第4章:標準化の必要性

標準化の必要性【品質管理と品質改善活動:第4章】

標準化の必要性【品質管理と品質改善活動:第4章】の学習ページです。品質を改善し、維持管理を行なっていくためには、作業手順等の仕事の仕組みを標準化していかなければいけません。
本講義では、誰でも同じような品質の製品やサービスをつくるために必要な標準化の考え方と必要性について解説しています。

講座ナビ
第1章:品質優先の考え方
第2章:後工程はお客様(自工程保証の考え方)
第3章:プロセス管理と源流管理 ※無料会員以上限定
第4章:標準化の必要性 ※法人会員限定 ⇒ このページはココ
第5章:重点指向の考え方 ※法人会員限定
第6章:品質改善と維持管理の考え方(PDCAサイクルとSDCAサイクル) ※無料会員以上限定

カイゼンベースの無料会員登録

ページの続きを閲覧するには、法人会員登録が必要です。

無料会員登録をしてより多くの情報をゲットしよう!

無料会員登録のメリットとは?
  • 会員限定ページの閲覧が可能となります。
  • カイゼン情報満載のメルマガが受け取れます。
  • 一部PDF資料のダウンロードが可能になります。 etc.

新規無料会員登録はこちら

ログイン

カイゼンベースの法人向けサービス

 
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG