実務で使えるツール集

彼を知り己を知れば百戦殆からず-スライド1

彼を知り己を知れば百戦殆からず【名言集】

孫子の名言の1つ

彼を知り己を知れば百戦殆からず-スライド1

彼を知り己を知れば百戦殆からず(かれをしりおのれをしればひゃくせんあやうからず)

「孫子・謀攻編」からの引用です。
とても有名な格言で、現代の企業経営をはじめとし、実務で成果を挙げるための大事な考え方として広く知られています。

仕事を進める上で大事な考え方

彼を知り己を知れば百戦殆からず-スライド2

この名言は、「敵についても、味方(自分自身)についても情勢をしっかり把握していれば、何度戦っても勝つことが出来る」ということを意味しています。

普段の業務においても同じで、「相手の立場・置かれている状況をしっかりと把握し」、「自分の実力・力量を認識して対応すれば」、必ずその仕事はうまくいく、ということを述べています。仕事をうまく進めるために、本質的かつ大事な考え方ですよね。

なお、実はこの格言には続きがあります。
「彼を知り己を知れば百戦殆からず」の後には、次のように続きます。

「彼を知らずして己を知るは一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に殆うし。」

つまり、自分の実力を知っていても、相手のことをよく理解していなければ、勝ったり負けたり(上手くいったり失敗したり)と安定した成果が出せません。
更に、相手のことも、自分のことも知らなければ、戦うたびに負けてしまいます(仕事をするたび失敗してしまいます)。

仕事においては、行き当たりばったりで行動すると、うまくいくこともあるかもしれませんが、成果が安定して出せません。まずは一緒に仕事をする相手と自分の状況について、しっかりと考え分析し、その上でアクションを取るようにしていきましょう。

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報





PAGE TOP

実務で使えるツール集

【メルマガ】2018年5月29日号:働き方改革に必要な「体系的な廃棄」とは?

メルマガ

マネジメント全般

成果を出す管理者になろう!初級管理職のセルフマネジメント【講座ナビ】

第2章:マネジメントの四面展開(後編)-スライド4

マネジメント全般

マネジメントとは何か(前編)【初級管理職のセルフマネジメント:第1章】

第1章:マネジメントとは(前編)-スライド11

マネジメント全般

マネジメントとは何か(後編)【初級管理職のセルフマネジメント:第1章】

第1章:マネジメントとは(後編)-スライド4

マネジメント全般

マネジメントの四面展開(前編)【初級管理職のセルフマネジメント:第2章】

第2章:マネジメントの四面展開(前編)-スライド5