平準化について(後編)【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第6章】

本ページは、講座「k-003:トヨタ生産方式基礎講座~初級編~ 第6章:平準化について(後編)」の学習ページです。
ジャストインタイム生産を行なう際には、平準化は前提条件になります。第6章後編では、ダンゴ生産と平準化生産の違い等の「種類の平準化」について確認し、ジャストインタイム生産の前提条件である平準化は何故必要なのか、解説しています。
カイゼンベースの無料会員登録

「平準化について(後編)」動画講義

法人会員になると、ココに動画が表示されます。

「トヨタ生産方式基礎講座 初級編」他の章の学習はココをクリック!
本講座では、今や生産活動の基本中の基本と言ってよい存在であるトヨタ生産方式について解説しています。トヨタ生産方式の2本柱「ジャストインタイム」「自働化」をはじめ、平準化、7つのムダ等の基本について学習していきましょう。

第1章:トヨタ生産方式とは(基本思想と2本柱)
第2章:ジャストインタイム生産とは
第3章:ニンベンの付いた自働化とは ※無料会員以上限定
第4章:ジャストインタイムと自働化の関係 ※法人会員限定
第5章:かんばんの基本について ※無料会員以上限定
第6章:平準化について(前編) ※無料会員以上限定
第6章:平準化について(後編) ※法人会員限定 ⇒ このページはココ
第7章:7つのムダとは ※無料会員以上限定

講座ナビへ戻る

「平準化について(後編)」スライド講義

第6章 後編目次

第6章後編では、下記の順で学習を行ないます。

4.種類の平準化について
5.平準化の必要性のまとめ
6.第6章後編まとめ

4.種類の平準化について

始めに、種類の平準化について説明します。

種類の平準化とは、万遍なくバラシて生産を行なうこと

種類の平準化とは、複数の品種の生産を行なう際、品種毎にまとめて流すのではなく、万遍なくバラシて生産を行なうことを言います。@

種類の平準化を行なわないと、大きく3つの問題が発生します。

1つ目は、製品在庫が増加し、お客様が欲しい時に供給できないこと。
2つ目は、前後工程の生産負荷に大きなバラツキが発生すること。
3つ目は、サプライヤーの対応が不安定になること。

この3つです。では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ページの続きを閲覧するには、法人会員登録が必要です。

無料会員登録をしてより多くの情報をゲットしよう!

無料会員登録のメリットとは?
  • 会員限定ページの閲覧が可能となります。
  • カイゼン情報満載のメルマガが受け取れます。
  • 一部PDF資料のダウンロードが可能になります。 etc.

新規無料会員登録はこちら

ログイン

カイゼンベースの法人向けサービス

 
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG