カイゼン用語・ビジネス用語

チョコ停とは【カイゼン用語】

チョコ停とは、生産設備が何らかのトラブルにより、「停止や空転等の短時間の停止が何度も繰り返し発生していること」を指します。チョコ停の「チョコ」という言葉は、チョコチョコ止まる、という表現から取られたものです。

基本的には、1度きりの単発で発生した停止はチョコ停とは呼びません。

チョコ停は、短い時間での停止ではあるものの、何度も発生するためトータルでの生産への影響は大きなものとなります。従って、チョコ停だからと言って放っておかずに、しっかりと対策を行ない原因を潰しこむ活動が大切です。

なお、長時間の停止は「ドカ停」と言います。ドカっと長い時間止まってしまう停止という表現から取られたものです。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

関連講座

カイゼン用語一覧へ戻る

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. カイゼン用語集 後工程引取りとは
  2. カイゼン用語集 形跡整頓とは
  3. カイゼン用語集 躾とは
  4. カイゼン用語集 ジャストインタイムの3原則とは
  5. カイゼン用語集 情報のジャストインタイムとは
  6. カイゼン用語集 帯グラフとは
  7. カイゼン用語集 品質とは
  8. カイゼン用語集 赤札作戦とは

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP