ブラインドチェックと品質保証
USBキャンペーン

流出する前に定期的に意識を高める仕組みの1つ「ブラインドチェック」について解説

なぜ明らかな不良を流出してしまうのか

以前、鋳鉄品を製造している会社に訪問した際、こんな問題に遭遇しました。

「明らかに誰が見ても不適合と分かるモノを流出してしまった。」

たまたま前日に発生したもので、実際に私もその不適合品を見させて頂きましたが、たしかに誰が見てもわかる、なぜこんなモノが流出するのか、疑問に思うものでした。(鋳鉄品の中央の大きな貫通穴にバリが張ってしまい穴を塞いでいる状態)

流出したモノを最終工程で検査していた人は、ベテランで勤勉な作業員の方でした。

「あの人がズルをして検査を飛ばすわけがない。」
「あの人が見逃すわけがない。」
と言って、お蔵入りしそうな雰囲気に一旦「待った」を掛けました。

そして、実際に現場で検査の様子を見てみると、私も製造部長もすぐにあることに気付きました。

「非常に要領よく検査をこなしている。しかし、基準書等、何かを確認しながら 進めるわけでもなく、知識や経験をフル活用して判断をしている。」
という点でした。

人間の基本特性である「ヒューリスティック」が悪さをする

人間の基本特性として「ヒューリスティックな判断をする」ことがあります。

ヒューリスティックとは、情報をざっくりとだけ把握し、物事を直感的に掴むこと。

我々人間は、ヒューリスティックな判断を日々繰り返していますが、これが時として思い込みエラーに繋がってしまうのです。

この会社のケースで考えてみると、あくまで推測ではあるものの、始めの数個を確認した時点で、「このロットの製品は、これまでバリが出ていないから、経験上、 残りの製品もバリが出ていないはずだ」という判断を無意識的に行ない、以降の目視確認を飛ばしてしまった可能性があります。

半年に1回流れてくるかもしれない不適合に対して、日々検査をしていると、いくら真面目なベテランでも「今日も不適合品はないだろう」という気持ちが芽生えてくるのは当然です。これが人間の特性です。

ブラインドチェックのススメ

それに対して、「いつも緊張感を持て!気を緩めるな!」というのは、人間の特性に立ち向かうようなもので、あまり効果的とは言えません。

そこで活用したいのが、ブラインドチェックという方法です。

ブラインドチェックとは、普段の通常の流れの中に、意図的に不適合品を混ぜて流しそれを検査で発見できるかをチェックする方法。目を閉じて行なう検査のことではないので注意のこと。

ブラインドチェックと品質保証

この会社でも、ブラインドチェックを実施することにしました。
週に1回、ランダムな曜日で、ランダムに製品を選び、ランダムな部位に1cm程のシールを貼り付けて流し、このシールを発見できるかチェックしました。やり始めは意識も高く、全てのシールを発見したものの、2ヶ月が過ぎようとしていた時に、ついにシールの見逃しが出ました。

見逃しが出たら全員が集まり議論をして、対策検討しながら意識も高めます。これが定期的に行なわれることにより、流出防止が図られるのです。後追いではなく流出する前に、自社内で定期的に意識を高める仕組みを運用する。これがブラインドチェックの狙いであり、品質保証においては、欠かせない考え方となります。

あなたの職場でも、見逃しが定期的に発生する場合は、ブラインドチェックの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

品質管理の講座を学習しよう!

品質管理に関する詳しい内容は、こちらで学習が可能です。品質優先の考え方、自工程保証の考え方、品質改善と維持管理の考え方等を学びましょう。

関連記事

ものづくりにおいては、お客様のことを第一に考えた製品やサービスを提供していくことが必要不可欠です。品質管理と品質改善活動では、品質優先の考え方、自工程保証の考え方、品質改善と維持管理の考え方等を学習することが出来ます。[fuamc […]

第1章:品質優先の考え方

カイゼンベース株式会社 藤澤カイゼンベース株式会社
代表取締役CEO 藤澤 俊明

講座監修者・コラム執筆者のプロフィール

東京理科大学大学院修了後、トヨタ自動車(株)では生産技術部門で新規生産ライン構築や海外工場立上げ等に従事。その後製造系大手コンサルティングファームを経て独立。自動車部品工場、組立工場、鋳造工場、食品、化学プラント等、幅広くコンサルティング実績を積み重ねている。2015年にカイゼンベース株式会社を設立し、人材教育等の現場力・カイゼンの発展に向けて活動している。


プロフィールの詳細はこちら
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG