TAG

マネジメント

  • 2016年9月30日
  • 2019年5月12日

成功するチームの共通点

「プロジェクト・アリストテレスから学ぶ 成功するチームの共通点」の学習ページです。高い生産性をあげるチーム、成功するチームにはどんな共通点が存在するか、プロジェクトチームの活性化に活かすために参考になる「成功するチームの共通点」について解説しています。

  • 2016年6月21日
  • 2019年5月12日

報連相とは【デキる社員になるための報連相の技術:第1章】

報連相とは【デキる社員になるための報連相の技術:第1章】の学習ページです。第1章では、報連相とは何か、なぜ報連相が必要なのか、報連相の過去・現在・未来、報連相を確実に行なうと自分にとってどんなメリットがあるか等について解説しています。

  • 2016年6月21日
  • 2019年5月27日

指示・命令を受ける時のコツ【デキる社員になるための報連相の技術:第2章】

指示・命令を受ける時のコツ【デキる社員になるための報連相の技術:第2章】の学習ページです。しっかりとした返事、メモを取る、復唱する、PDCAサイクルを回す等、上司や先輩から指示や命令をどのように受けて行動すればよいのか等を解説しています。

  • 2016年6月21日
  • 2019年5月27日

デキる社員の報告の仕方(前編)【デキる社員になるための報連相の技術:第3章】

デキる社員の報告の仕方(前編)【デキる社員になるための報連相の技術:第3章】の学習ページです。第3章前編では、「報告は結論から話す」「報告は手短にする」「悪い事こそすぐ報告する」こと等、デキる社員はどのように報告をしているのか等を解説しています。

  • 2016年6月21日
  • 2019年5月27日

デキる社員の相談の仕方(前編)【デキる社員になるための報連相の技術:第5章】

デキる社員の相談の仕方(前編)【デキる社員になるための報連相の技術:第5章】の学習ページです。デキる社員は、どのように上司や先輩へ相談して成果を出しているのか、相談のタイミングや必ず自分の意見も考えておくこと等のコツを解説しています。

  • 2016年3月9日
  • 2019年5月12日

部下が育たないのはなぜか?【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第1章】

部下が育たないのはなぜか?【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第1章】の学習ページです。部下を持つ職層の皆様は、部下の育成のために、日々色々な取組みをされていると思います。部下を育てるために、行動分析学をどのように活用していくか解説しています。

  • 2016年3月8日
  • 2019年5月27日

部下との関係性を良くするために(前編)【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第2章】

部下との関係性を良くするために(前編)【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第2章】の学習ページです。離職率はコミュニケーション量に反比例します。部下との関係性を良くするために、どのように部下と関係性を築いていったらよいか、学習していきます。

  • 2016年3月7日
  • 2019年5月12日

部下との関係性を良くするために(後編)【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第2章】

部下との関係性を良くするために(後編)【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第2章】の学習ページです。前編から引き続き、部下との関係性を良くするために、どのように部下と関係性を築いていったらよいか、現代の価値観の変化について学習していきます。

  • 2016年3月6日
  • 2019年5月27日

褒め方と叱り方のポイント【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第3章】

褒め方と叱り方のポイント【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第3章】の学習ページです。そもそもなぜ褒めることが重要なのか、人間の行動原理のABCモデルを使い確認し、褒めること、叱ることに関する5つのポイント等について解説しています。

  • 2016年3月4日
  • 2019年5月27日

正しい報連相とは?(前編)【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第4章】

正しい報連相とは?(前編)【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第4章】の学習ページです。正しい報連相をしてもらう為に必要な6つの視点について、苦痛を感じさせずに部下に報連相をさせるためのポイント等について解説します。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG