QC検定対策

マーケットインとプロダクトアウト ~QC的ものの見方・考え方~

人気記事

若手社員がイキイキと働けるような環境づくりの一端を担うはずの「教育」。会社として教育の全体像が描かれていないため、多くの企業では「点」の教育しか行えていないのが実態です。なぜ教育が活性化しないのか、その答えの1つに体系化があります。本コラムでは、製造業をはじめとした多くの企業における共通の課題である「教育の体系化」について、多くの企業でやりがちな失敗例と具体的な進め方について紹介しています。

IMG

【QC検定学習ページ】マーケットインとプロダクトアウト

マーケットインとプロダクトアウトという2つの言葉は、ものづくりにおいてはとても大事な概念です。マーケットイン、プロダクトアウトについて全く知らないという方も、自信を持って答えられないという方も、この機会にしっかり理解しておきましょう。

マーケットインとは?プロダクトアウトとは?

マーケットインとは、日本語で消費者志向のことで、「お客様ニーズを把握し、それを満たす製品やサービスを提供していくこと」を指します。お客様の満足度をいかに高められるかを重視する考え方です。つまり、「顧客が望むモノ=売れるモノをつくり販売する」という考え方で、顧客のニーズから商品開発をスタートします。

一方、プロダクトアウトとは、日本語で生産者志向のことで、「会社の方針や作りたいモノ・売りたいモノを基準に商品開発を行うこと」を指します。「これは売れるはずだ」というプロダクトを作りながら、どのように販売していくかを考えるスタイルです。つまり、「良いものであれば売れる」という考え方で、自社の技術や強みを生かした商品展開を行ないます。

QC検定などの試験においては、マーケットインとプロダクトアウトは対義語として理解しておけば問題ありません。マーケットインは顧客の声に寄り添った考え方、プロダクトアウトは自社都合の考え方という対比がされていることが多々あります。結果として、マーケットインには良いイメージを、プロダクトアウトには悪いイメージを持っている方も多いかもしれません。しかし、本質としては、マーケットインとプロダクトアウト、この2つはどちらも根底には“お客様のニーズ”があり、どちらが良い、悪いというわけではありません。

日本は、高度経済成長期に「プロダクトアウト」の考え方で大量生産を行ってきました。しかし、経済成長が止まり過剰供給になると、「いくら良い商品でも売れない!」という事態となりました。そこで、多くの企業では、「顧客ありきの発想」へと転換が迫られ、結果として「マーケットイン=善」の考え方が定着していったのだと考えられます。

顕在化したニーズと潜在的なニーズ

マーケットインでアプローチするのか、プロダクトアウトでアプローチするのかは、「どういった顧客のニーズ」に応えるのかによって変えていかなければいけません。つまり、顕在化したニーズに対しては、マーケットイン型のアプローチ、潜在的なニーズに対しては、プロダクトアウト型のアプローチが必要となります。マーケットインもプロダクトアウトもどちらも必要な概念です。大切なことは、ターゲットのお客様は誰なのか見極めること。そして、そのお客様の顕在化したニーズ、あるいは潜在的なニーズを満足させるには、どのような製品やサービスを創りあげればよいのかをしっかりと考えること。この2つを忘れないようにしなければいけません。

経営においては、マーケットインで顕在化しているニーズを確実に追求しつつ、プロダクトアウトで潜在化しているニーズを発掘していくという、両輪がバランスの取れた形で戦略を組み立てていくことが必要不可欠なのです。

QC検定対策にも最適!品質管理の基礎知識 記事一覧

QC的ものの見方・考え方

※記事更新中!全て揃うまでもう少々お待ちください!
1.品質優先、品質第一
2.マーケットインとプロダクトアウト
3.顧客の特定
4.Win-Win
5.後工程はお客様
6.プロセス重視(品質は工程でつくる)
7.特性と要因,因果関係
8.応急対策,再発防止,未然防止,予測予防
9.源流管理
10.目的志向
11.QCD+PSME
12.重点指向とは
13.部分最適と全体最適とは
14.三現主義と5ゲン主義
15.見える化
16.潜在トラブルの顕在化
17.ばらつきに注目する考え方
18.全部門,全員参加
19.人間性尊重,従業員満足(ES)

品質管理の基礎知識 ページナビへ戻る

QC検定対策
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG