生産管理の機能と役割

生産管理とは【生産管理の機能と役割:第1章】

生産管理担当者は、生産計画や生産進捗管理だけではなく、会社として重要な役割を担っています。QCDを維持・向上させ顧客の要求を満たすための、生産管理の機能と役割について解説しています。

第1章:生産管理とは

第1章:生産管理とは 目次

  1. 生産管理担当者が持つべき2つの視点
  2. 生産の3要素の視点
  3. 経営の3要素の視点
  4. 第1章まとめ

動画講義

はじめに

生産管理のイメージ第1章:生産管理とは-スライド3

はじめに、あなたは生産管理に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?

  • いつも現場で仕掛を探している。
  • いつも電話でお客さんから催促されている。
  • いつも無茶なことを言ってくる。
  • いつも現場で煙たがられている。
  • 管理というより追っかけ屋さん。
  • いつもお客さんと現場とで板挟みになっていて大変そう。
  • もっといい計画立てられないの?
  • いつも、納期遅れで叱られている。

こんなイメージを持っているとしたら、あなたの会社の生産管理は機能していません。

恐らく、生産管理担当者も、「何で自分が怒られるんだろう・・・」、と思っており、モチベーションが日々低下しているに違いありません。

第1章:生産管理とは-スライド4
このような姿は、本来の生産管理の姿ではありません。

生産管理は、会社にとって、無くてはならない存在です。
非常に重要な役割を担っているのです。

本講座を通して、生産管理の基本的な考え方、生産管理が担う機能と役割について学習し、会社に利益を生むイキイキとした生産管理担当者を目指すきっかけにしていきましょう。

目次第1章:生産管理とは-スライド6

第1章では、次の4項で学習を進めていきます。

1.生産管理担当者が持つべき2つの視点
2.生産の3要素の視点
3.経営の3要素の視点
4.第1章まとめ

1.生産管理担当者が持つべき2つの視点

経営の3要素と生産の3要素の視点第1章:生産管理とは-スライド8

工場は、材料を購入し、製品を製造します。
この時、支払いを行ない、お金が出ていきます。

そして、製造が完了した製品は、出荷・販売され、顧客に届きます。
この時、対価として、お金が入金されます。これが工場のお金の流れの基本です。

なお、工場では、顧客により良い製品を届けなければいけません。
具体的には、Q 品質、C コスト(価格)、D 納期の3つの視点で製造を行なうことが必要不可欠です。

これが生産管理担当者が持つべき1つ目の視点、「生産の3要素の視点」です。
工場内で製造されるモノが、品質要求を満足し、なおかつ可能な限り易いコストで、決められた納期までに造り終えるためにはどうすればよいか、考えて行動することが求められます。

もう1つの視点は、経営の3要素の視点です。
工場内だけではなく、支払い、入金等のお金の回転を良くするにはどうしたらよいか、考えて行動する必要があります。

「生産のコントロール」だけではなく、「お金の流れのコントロール」も!第1章:生産管理とは-スライド9

工場内を「生産の3要素の視点」で管理をすること。
これは、狭義の生産管理の仕事です。

お金のフロー(回転)が速くなるように「経営の3要素の視点」も含めて管理すること。
これが、広義の生産管理の仕事になります。

そう、生産管理は、「生産のコントロール」だけではなく、「お金の流れのコントロール」も担うのです。
つまり、ただ生産の進捗を工場の中で追っかけるのだけが本来の仕事ではありません。
顧客と納期の調整をすることだけが仕事ではありません。

お金の流れを含めた広い視点で業務を行なうことが求められていることを、しっかりと認識するようにしましょう。

2.生産の3要素の視点

生産の4M第1章:生産管理とは-スライド11

どんな顧客でも、「より良いモノを、より安く、タイミング良く欲しい!」と思っているはずです。

これを満足させなければいけません。そのためには、「人」「モノ」「設備」「作業方法」の生産の4Mの適切な組み合わせを実現することが求められます。

QCDの維持向上第1章:生産管理とは-スライド12

それにより、生産の3要素であるQCDの維持向上を、計画的に取り仕切るのが、生産管理です。

生産管理担当者は、3要素を日々確実に維持し、3要素を計画的に向上させる策を考えることによって、品質、コスト、納期の生産の3要素を下支えする、とても大事な役割なのです。

「生産の3要素」の管理のポイント第1章:生産管理とは-スライド13

ではここで、生産の3要素の管理のポイントについて説明します。

生産の3要素は、次の3つでしたね。

Q:品質
C:コスト
D:納期

品質、コストに関しては、顧客の品質要求を明確にし、顧客の価格要求に応えるためにはどういう造り方をすべきか見極めることがポイントです。
なお、必要以上の品質(過剰品質)はコストを上昇させ、結果的に顧客要求に応えられないことになるので注意しましょう。

納期に関しては、顧客要求を守るためにはどう生産をコントロールすればよいか見極めることがポイントです。
なお、出来ない納期を約束して顧客の信頼を失わないように注意しましょう。

ページ:

1

2
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第3章:生産計画の考え方(後編) 生産計画の考え方(後編)【生産管理の機能と役割:第3章】
  2. 第6章:リードタイム短縮の進め方 リードタイム短縮の進め方【生産管理の機能と役割:第6章】
  3. 第3章:生産計画の考え方(前編) 生産計画の考え方(前編)【生産管理の機能と役割:第3章】
  4. 第5章:在庫管理の基本と在庫削減の進め方(前編) 在庫管理の基本と在庫削減の進め方(前編)【生産管理の機能と役割:…
  5. 業務改善と コミュニケーション(前編)【生産管理の機能と役割:第…
  6. 第5章:在庫管理の基本と在庫削減の進め方(後編) 在庫管理の基本と在庫削減の進め方(後編)【生産管理の機能と役割:…
  7. 第4章:生産統制の考え方 生産統制の考え方【生産管理の機能と役割:第4章】
  8. 第2章:生産管理の仕事の3本柱 生産管理の仕事の3本柱【生産管理の機能と役割:第2章】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP