カイゼン用語・ビジネス用語

タクトタイムとは(標準作業の3要素)

タクトタイムとは、製品1台あるいは部品1個を「何秒で造らなければならないかという時間」のこと。標準作業の3要素のうちの1つ。作業の1サイクルの時間を、タクトタイムに合わせていくことが改善のアプローチとして重要。
タクトタイムの計算式は、「稼働時間÷必要数量」であり、余裕率は見込まずに計算する。タクトタイムの意味は、必要数量に合わせた稼働を行なうことにある。
標準作業とは

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

関連講座

カイゼン用語一覧へ戻る

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. カイゼン用語・ビジネス用語 カイゼン用語・ビジネス用語
  2. カイゼン用語集 躾とは
  3. カイゼン用語集 標準手持ちとは
  4. カイゼン用語集 カイゼンとは【カイゼン用語】
  5. カイゼン用語集 ジャストインタイムの前提条件とは
  6. カイゼン用語集 生産の3要素とは
  7. カイゼン用語集 棒グラフとは
  8. カイゼン用語集 平準化生産とは

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP