品質の定義と品質管理

品質とは【品質の定義と品質管理】

品質とは【品質の定義と品質管理】の学習ページです。品質は、モノの性能・出来ばえだけで判断されるものではありません。お客様が求めるものによって品質の基準は変化します。本ページは、お客様に満足して頂くための品質について、基本中の基本を解説しています。

◆品質の定義と品質管理 ~品質管理の基礎知識~ ◆

1.品質とは ⇒ 本ページはココ
2.総合的な品質QCDと狙いの品質
3.QCD+PSME
4.ばらつきと品質
5.不適合・不適合品とは
6.品質管理とは
7.品質管理の歴史


1.品質とは?

まず、そもそも「品質」というものは何なんでしょうか?品質とは何か、説明出来ますか?

品質の定義

品質とは【品質の定義と品質管理】-スライド1

品質は、「その製品やサービスが使用目的を満たしている程度(使用目的への適合性)」と定義されています。

少し分かりにくいですね。もう少し噛み砕いてみましょう。

この定義の言い方を少し変えてみると、「お客様から求められたものを納めた時、どのくらい満足してもらえたか?」ということを表しています。

つまり、品質を一言で表すと、品質は「お客様の満足度」とも言えます。

「お客様の要求しているもの」に対して、どんな製品やサービスを提供し、その結果、どのくらいの「満足」をしてもらうことが出来たかによって、品質の良し悪しは決まってきます。

品質が良いという意味

品質とは【品質の定義と品質管理】-スライド2

通常、ものづくりを行なっている企業では、自社で作った製品やサービスをお客様へ納品します。

この際、お客様が「品質が良い」と感じてもらうためには、どういうものを納めればよいのでしょうか?

実はこの質問、一概に答えることができません。どういうことでしょうか?

品質の基準

品質とは【品質の定義と品質管理】-スライド3

例えば、お客様によっては、たとえ価格は高くても、「お客様が性能重視」であれば、“性能の良さ”が“品質の良さ”の一番の基準となります。

また、たとえ性能は低くても、「お客様が価格重視」であれば、“価格の低さ”が“品質の良さ”の一番の基準となります。

また、たとえ価格が高く、性能が低くても、「お客様が納期重視」であれば、“納期の短さ”が“品質の良さ”の一番の基準になる可能性が高くなります。

これらは、言われてみれば、当然のことですよね。

つまりは、お客様が何を求めているか

品質とは【品質の定義と品質管理】-スライド4

そう、品質は、モノの性能・出来ばえだけで判断されるものではないのです。

お客様が何を求めているのかによって「品質」の基準は変化するのです。

では、どんな視点で「品質」を理解すればよいのでしょうか?

それを理解するために、次のページでは、「総合的な品質QCD」と「狙いの品質」について確認します。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

関連記事

  1. 品質管理とは-スライド1 品質管理とは【品質の定義と品質管理】
  2. 総合的な品質QCDと狙いの品質-スライド4 総合的な品質とねらいの品質【品質の定義と品質管理】
  3. 不適合・不適合品とは-スライド1 不適合・不適合品とは【品質の定義と品質管理】
  4. QCD+PSME-スライド1 QCD+PSME【品質の定義と品質管理】
  5. ばらつきと品質-スライド1 ばらつきと品質【品質の定義と品質管理】
  6. 品質管理の歴史-スライド3 品質管理の歴史【品質の定義と品質管理】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP