ロスゼロ必達!TPM基礎講座

TPMの概要【ロスゼロ必達!TPM基礎講座:第1章】

TPMでは、故障は起こるものではなく、人間が起こすものと考えます。ロスの考え方を初めとして、指標のつくり方、組織としての活動の進め方等について解説しています。

第1章TPMの概要

◆カイゼン講座:TPM基礎講座◆

本講座では、ロスの考え方を初めとして、指標のつくり方、組織としての活動の進め方等について学習を進めていきます。
TPM活動を進めていくための基礎知識の習得に向けて、確実に学習をしていきましょう。

第1章:TPMの概要 ⇒ このページはココ
第2章:ロスの考え方と管理方法(前編)
第2章:ロスの考え方と管理方法(後編) ※無料一般会員限定
第3章:ロスを減らす活動 ※無料一般会員限定
第4章:ロスを防ぐ活動 ※法人会員限定
第5章:全員参加でのTPM推進 ※法人会員限定

第1章:TPMの概要 目次

  1. TPMの定義
  2. TPM活動の3つのパート
  3. TPMの基本理念
  4. 生産活動における16大ロス
  5. TPMの8本柱
  6. TPMとTPS
  7. 第1章まとめ

動画講義

はじめに

故障とは?TPMの概要-スライド3

はじめに、あなたは故障の語源をご存じですか?

「人間が故意に障害を起こすこと。」 実は、これが故障の語源なのです。

TPMでは、故障は起こるものではなく、人間が起こすものと考えます。それには、「故意」だけでなく、「過失」も含まれます。
人間がやるべきことをやっていれば、故障はゼロにできる。これがTPMの考え方の基本です。

そして、やるべきことを確実にやる為には、継続的に改善を進められる活動組織が必要です。
ロスが定量的に見える指標が必要です。
そして、異常を発見できる人材の育成が必要になります。

本講座では、ロスの考え方を初めとして、指標のつくり方、組織としての活動の進め方等について学習を進めていきます。
TPM活動を進めていくための基礎知識の習得に向けて、確実に学習をしていきましょう。

目次TPMの概要-スライド5

第1章では、次の7項について学習を行ないます。

1.TPMの定義
2.TPM活動の3つのパート
3.TPMの基本理念
4.生産活動における16大ロス
5.TPMの8本柱
6.TPMとTPS
7.第1章まとめ

1.TPMの定義

TPMとは何かTPMの概要-スライド7

TPMとは何か、一言で表すと、「全員参加でロスゼロ化を推進し、儲かる企業体質をつくる活動」です。

TPMとは、
「Total Productive Maintenance」
「Total Productive Management」
の頭文字を取ったものです。メンテナンスだけでなく、マネジメントのMも含まれます。

設備稼働の効率化はもちろん、生産システムにおける
「あらゆるロスをゼロにすること。」
「あらゆる部門が全員参加で取り組むこと。」
これがTPMの活動のポイントです。

TPMの正式な定義TPMの概要-スライド8

日本プラントメンテナンス協会による正式な定義はこちらです。

生産システム効率化の極限追求(総合的効率化)をする企業体質づくりを目標にして、
生産システムのライフサイクル全体を対象とした、「災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロ」等、あらゆるロスを未然防止する仕組みを、現場現物で構築し、
生産部門をはじめ、開発・営業・管理などのあらゆる部門にわたって、
トップから第一線従業員にいたるまで、全員が参加し、
重複小集団活動により、ロス・ゼロを達成すること。

いまの段階では、この定義を全て覚える必要はありません。
「あらゆるロスを未然防止」、「トップから第一線従業員にいたるまで全員」、という部分をポイントとして押さえておきましょう。

2.TPM活動の3つのパート

現場から会社全体へTPMの概要-スライド10

TPM活動は、3つのパートで活動が展開されます。

お客様からの受注から、営業、研究開発、生産技術、生産管理、製造、保全、品質保証、原価管理、調達購買、人事、物流サービス、出荷までの一連のプロセスにおいて、

パート1は、製造、保全の製造現場が中心の活動です。

そして、パート1が一定のレベルまで進むと、次は、パート2の生産プロセスへ拡大した活動を行ないます。

更に、パート2が一定のレベルまで進むと、パート3のビジネスプロセス全体へ拡大した活動を行ないます。

このように、現場から会社全体へ対象を拡大していくのがTPM活動なのです。
製造現場における保全活動だけでなく、会社全体のプロセスまで含めて、ロスゼロ化を推進し、企業収益向上を目指していく活動であると、しっかりと認識しておきましょう。

3.TPMの基本理念

5つの基本理念TPMの概要-スライド12

TPMの基本理念は、次の5つです。

1つ目は、儲ける企業体質づくりです。
活動することが目的ではなく、最終的には収益を向上させることを目指します。

2つ目は、予防哲学(未然防止)です。
ロスは予防する、未然防止するもの、という考え方が基本となります。

3つ目は、全員参加(参画経営・人間尊重)です。
リーダーだけが行なう活動ではなく、全社員が参加して、自分の職場を改善することが求められます。

4つ目は、現場現物主義です。
机上の空論ではなく、現場で現物を見ながら議論することは絶対条件です。

5つ目は、常識の新陳代謝です。
過去に囚われずに、常識を打ち破っていくことが求められます。

以上の5つの基本理念を忘れずに、TPM活動を推進していきましょう。

ページ:

1

2
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第2章.ロスの考え方と管理方法後編 ロスゼロ必達!TPM基礎講座【講座ナビ】
  2. 第3章:ロスを減らす活動 ロスを減らす活動【ロスゼロ必達!TPM基礎講座:第3章】
  3. 第2章:ロスの考え方と管理方法 ロスの考え方と管理方法(前編)【ロスゼロ必達!TPM基礎講座:第…
  4. 第4章:ロスを防ぐ活動 ロスを防ぐ活動【ロスゼロ必達!TPM基礎講座:第4章】
  5. 第5章:全員参加でのTPM推進 全員参加でのTPM推進【ロスゼロ必達!TPM基礎講座:第5章】
  6. 第2章.ロスの考え方と管理方法後編 ロスの考え方と管理方法(後編)【ロスゼロ必達!TPM基礎講座:第…

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP