
第7章:7つのムダとは

カイゼンベース(イラスト)

動画講義

1.自働化とは

トヨタ生産方式の2本柱第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド5

まずは、「自働化とは」何か確認しましょう。

おさらいになりますが、トヨタ生産方式の基本は、徹底的なムダ排除による原価低減です。

この基本思想を貫くトヨタ生産方式の2本柱は次の2つです。

1つは、ジャストインタイムで、必要なモノを、必要な時に、必要な分だけつくること、供給することです。
もう1つは、自働化で、異常、問題があればその場で止まる、判ることです。

本講義では、2本目の柱である、自働化を対象に学んでいきます。

2つの「ジドウカ」違いは?第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド6

ここで、2つの「ジドウカ」について確認します。

1つ目は、「自動化」 。これは、人の作業を機械に置き換える事を指しています。

2つ目は、ニンベンの付いた「自働化」 。この自働化は、人の働きを機械に置き換える事を指しています。

では、ニンベンの付いた自働化の目的について確認していきましょう。

どんな人の働きを機械に置き換える?第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド7

ニンベンの付いた自働化では、どんな人の働きを機械に置き換えるのでしょうか。
3つあります。それは、

  • 機械の異常を判断して、設備を止めること
  • 品質の異常を即座に見つけて、設備を止めること
  • ライン・工程の異常を判断して、止めること

このように、異常が出たら止まる機構を機械が持つことで、作業者や、管理監督者の時間を、付加価値の高い、他の仕事へ振り向けることが出来るようになります。
機械を止めること自体が目的ではなく、あくまで人に付加価値の高い仕事をさせ、原価低減に繋げることが狙いなのです。

自働化による2つの狙い第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド8

そして、自働化において人の働きを機械に置き換えることにより、具体的には次の2つのことを狙っていきます。

1つ目は、省人化です。省人化においては、自働化により、人を機械の番人にしないことがポイントです。

2つ目は、品質・設備・ラインのつくり込みです。つくり込みにより、問題点を見える化し、自工程完結を進め、人材育成へ繋げていくことがポイントです。

2.自働化による省人化

異常で止まらないと・・・第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド10

では次に、「自働化による省人化」について、詳しく確認していきましょう。

機械が異常で止まらない場合、作業者がその場にいないと、次のようなことが起こります。

そう、このような機械では、不良が発生し始めたら、ずっと不良を造り続けてしまい、大きな損失が発生するのです。

そのような状態になると、「不良による損失を出さないように、常時監視しておかなければ」、という発想に至ります。

こうして、人が機械の番人になるのです。

異常が出たら止める機構が必要第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド11

以上の様に、例えば、人の手で行なっている作業を、

自動で動く機械に置き換えた場合、この機械が、「異常が出たら止める機構」を持っていないと、作業者は、異常が発生していないかを、「常時監視」しなければいけません。

これでは、せっかく機械を入れても、コストが下がりません。
ただ、「作業が楽になった」 というレベルにしかならないのです。
このような、ニンベンの付かない自動化ではいけません。

多台持ちが出来る自働化第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド12

例え、いくら機械を沢山導入したとしても、1人1台で監視をしなければいけないのであれば、結局省人化できず、原価低減に繋がりません。

目指すべきは、このように、異常時に機械が自動的に停止する機構を組み込み、多台持ちが出来る、ニンベンの付いた自働化です。

異常時に、しっかりと停止してくれるからこそ、安心して1人で何台も面倒をみることができたり、他の付加価値の高い仕事を行なうことができるのです。

3.自働化によるつくり込み

機械停止は生産ロスの増加、しかし・・・第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド14

では続いて、「自働化によるつくり込み」について、確認していきましょう。

一般的に、ライン停止や機械停止は、生産ロスの増加に繋がります。

そして、もし停止が発生した時には、「何で止まったんだ、何で止めたんだ」、という強い指摘を受けることも多々あります。

すると、
「何かあっても機械は止まらないようにしておこう。」
「止まってもすぐに起動させよう。」
という発想になりがちです。

しかし、問題の真因が掴めないまま生産を続けても、また同じロスが発生し、ムダが再発してしまいます。
後工程(顧客)に迷惑をかけることにもなります。最悪の場合、会社の信用を失うことにもなりかねません。

機械を止めて、つくり込む!第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド15

そうならないように、機械を止めることは非常に重要です。
しっかりと止めて、再発防止策を実行することで、次のことが期待できます。

  • 異常時の不良発生数が減少する。
  • 同じ問題が繰り返されなくなる。
  • 問題点が見える化され、埋没しない。
  • 自工程完結という考え方により、「品質は工程内でつくり込む」という意識が向上する。
  • 不良の再発防止策を考えることができ、その習慣により人材が成長する。

改善のグッドサイクルを回し続ける第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド16

異常を検知し、標準外の状態を知り、機械やラインが止まる、あるいは止める。
そして、管理監督者が真因を見つけ、取り除き、それを標準に組み込む。

という、改善のグッドサイクルを回し続けることが非常に大切です。
このグッドサイクルが、良い品質、良いライン、良い機械をつくるのです。

4.自働化の事例

刃具折れ検知第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド18

では続いて、「自働化の事例」を確認していきましょう。

自働化の事例として有名なのが、無人運転ラインの機械における、刃具折れ異常の検知です。

これは、加工の毎サイクル毎に、機械が自動で刃具を確認し、もし刃具が折れている等の異常があったら、機械を停止させるものです。

ひもスイッチ第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド19

こちらも自働化の例としてとても有名な、ひもスイッチによる、自動車の組立ラインにおける異常の検知です。

自動車の組立ラインでは、「ひもスイッチ」を引いて定位置でラインを止めます。
機械や治工具の異常時だけでなく、作業遅れが発生した時も自ら止めるためのものです。
ひもスイッチが引かれることで、管理監督者は、ラインで異常が起きていることを知ることができ、スピーディーな対応ができるようになります。

なお、異常が出たら止めるという考え方は、機械だけでなく、このような手作業工程にも適用されることを覚えておきましょう。

ポカヨケの事例①第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド20

次に自働化の一例である、ポカヨケです。

ポカヨケとは、人が作業を間違ってしまった時にも、物理的にそれが気付けるような機構をラインや設備、品物に組み込むことをいいます。
例えばこの図のように、上下形状の違う部品の誤取付の防止にポカヨケを使います。

異常時は、部品が治具に入らないようにすることで、間違いに気付くことができる仕組みです。

ポカヨケの事例②第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド21

ポカヨケの事例としては、このように、品物の部品形状を左右非対称形状にするものもあります。

組付ける部品を左右非対称にし、逆に組み付けようとしても、組み付け自体が出来ないような仕組みです。
この他にも、沢山の自働化の例が存在します。
「異常時に一目で分かる仕組み」をキーワードに、自職場でも色々な自働化を検討してみましょう。

5.第3章まとめ

第3章:ニンベンの付いた自働化とは-スライド23

第1問、自動化とニンベンの付いた自働化の違いは何でしょうか。

⇒ニンベンの付かない自動化は、ただ人の作業を機械に置き換える事を指します。
一方、ニンベンの付いた自働化は、機械に異常が出たら止める機構を組み込むことを指します。

第2問、機械を止めることの目的は何でしょうか。

⇒異常が出たら機械を止めることで、問題の見える化、自工程完結への意識向上、人材育成へ繋げることが目的です。
異常を表に出し、再発防止をすることを繰り返すことで、良い品質、良いライン、良い機械ができるのです。


以上で、「トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第3章 ニンベンの付いた自働化とは」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

カイゼンベースPlusの紹介ページへ

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第2章:ジャストインタイム生産とは ジャストインタイム生産とは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第2…
  2. 第7章:7つのムダとは 7つのムダとは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第7章】
  3. 第2章:ジャストインタイム生産とは トヨタ生産方式基礎講座~初級編~【講座ナビ】
  4. 第5章:かんばんの基本について かんばんの基本について【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第5章】…
  5. 第6章:平準化について(前編) 平準化について(前編)【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第6章】…
  6. 第4章:ジャストインタイムと自働化の関係 ジャストインタイムと自働化の関係【トヨタ生産方式基礎講座 初級編…
  7. 第1章:トヨタ生産方式とは(基本思想と2本柱) トヨタ生産方式とは(基本思想と2本柱)【トヨタ生産方式基礎講座 …
  8. 第6章:平準化について(後編) 平準化について(後編)【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第6章】…

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

法人向けサービス:カイゼンベースPlus

PAGE TOP