TAG

カイゼン用語

  • 2018年5月1日
  • 2019年5月12日

流動線図とは【カイゼン用語】

流動線図とは、部品や製品が運搬される経路と物量(頻度)を、レイアウト図等に記載することで、最適なレイアウトや運搬経路になっているかを分析する手法です。頻度が多いものが遠くに置かれていないか、物流が集中していないのか等を明らかにすることができます。

  • 2018年5月1日
  • 2019年5月12日

運搬経路分析とは【カイゼン用語】

運搬経路分析とは、部品や製品が運搬される経路を、レイアウト図等に記載することで、運搬のムダの洗い出しや改善案の検討を行なう分析手法です。どういうルートでモノを動かしているのか、運搬経路にムダが発生していないのか等を明らかにすることができます。

  • 2018年5月1日
  • 2019年5月12日

工程分析とは【カイゼン用語】

工程分析とは、モノが受け入れられてから出荷されるまでの過程を、工程順に図記号で表現することで現状を把握し、改善を図るための分析手法です。工程図を描く際には、工程を加工、運搬、停滞、検査という要素に分け、それぞれ図に示している記号で表します。

  • 2018年5月1日
  • 2019年5月12日

稼働分析とは【カイゼン用語】

稼働分析とは、一定期間の生産活動の中で、人や機械がどのような要素にどれだけの時間を掛けているかを明らかにするための手法のことです。「人の働きがどのような状況か掴み」、「改善の切り口を見つけ」、「改善前後の時系列的な変化をつかむ」ために有効なツールです。

  • 2018年5月1日
  • 2019年5月12日

フォークコールとは【カイゼン用語】

フォークコールとは、生産ラインにランプやマイクを設置し、いつでもフォークマンを呼び出すことができるようにする仕組みのことです。ジャストインタイムにかなっていると言われることがありますが、実際にはそれはクエスチョンがつきます。何故かと言うと、生産ラインでは、「後工程が必要な時に」必要なモノが届くようにしなければいけないのですが、フォークコールによって、作業者が「好きな時に」持ってきてもらうことにもなりかねないからです。

  • 2018年5月1日
  • 2019年5月12日

ダイレクト供給とは【カイゼン用語】

ダイレクト供給とは、サプライヤーから納入された部品を、そのまま即ラインへ供給することを言います。納入されたすべてのものは、納入荷姿のままで生産ラインへ供給されます。ダイレクト供給により、一時保管による工数・スペースのムダを減らすことが可能となります。

  • 2018年4月12日
  • 2019年5月12日

ストループ効果とは【カイゼン用語】

ストループ効果とは、文字の意味と文字色のように、同時に目にするふたつの情報が干渉しあう現象のことです。ストループ効果等、現場作業を阻害する要因を取り除いていくことで、ヒューマンエラーは低減していきます。あなたの職場でも、このような情報の干渉が自職場では存在していないか、一度チェックしてみましょう。

  • 2018年4月11日
  • 2019年5月12日

ヒューリスティックとは【カイゼン用語】

ヒューリスティックとは、物事をざっくりと直感的につかむ人間の基本特性のことです。ヒューリスティックな判断によるヒューマンエラーを防ぐために、「必要な情報は確実に出すこと」「そして、必要以上の情報を出さないこと」「更に、判断に必要な時間を確実に取れる作業の設計をすること」等が必要となります。

  • 2018年4月6日
  • 2019年5月12日

量の平準化とは【カイゼン用語】

量の平準化とは、生産量、あるいは、生産数、生産時間等を、ある一定の区間内において、一定のボリュームにして生産を行なうことです。お客様の注文のバラツキに答えるという視点と、ロスを発生させずに効率よく生産を行なうという視点の2つをバランスよく持ち、生産体制を構築していくことが必要不可欠であることを覚えておきましょう。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG