認知的葛藤とは(カイゼン用語)

認知的葛藤とは【カイゼン用語】

USBキャンペーン

認知的葛藤とは

認知的葛藤とは、表示と実際の動作の向きが異なり、頭の中の情報処理が錯綜し葛藤が生じてしまうことを言います。

認知的葛藤とは(カイゼン用語)

例えば、進めと書いた赤い表示、止まれと書いた緑色の表示は、頭の中の情報処理が錯綜し葛藤が生じてしまうことで、エラーを起こしやすくなります。

また、設備のレバーに関しても、「動作方向に倒すとOFF」、「動作と逆方向に倒すとON」といったような逆の動きをする場合も同様です。

このような、「進めなのに赤色表示」、「レバーの方向と逆に動く」 というような作業はヒューマンエラーを誘発してしまいます。
色のイメージと指示内容を同じにする、人の動作と機械の動作を同じ方向にする等の、自然な情報処理が出来るようにすることが大切です。

このPowerPointスライドをダウンロードできます!

社内教育や発表資料作成における作業効率化等に、是非ご活用ください。
ファイル形式:PowerPoint

利用規約に同意してダウンロードする。法人会員アドバンスの方はココにダウンロードボタンが表示されます。
ダウンロードサービスは、カイゼンベースの法人会員アドバンス限定機能です。法人会員アドバンスの方がログインした際に、ダウンロードボタンが表示されます。
ご興味のある方は、是非この機会に法人会員アドバンスプランをご検討ください。

法人会員プランの詳細はこちら

ダウンロードした資料につきましては、コンテンツ利用規約に同意の上、ご利用くださいますようお願い致します。
◆例えば、下記の行為は禁止となります(利用規約を一部抜粋)
・本コンテンツを利用してのコンサルティング業務をする行為
・利益享受または販売を目的として利用(販売やWEBサイトへの掲載等)をする行為
・二次的著作物を制作し第三者に配布する行為
・弊社または第三者の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為
◆その他、詳細につきましては、コンテンツ利用規約をご確認ください。

関連講座はこちらから

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

関連記事

前編から引き続き、人間の情報処理モデルから判断・決定の段階におけるヒューマンエラーについて解説しています。◆カイゼン講座:ヒューマンエラー防止の基礎講座◆ヒューマンエラーは、個人の問題から発生するものだけでなく、人間[…]

第4章中編:人間工学的要因によるヒューマンエラーと防止策
関連記事

【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方 第6章:エラーを減らす工夫】の学習ページです。第6章では、ヒューマンエラー等の普段の業務におけるエラーを防ぐ各種の工夫について解説しています。◆カイゼン講座:なぜなぜ分析[…]

第6章:エラーを減らす工夫

 カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る 

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG