トヨタ生産方式(TPS)基礎講座~中級編~

目で見る管理とアンドン【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第8章】

法人会員プランバナー

目で見る管理とアンドン【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第8章】」の学習ページです。
現場運営における異常管理、目で見る管理のツールの1つにアンドンがあります。このページでは、アンドンの種類と機能、活用目的、アンドン活用の目指す姿について解説をしています。

第8章:目で見る管理とアンドン

◆カイゼン講座:トヨタ生産方式基礎講座 中級編◆

トヨタ生産方式は、今や生産活動の基本中の基本と言ってよい存在です。

本講座では、標準作業や、稼働率と可動率の違い、後工程引取り生産の成立条件等を学習することが出来ます。

初級編はこちらから

第1章:標準作業とは
第2章:人の「働き」と「動き」の違い
第3章:見かけの能率向上と真の能率向上
第4章:省力化から省人化 そして少人化へ
第5章:稼働率と可動率の違い
第6章:過剰在庫が生む新たなムダ ※無料一般会員限定
第7章:後工程引取り生産の成立条件とは ※無料一般会員限定
第8章:目で見る管理とアンドン ⇒ このページはココ

カイゼンベース(イラスト)

動画講義

1.異常管理とアンドン

見える化とは第8章:目で見る管理とアンドン-スライド5

まず、見える化についておさらいをします。

見える化とは、問題意識・気付きを与え、改善意識を促し、問題解決の行動に繋げることを目的としています。

問題意識・気付きは、必要な情報を現場でリアルタイムに見えるようにすることで生まれます。

改善意識は、異常や問題にすぐに気付き、それと共に職場内で情報を共有化することで促されます。

そして、行動として、迅速に問題を解決し、再発防止策を打てるような仕組みをつくることに繋がります。

ただ見えるようにするだけでなく、問題解決や再発防止、仕組み化等がキーワードです。

情報のジャストインタイム第8章:目で見る管理とアンドン-スライド6

見える化のポイントの1つ目は、情報のジャストインタイムです。

情報のジャストインタイムとは、

  • 必要な情報だけを
  • 必要な人、必要な場所に
  • 必要なタイミングで提供しよう

という考え方です。

情報をジャストインタイムに提供し、興味を持って確実に見てもらえるようにすることが非常に大切です。

活きた情報を!第8章:目で見る管理とアンドン-スライド7

ジャストインタイムが満足出来ていない情報は、単なる数字・文字の羅列にすぎません。

活きた情報を出せているかを常に意識して、見える化を推進する必要があります。

目で見る管理第8章:目で見る管理とアンドン-スライド8

そして、現場運営においては、異常管理(目で見る管理)が重要となります。

異常管理の流れはこの図の通りです。

まずは、何が正常で、何が異常か決め、標準化します。
そして、標準から外れた時には、それを、異常として見える化します。
異常に関しては、全員参加の改善活動により対策を検討し、再発防止策を標準化する、という流れです。

ここで、異常を見える化する手段としては、人の動きに対しては、標準3票を、モノの状態・流れに対しては、5Sやかんばんを、ライン・設備の状態に対しては、アンドンを活用します。

異常の見える化によって、担当者は即座に異常処置を行ない、管理監督者は真因を特定し再発防止をすることが可能になるのです。

アンドンとは第8章:目で見る管理とアンドン-スライド9

では、ライン・設備の状態を見える化する手段であるアンドンの定義です。

アンドンは、必要な情報を、必要な人に、タイミングよく知らせるための、目で見る管理のツールです。

必要な情報というのは、異常発生時の他に、品質チェック指示、刃具交換時期、運搬指示等の情報のことです。

必要な人にというのは、管理監督者、ミズスマシ、段取り者、工場長等となります。

タイミングよく知らせるというのは、「異常発生時すぐに」、「処置や対応が必要な時に」、「運搬が必要な時に」 等のように、遅すぎず早すぎず、タイミングよく、ということを指します。

2.アンドンの種類と機能

アンドンの種類第8章:目で見る管理とアンドン-スライド11

アンドンの種類として主なものを挙げると、個別アンドン、総合アンドン、運搬アンドンが上げられます。

個別アンドンは、各ライン・各設備の状態を表示するもので、運転状態、異常状態、修理中等を表示するアンドンです。

総合アンドンは、個別アンドンが離れている場合に、各個別アンドン上の、正常、ライン停止、異常のみをまとめて表示するためのアンドンです。

運搬アンドンは、粗材、完成品、部品等の運搬指示のための専用アンドンです。

この他にも、生産指示アンドン、情報表示板等もありますが、それぞれのアンドンの特徴を理解し、状況によって使い分けていきましょう。

アンドンの見方第8章:目で見る管理とアンドン-スライド12

ではここで、基本的なアンドンの表示の見方について確認しましょう。

まず、「機械が異常等で停止している時」は、赤が点灯か点滅します。
担当者は赤の表示により機械停止状態を知り、機械を点検します。
復旧作業を行うと共に、職制は原因を徹底的に調査し、再発防止を行なうことになります。

「工具(刃物)交換や品質確認が必要な時」は、黄色が点灯します。
自動的に「黄」が点灯して機械が停止するので、担当者は、新しい工具との交換や品質確認を行ないます。
作業完了後は、機械を再起動します。

「工具交換や品質確認を実施している時」は、白が点灯します。
担当者が機械操作し「白」を点灯させ、関係者はその点灯で、その機械が何らかの作業中であることを知ることができます。

アンドンの構成例第8章:目で見る管理とアンドン-スライド13

こちらの図は、個別アンドンに運搬情報を追加した場合の、アンドン構成例です。

まず、設備に異常が発生した時は、赤を点滅させます。

処置者が到着し、処置している時は点灯に変えます。

また、品質チェック・刃具交換が必要な時には、黄色を点灯させます。
この時、対応が遅れてしまい、設備が停止したら、赤も同時に点灯させます。

そして、運搬指示情報は、ピンク色で点灯させます。もちろん、ピンクでなくても構いません。
運搬の場合も対応遅れにより設備が停止したら、赤も同時に点灯させます。

なお、処置・対応中であることが、他の場所からでも分かるように、白色を点灯させます。

この構成例は、あくまで一例です。
社内でのルールをしっかりと作り、構築することが大切であり、ルールさえしっかりとあれば、色々な工夫を入れ込んでOKです。

ただし、職場によって表示が違う場合等は、迷いや勘違いにより、作業ロスにつながるため注意するようにしましょう。

アンドン機能早見表第8章:目で見る管理とアンドン-スライド14

こちらの表は、アンドンの機能早見表です。

どんな表示を、どんな目的で、誰に見せるか、何を見せるか、どう表示するかを記載しています。

アンドンを設置する際は、目を通しておくようにしましょう。

なお、ここに載っていない情報をアンドンで表示する際にも、誰に何を見せるべきなのか、目的をしっかりと明確化するようにしてください。

3.アンドン活用の目指す姿

アンドン活用のポイント第8章:目で見る管理とアンドン-スライド16

アンドン活用のポイントは2つあります。

1つは、関係者、特に管理監督者が、異常を即座に知ることができるようにすることです。
異常に即座に気付き、すぐにゲンチゲンブツで対応・対策を行なうことで強い現場に一歩近づきます。

もう1つは、見ても誰もアクションを起こさない表示は、表示自体を見直しすることです。
「あの表示はいつも点滅しているなぁ」という表示があってはいけません。
そういった無意味な表示は、アンドン自体の信頼性を低下させ、本当に必要な情報も伝わらなくなってしまうので、要注意です。

誰かが必ずアクションを取る第8章:目で見る管理とアンドン-スライド17

シツコイようですが、非常に重要なので、再度確認です。

アンドンが点灯したら、誰かが必ずアクションを取るようにしましょう。
また、アンドンの点灯を見て、誰も動かない表示は不要です。

例えば、運搬の指示だけに使いたいのであれば、その情報だけ表示させれば十分です。

よくありがちな、「必要になるかもしれないから、一応情報を表示しておこう」 は、悪だと思うようにしてください。

現場監督者は、自分の行動を見直そう!第8章:目で見る管理とアンドン-スライド18

いつも電話連絡や事後報告を受けてはじめて異常を把握し、いつも後追いで対応している。
こんな現場監督者は、自分の行動の見直しが必要です。

そんな状況を続けていては、異常把握の遅れ、判断の遅れの多発から抜け出すことはできません。
バタバタとした対応に追われ、肝心な問題の潰し込みがおろそかになってしまうからです。

こんな現場監督者を目指そう!第8章:目で見る管理とアンドン-スライド19

従って、「現場で起こっている異常をアンドンからリアルタイムに情報を得ている」、そんな現場監督者を目指していきましょう。

・現場全体の状態をリアルタイムに把握している。
・一手先を予測しながら、全体最適の判断をしている。
・問題を顕在化させ、再発防止策を常に打ち続けている。

これを継続することで、間違いなく職場力、現場監督者の管理レベルは、大幅に向上することでしょう。

ボトルネック工程への優先対応など、リアルタイムな情報を受けて正しい判断を行なうことで、モノが流れるように動き、成長し続ける職場を目指していきましょう。

4.第8章まとめ

第8章:目で見る管理とアンドン-スライド21

第1問、アンドンとは、どんな目で見る管理のツールでしょうか。

⇒アンドンは、必要な情報を、必要な人に、タイミングよく知らせるための、目で見る管理のツールです。

第2問、代表的な種類のアンドンは、何があるでしょうか。

⇒個別アンドン、総合アンドン、運搬アンドンが代表例です。その他にも、生産指示アンドン、情報表示板等があります。

第3問、アンドン活用のポイントは何でしょうか。

⇒異常を即座に知ることができ、誰もアクションを起こさない表示が無い状態になっていることがポイントです。
最後になりますが、アンドンは、情報を知ること自体が目的なのではありません。即座に情報を知り、再発防止等の改善策を打ち、生産を安定・向上させることが目的です。
是非、アンドンを有効なツールの1つとして活用していきましょう。


第8章:目で見る管理とアンドン-スライド22

大変お疲れさまでした!
以上で、「トヨタ生産方式基礎講座 中級編」の全ての講義を終わります。

いかがでしたか?
初級編に続き、中級編では、標準作業や少人化、可動率等、一歩進んだ考え方を学習しました。
いずれも実務でも大切な考え方になりますので、自信が無い所は、しっかりと復習を行ない、確実にカイゼン活動へ活かせるようにしていきましょう。

このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

カイゼンベースPlusの紹介ページへ

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第2章:人の「働き」と「動き」の違い 人の「働き」と「動き」の違い【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第…
  2. 第7章:後工程引取り生産の成立条件とは 後工程引取り生産の成功条件とは【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:…
  3. 第1章:標準作業とは 標準作業とは【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第1章】
  4. 第3章:見かけの能率向上と真の能率向上 見かけの能率向上と真の能率向上【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:…
  5. 第5章:稼働率と可動率の違い 稼働率と可動率の違い【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第5章】
  6. 第2章:人の「働き」と「動き」の違い トヨタ生産方式基礎講座~中級編~【講座ナビ】
  7. 第4章:省力化、省人化、少人化の違い 省力化、省人化、少人化の違い【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第…
  8. 第6章:過剰在庫が生む新たなムダ 過剰在庫が生む新たなムダ【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第6章…

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

法人向けサービス:カイゼンベースPlus

PAGE TOP