TAG

JIT

  • 2016年11月8日
  • 2019年5月12日

トヨタ生産方式の2本柱とは

トヨタ生産方式の2本柱とは、ジャストインタイムとニンベンの付いた自働化のこと。ジャスタインタイムは、必要なモノを必要な時に必要な分だけ造ること/供給することを指す。自働化は、異常、問題があればその場で止まる、判るような仕組みを組み込むことを指す。

  • 2016年7月16日
  • 2019年5月18日

トヨタ生産方式とは(基本思想と2本柱)【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第1章】

本ページは、講座「k-003:トヨタ生産方式基礎講座 初級編 第1章:トヨタ生産方式とは(基本思想と2本柱)」の学習ページです。第1章では、トヨタ生産方式とは何か、どのような背景から生まれたのか、そして、ジャストインタイムと自働化の概要について解説しています。

  • 2016年7月15日
  • 2019年5月18日

ジャストインタイム生産とは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第2章】

ジャストインタイム生産とは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第2章】の学習ページです。トヨタ生産方式の2本柱であるジャストインタイムについて、前提条件や後工程引取り、工程の流れ化、必要数でタクトを決めるの3原則、成功ポイントについて解説しています。

  • 2016年7月14日
  • 2019年5月18日

ニンベンの付いた自働化とは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第3章】

ニンベンの付いた自働化とは【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第3章】の学習ページです。このページでは、トヨタ生産方式の2本柱である「自働化」について、その目的、なぜ止めることが重要なのか、ひもスイッチ、ポカヨケの事例等を含め解説しています。

  • 2016年7月14日
  • 2019年5月19日

ジャストインタイムと自働化の関係【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第4章】

ジャストインタイムと自働化の関係【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第4章】の学習ページです。ジャストインタイムと自働化は独立した存在ではなく、実は関係性が存在します。どのような関係・役割を持っているのか、野球を例に解説しています。

  • 2016年7月13日
  • 2019年5月19日

かんばんの基本について【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第5章】

かんばんの基本について【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第5章】の学習ページです。かんばんを活用していく上では、基本となる知識を確実に理解しておくことが必要不可欠です。本講義では、かんばんの役割、基本ルール、運用方法等について解説しています。

  • 2016年7月12日
  • 2019年5月19日

平準化について(前編)【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第6章】

講座「k-003:トヨタ生産方式基礎講座~初級編~ 第6章:平準化について(前編)」の学習ページです。ジャストインタイム生産を行なう際には、平準化は前提条件になります。第5章前編では、「マーケットインと平準化の関係」、「量の平準化」について確認し、ジャストインタイム生産の前提条件である平準化は何故必要なのか、解説しています。

  • 2016年7月11日
  • 2019年5月19日

平準化について(後編)【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第6章】

平準化について(後編)【トヨタ生産方式基礎講座 初級編:第6章】の学習ページです。後編では、ダンゴ生産と平準化生産の違い等の「種類の平準化」について確認し、ジャストインタイム生産の前提条件である平準化は何故必要なのか、解説しています。

  • 2016年7月11日
  • 2019年5月19日

標準作業とは【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第1章】

講座「k-004:トヨタ生産方式基礎講座~中級編~ 第1章:標準作業とは」の学習ページです。標準の無いところには改善はないと言われます。第1章では、標準作業の定義と目的、標準作業の3要素である「タクトタイム」、「作業順序」、「標準手持ち」とは何かについて解説しています

  • 2016年7月10日
  • 2019年5月19日

人の「働き」と「動き」の違い【トヨタ生産方式基礎講座 中級編:第2章】

講座「k-004:トヨタ生産方式基礎講座~中級編~ 第2章:人の「働き」と「動き」の違い」の学習ページです。普段の業務で、動きを減らし、働きを増やせ、と言われることもあると思います。第2章では、この「働き」と「動き」の違いについて、事例も交えて解説をしています。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG