マーケティングの基礎講座

マーケティングのSTP(前編)【マーケティングの基礎:第3章】

第3章では、製品、サービスを売るための、STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)について解説しています。

マーケティングのSTP

◆カイゼン講座:マーケティングの基礎講座◆

世の中にあふれているモノは、すべてマーケティングを通じてみなさまの手元に届いています。
いいモノを作れば勝手にモノが売れていく時代は過去のことです。モノづくりと切り離せないマーケティングの基本を、幅広く学んでいきましょう。

第1章:マーケティングとは
第2章:マーケティングのR
第3章:マーケティングのSTP(前編) ⇒ このページはココ
第3章:マーケティングのSTP(後編) ※無料一般会員限定
第4章:マーケティングの4つのP ※無料一般会員限定

動画講義

マーケティングのSTP

マーケティング戦略の実行プロセス
マーケティングのSTP-スライド3

まずは、マーケティング戦略の実行プロセスの5段階を、振り返ってみましょう。

マーケティングの実行プロセスは、
「リサーチ」
「セグメンテーション」
「ターゲティング」
「ポジショニング」
「4つのP」
の5段階となっています。

前章のリサーチでは、市場や顧客の意見・要望を正しく反映させるために、3つの視点から考えることを、学習しました。

本章では、その製品、サービスを売るための、S、T、P(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)を学んでいきましょう。

STPの目的
マーケティングのSTP-スライド5

まずは、なぜ、わざわざお客様を区分けしたり、絞り込まなければならないのでしょうか?

いいモノをつくれば売れるからそんなものは不要なのでは?と思う人も多いかと思いますが、現在は、モノがあふれている時代で、いいものを作れば、勝手に売れていくという時代は、過去のことです。
これからは、市場を細分化し、狙いを定め、その顧客の期待に応えた製品、サービスを作らなければ、モノが売れない時代となっています。

そのために、企業が、自社の強みが活かせる製品、サービスが、どの顧客から求められているかを考え、どのような策略を立てるか、という意思決定をしなければなりません。

そもそもSTPってなに?
マーケティングのSTP-スライド6

意思決定をするために、セグメンテーションや、ターゲティングが必要って、どういうことですか?

それは、例えば、万人向けの冷蔵庫は、誰向けのモノなのか明確にしない限りは、モノが飽和している現状では、なかなか見向きしてもらえません。

大きさや性能、価格帯など、狙い(策略・方針)を決めるために、セグメンテーションやターゲティングが必要となってきます。

では、次のページから、S、T、P、それぞれを説明していきます。

ページ:

1

2
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. マーケティングの4つのP マーケティングの4つのP【マーケティングの基礎:第4章】
  2. マーケティングとは マーケティングの基礎講座【講座ナビ】
  3. マーケティングのR マーケティングのR【マーケティングの基礎:第2章】
  4. マーケティングとは マーケティングとは【マーケティングの基礎:第1章】
  5. マーケティングのSTP(後編) マーケティングのSTP(後編)【マーケティングの基礎:第3章】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP