彼を知り己を知れば百戦殆からず-スライド1

彼を知り己を知れば百戦殆からず【名言集】

人気記事

若手社員がイキイキと働けるような環境づくりの一端を担うはずの「教育」。会社として教育の全体像が描かれていないため、多くの企業では「点」の教育しか行えていないのが実態です。なぜ教育が活性化しないのか、その答えの1つに体系化があります。本コラムでは、製造業をはじめとした多くの企業における共通の課題である「教育の体系化」について、多くの企業でやりがちな失敗例と具体的な進め方について紹介しています。

IMG

孫子の名言の1つ

彼を知り己を知れば百戦殆からず-スライド1

彼を知り己を知れば百戦殆からず(かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)

「孫子・謀攻編」からの引用です。
とても有名な格言で、現代の企業経営をはじめとし、実務で成果を挙げるための大事な考え方として広く知られています。

仕事を進める上で大事な考え方

彼を知り己を知れば百戦殆からず-スライド2

この名言は、「敵についても、味方(自分自身)についても情勢をしっかり把握していれば、何度戦っても勝つことが出来る」ということを意味しています。

普段の業務においても同じで、「相手の立場・置かれている状況をしっかりと把握し」、「自分の実力・力量を認識して対応すれば」、必ずその仕事はうまくいく、ということを述べています。仕事をうまく進めるために、本質的かつ大事な考え方ですよね。

なお、実はこの格言には続きがあります。
「彼を知り己を知れば百戦殆からず」の後には、次のように続きます。

「彼を知らずして己を知るは一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし。」

つまり、自分の実力を知っていても、相手のことをよく理解していなければ、勝ったり負けたり(上手くいったり失敗したり)と安定した成果が出せません。
更に、相手のことも、自分のことも知らなければ、戦うたびに負けてしまいます(仕事をするたび失敗してしまいます)。

仕事においては、行き当たりばったりで行動すると、うまくいくこともあるかもしれませんが、成果が安定して出せません。まずは一緒に仕事をする相手と自分の状況について、しっかりと考え分析し、その上でアクションを取るようにしていきましょう。

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG