マーケティングの基礎講座

マーケティングのR【マーケティングの基礎:第2章】

マーケティング戦略の代表的な実行プロセスは5段階に分かれています。第2章では、マーケティング戦略の実行プロセスの説明と、 マーケティングのR(リサーチ)について解説しています。

マーケティングのR

◆カイゼン講座:マーケティングの基礎講座◆

世の中にあふれているモノは、すべてマーケティングを通じてみなさまの手元に届いています。
いいモノを作れば勝手にモノが売れていく時代は過去のことです。モノづくりと切り離せないマーケティングの基本を、幅広く学んでいきましょう。

第1章:マーケティングとは
第2章:マーケティングのR ⇒ このページはココ
第3章:マーケティングのSTP(前編)
第3章:マーケティングのSTP(後編) ※無料一般会員限定
第4章:マーケティングの4つのP ※無料一般会員限定

動画講義

マーケティングのR

マーケティング戦略の実行プロセス
マーケティングのR-スライド3

この章で、マーケティングのR、すなわちリサーチを学んでいきますが、その前に、マーケティング戦略の実行プロセスについて説明いたします。

代表的な実行プロセスは5段階に分かれています。

・まずは市場・顧客情報の収集や分析のR(リサーチ)
・続いて、市場を、顧客、ニーズ、特性などの一定の条件で細分化し区分けするS(セグメンテーション)
・対象顧客の絞り込みをおこなうT(ターゲティング)
・対象顧客から見た立ち位置となるP(ポジショニング)
・最後に、マーケティングミックスとなる、4つのPです

本講座では、市場・顧客情報の収集や分析をおこなう、マーケティングリサーチを学習していきましょう。

マーケテイング・リサーチの目的
マーケティングのR-スライド4

まずは、マーケティングリサーチの目的はなにかを、考えていきましょう。

マーケティングリサーチは一般的に、市場・顧客情報の、収集・分析と言われていますが、なぜ、それをしなければならないのでしょうか?

それは、市場や顧客が、本当に必要としているものを、正しく提供・反映させるために、とても重要なのです。

マーケティング・リサーチの2つの方向性
マーケティングのR-スライド5

では、市場や顧客の意見・要望を、正しく反映させるためには、なにが必要でしょうか?

それは、仮説です。

仮説には仮説構築と仮説検証という2つの側面があります。
仮説を立て、その仮説を事実情報で検証することで、仮説は磨かれ、より精緻なものへと進化していきます。

また、段取り八分仕事二分という言葉がある通り、マーケティングリサーチにおいても、段取り、すなわち仮説の良し悪しが、とても重要であり、“使える・生きた調査”が実施出来るかどうかの分かれ道にもなっています。

それでは、次のページから良い仮説を立てるための3C分析を紹介していきます。

ページ:

1

2
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. マーケティングの4つのP マーケティングの4つのP【マーケティングの基礎:第4章】
  2. マーケティングとは マーケティングとは【マーケティングの基礎:第1章】
  3. マーケティングのSTP(後編) マーケティングのSTP(後編)【マーケティングの基礎:第3章】
  4. マーケティングとは マーケティングの基礎講座【講座ナビ】
  5. マーケティングのSTP マーケティングのSTP(前編)【マーケティングの基礎:第3章】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP