見かけの能率向上と真の能率向上【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第3章】

本ページは、講座「k-004:トヨタ生産方式基礎講座~中級編~ 第3章:見かけの能率向上と真の能率向上」の学習ページです。
現代は、造れば造るほど売れる時代ではありません。このような時代における、見かけの能率ではなく、真の能率向上を目指す考え方について解説しています。
カイゼンベースの無料会員登録

「見かけの能率向上と真の能率向上」動画講義

無料会員に登録すると、ココに動画が表示されます。

「トヨタ生産方式基礎講座 中級編」他の章の学習はココをクリック!
トヨタ生産方式は、今や生産活動の基本中の基本と言ってよい存在です。
本講座では、標準作業や、稼働率と可動率の違い、後工程引取り生産の成立条件等を学習することが出来ます。

第1章:標準作業とは
第2章:人の「働き」と「動き」の違い ※無料会員以上限定
第3章:見かけの能率向上と真の能率向上 ※無料会員以上限定 ⇒ このページはココ
第4章:省力化、省人化、少人化の違い
第5章:稼働率と可動率の違い
第6章:過剰在庫が生む新たなムダ ※法人会員限定
第7章:後工程引取り生産の成立条件とは ※法人会員限定
第8章:目で見る管理とアンドン ※法人会員限定

講座ナビへ戻る

「見かけの能率向上と真の能率向上」スライド講義

第3章目次

第3章では、下記の順で学習を行ないます。

1.増産時代の能率向上
2.減産時代の能率向上の考え方
3.第3章まとめ

1.増産時代の能率向上

まずは、「増産時代の能率向上」についてです。
例えば、10人で1日100個の生産が出来る生産ラインがあると仮定します。

このラインを、改善していくことにより、10人で1日120個の生産が出来るラインとなりました。

これは、能率20%アップになります。

本当に儲けに繋がるのか?

そして、生産計画(販売計画)が120個に増産する場合、人数を増やさずに生産台数がアップするので、これは儲けに繋がります。

しかし、ちょっと考えてみましょう!

生産計画(販売計画)が100個のままの場合、あるいは、80個に減産する場合、これは本当に儲けに繋がるでしょうか?

これが見かけの能率向上

イメージ図で確認してみましょう。

1日8時間、10人で100個を製造している工程において、20%短い時間で作業ができると、余力時間が生まれます。

この余力時間を増産へ活用することが出来れば、当然能率は向上します。

しかし、増産が出来なければ、ただ余力時間、つまりムダが発生するだけなのです。

これが、見かけの能率向上なのです。
会社収益に繋がらない見かけの能率向上で満足してはいけません。

必要以上に造ってはいけない

そして、減産時は、いくら沢山造れるからと言っても、必要以上に造ってしまうと1日に何十個も余ってしまいます。

必要以上に早い段階でつくってしまうと、「材料費、労務費の先食い」になります。
そして、在庫が溜まってしまう状態になると、「保管スペースの増加」「在庫管理のための人員の発生」に繋がります。

つまり、かえってコスト高になってしまうのです。

そう、これでは改善ではなく、改悪です。
これからの時代、造った分だけ売れることのほうが珍しいと思っておかなければいけません。
それどころか、少し市場環境が変化しただけで、大きな減産になることも珍しくはないのです。

2.減産時代の能率向上の考え方

それでは、「減産時代の能率向上の考え方」について確認しましょう。

少ない人数で同じ数を造れるようにする

生産必要数が同じ、あるいは減産の時、能率向上を儲けに繋げるにはどうすればよいのでしょうか?

それは、少ない人数で100個を造れるように改善を進めるのが正解です。

必要数が100個の場合、10人で120個造れるようにするのではなく、8人で100個を造れるようなアプローチで改善を行なっていかなければなりません。

もう一度、先程のイメージ図で確認してみましょう。

とにかく短い時間で造り終えようとするアプローチは、余力時間というムダの1種が生まれるだけなので、NGです。

また、必要数以上に造りすぎることは、新たなムダを生んでしまうため、NGです。

そう、やはり正しい姿は、8人で必要数を決められた時間で造らなければならないのです。

ページの続きを閲覧するには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録をしてより多くの情報をゲットしよう!

無料会員登録のメリットとは?
  • 会員限定ページの閲覧が可能となります。
  • カイゼン情報満載のメルマガが受け取れます。
  • 一部PDF資料のダウンロードが可能になります。 etc.

新規無料会員登録はこちら

ログイン

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG