QC検定対策

品質管理の基礎知識【ページナビ】

品質管理を学ぼう!

品質管理とは何をどうすることなのか、はっきりと説明できますか?

日本がアメリカから「品質管理」を導入してから、長い年月が経ちました。

アメリカから導入した品質管理は、日本で進化し続けています。

「統計的品質管理」
「QCサークル活動」
「QC7つ道具」
「新QC7つ道具」
「統計的方法」

等が生まれ、「TQC(全社的品質管理)」から、「TQM(総合的品質管理)」にまで発展しています。

品質管理は、どうしてもテクニック的な要素に焦点が当てられがちですが、分析手法・分析ツール等のテクニックの前に、しっかりと理解しておかなければならない大事な部分があります。

はじめに【品質管理の基礎知識】

それは、「品質管理の目的」「品質管理の基本的な考え方」です。

「品質管理の基礎と基本」を疎かにしてしまった結果、品質管理活動に行き詰まってしまったり、あるいは全く成果が出なかったという事例が、実は後を立ちません。

品質管理は、あくまで自社の製品やサービスを購入して頂くお客様に「満足して頂くための手段」です。品質管理を行なうことが目的ではありません。品質管理が形だけの形骸的な活動にならないように、本講座で品質管理の基礎知識について、しっかりと学習していきましょう。

品質管理の基礎知識 目次

品質の定義と品質管理

品質の定義、QCD、ばらつき等、品質管理に関わる基本について学習することが出来ます。
1.品質とは
2.総合的な品質QCDと狙いの品質
3.QCD+PSME
4.ばらつきと品質
5.不適合・不適合品とは
6.品質管理とは
7.品質管理の歴史

QC的ものの見方・考え方

QC的なものの見方・考え方ついて学習することが出来ます。
1.品質優先、品質第一
2.マーケットインとプロダクトアウト
3.顧客の特定
4.Win-Win
5.後工程はお客様
6.プロセス重視(品質は工程でつくる)
7.特性と要因,因果関係
8.応急対策,再発防止,未然防止,予測予防
9.源流管理
10.目的志向
11.QCD+PSME
12.重点指向とは
13.部分最適と全体最適とは
14.三現主義と5ゲン主義
15.見える化
16.潜在トラブルの顕在化
17.ばらつきに注目する考え方
18.全部門,全員参加
19.人間性尊重,従業員満足(ES)

カイゼンベースの法人向けサービス

 
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG