実務で使えるツール集

カイゼン用語集

タクトタイムとは(標準作業の3要素)

USBコンテンツキャンペーン

タクトタイムとは、製品1台あるいは部品1個を「何秒で造らなければならないかという時間」のこと。標準作業の3要素のうちの1つ。作業の1サイクルの時間を、タクトタイムに合わせていくことが改善のアプローチとして重要。
タクトタイムの計算式は、「稼働時間÷必要数量」であり、余裕率は見込まずに計算する。タクトタイムの意味は、必要数量に合わせた稼働を行なうことにある。
標準作業とは

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

関連講座

カイゼン用語一覧へ戻る

関連記事

  1. ストループ効果とは(カイゼン用語)

    ストループ効果とは【カイゼン用語】

  2. カイゼン用語集

    散布図とは

  3. カイゼン用語集

    トヨタ生産方式の基本思想とは

  4. カイゼン用語集

    予言の自己実現とは

  5. カイゼン用語集

    作業手順書とは

  6. ECRSの4原則とは(カイゼン用語)

    ECRSの4原則とは【カイゼン用語】

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報

カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス





PAGE TOP

能力育成/マネジメント

【教育資料ダウンロード】マネジメントの基本を理解する!管理職の役割と心得

第2章:管理職の仕事とは-スライド8

品質/統計/安全/環境

【教育資料ダウンロード】実践!管理・監督者による安全職場の仕組みづくり

第1章:企業にとっての『安全』を知る-スライド14

品質/統計/安全/環境

実践!管理・監督者による安全職場の仕組みづくり【講座ナビ】

第1章:企業にとっての『安全』を知る-スライド25

品質/統計/安全/環境

仕組みも人も『進化』を睨み育てる【安全職場の仕組みづくり:第4章】

第4章:仕組みも人も『進化』を睨み育てる-スライド5

品質/統計/安全/環境

活動を継続させる『仕組み』を作る【安全職場の仕組みづくり:第3章】

第3章:活動を継続させる『仕組み』を作る-スライド7