TAG

ヒューマンエラー

  • 2018年4月12日
  • 2020年4月11日

ストループ効果とは【カイゼン用語】

ストループ効果とは、文字の意味と文字色のように、同時に目にするふたつの情報が干渉しあう現象のことです。ストループ効果等、現場作業を阻害する要因を取り除いていくことで、ヒューマンエラーは低減していきます。あなたの職場でも、このような情報の干渉が自職場では存在していないか、一度チェックしてみましょう。

  • 2018年4月11日
  • 2020年4月11日

ヒューリスティックとは【カイゼン用語】

ヒューリスティックとは、物事をざっくりと直感的につかむ人間の基本特性のことです。ヒューリスティックな判断によるヒューマンエラーを防ぐために、「必要な情報は確実に出すこと」「そして、必要以上の情報を出さないこと」「更に、判断に必要な時間を確実に取れる作業の設計をすること」等が必要となります。

  • 2018年2月9日
  • 2020年4月11日

ポップアウト効果とは【カイゼン用語】

ポップアウト効果とは、表示物等において色を使う等により目立って気付きやすい状態にすることを言います。特に表示物等で顕著に現れますが、それが何であるかがパッと見ただけでわからないと、誤認識の原因となります。製造現場においては、現場にあるもの全てが、パッと見ただけで、「どういうものか」、「どういう状態か」分かることが非常に大切です。

  • 2018年1月22日
  • 2019年9月30日

ヒューマンエラーと“なぜなぜ分析”(前編)【なぜなぜ分析の進め方:第5章】

ヒューマンエラーと“なぜなぜ分析”(前編)【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方:第5章】の学習ページです。ヒューマンエラー対策には、なぜなぜ分析が欠かせません。本章では、人間の特性を踏まえたヒューマンエラーの捉え方と、なぜなぜ分析の進め方について解説しています。

  • 2018年1月22日
  • 2019年9月30日

ヒューマンエラーと“なぜなぜ分析”(後編)【なぜなぜ分析の進め方:第5章】

ヒューマンエラーと“なぜなぜ分析”(後編)【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方:第5章】の学習ページです。前編から引き続き、後編では、人間の特性を踏まえたヒューマンエラーの捉え方と、なぜなぜ分析の進め方について解説しています。

  • 2018年1月22日
  • 2019年9月30日

エラーを減らす工夫【なぜなぜ分析の進め方:第6章】

エラーを減らす工夫【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方:第6章】の学習ページです。ヒューマンエラー防止のために「なぜなぜ分析」を行なう際に、あるいは対策を検討する際に参考となる「ヒューマンエラーを減らす工夫」について解説しています。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG