部下とのコミュニケーション術

部下との関係性を良くするために(後編)【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第2章】

法人会員プランバナー

後編では、「部下の悩みを積極的に聞き出す努力をしよう」「Iメッセージを積極的に使おう」について解説しています。

第2章:部下との関係性を良くするために(後編)

◆カイゼン講座:チームを活かす部下とのコミュニケーション術◆

職場の成果は、上司と部下がどのような関係性をつくり、どのようにマネジメントするかに懸かっていると言っても過言ではありません。
どのように部下と接したらよいか 迷っている方、部下との接し方を指導したいトップの方等、幅広く学んで頂ける内容となっています。

第1章:部下が育たないのはなぜか?
第2章:部下との関係性を良くするために(前編)
第2章:部下との関係性を良くするために(後編) ⇒ このページはココ
第3章:褒め方と叱り方のポイント※無料一般会員限定
第4章:正しい報連相とは?(前編) ※無料一般会員限定
第4章:正しい報連相とは?(後編) ※法人会員限定
第5章:チームが最大の成果を出すために(前編) ※法人会員限定
第5章:チームが最大の成果を出すために(後編) ※法人会員限定

カイゼンベース(イラスト)

動画講義

3.関係性を良くするために行なう3つのこと

部下の悩みを積極的に聞き出す努力をしよう!第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド5

部下との関係性を良くするために行なう3つのことの2つ目、「部下の悩みを積極的に聞き出す努力をしよう」 について説明します。

多くの場合、部下が悩みを話さないのは、上司が話してしまうからだと言われています。
どうしても上司や先輩は、過去の経験から、話の途中で、「それはね、こういうことなんだよ。だから、こうすべきだよ。」とついつい話してしまう傾向にあります。

あなたが部下だった時に、報告の途中に上司から話を遮られてしまい、結局自分の言いたいことが言えなかったという経験があるのではないでしょうか。

このようなことが続くと、部下の心理としては、「相談しても、どうせ最後まで聞いてくれないから、話しても意味が無い」 と思ってしまうのは当然のことです。
そこで、普段から部下の話や悩みを最後まで聞く機会を、意識的に増やしていくことが必要不可欠なのです。

雰囲気づくりをしていくことが第一歩第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド6

部下の悩みを聞くときの注意点を確認しておきましょう。

悩みを聞くと言っても、「最近どう?何か悩みはない?困っていることはない?」というような大雑把な聞き方ではいけません。

急にこのような聞き方をしてしまうと、部下は「いえ、特にありません。」と答えます。

でも一方で心の中では、「いやいや、悩みなんて話せる雰囲気ではないよ。」と思っていることでしょう。
いくら上司だといっても、大抵の場合、心を開いていない人には自分の悩みを相談することはありません。

こうならないように、最初は気軽に誰でも答えられるような質問から始め、徐々に心を開いてくれるように雰囲気づくりをしていくことが第一歩です。

「今日は昼ごはん何食べた?」等、はじめは本当に気軽なものでいいのです。
焦らずに少しずつ確実に心を開いてくれるように努力をしていきましょう。

Iメッセージを積極的に使おう!第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド8

では最後に、3つ目の 「Iメッセージを積極的に使おう」 について説明します。

人のメッセージには、大きく分けて2種類あります。YOUメッセージとIメッセージです。

YOUメッセージというのは、「あなた」 が主語のメッセージのことを言います。例えば、
「あなたは、仕事が早いね。」
「あなたは、よく頑張ったね。」
「あなたは、今まで一体何をしていたんだ!」
等です。
このように、YOUメッセージとは、あなたは○○だね。と相手を主語にして、観察したことや感じたことを伝えるメッセージです。

一方で、Iメッセージというのは、「わたし」 が主語のメッセージのことを言います。例えば、
「わたしは、君のおかげでとても助かったよ!」
「わたしは、君が手伝ってくれて、すごく嬉しかったよ!」
等です。
このように、Iメッセージとは、発信する人が感じたことや思っていることなど、素直な気持ちを伝えるメッセージです。

YOUメッセージの特徴第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド9

YOUメッセージの特徴を確認しましょう。

YOUメッセージは、発信する側の主観で話しているため、本人は何となく受け入れにくいと感じることがある伝え方です。
例えば、自分では仕事が遅いと思っている人に対して、「あなたは仕事が早いね。」と言われても、全く嬉しくないどころか、「馬鹿にしているのか」と感じてしまうことすらあります。

これでは伝えたい人に、発信する側の意図が十分に伝わりません。
一般的に、YOUメッセージでは、たとえ話し手が意図していなくても、「こうすべきだ」 という断定的な響きや非難のニュアンスが含まれてしまいがちです。
よかれと思って発信したメッセージでも、うまく伝わらない時は、このYOUメッセージを多用しているときかもしれません。

Iメッセージの特徴第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド10

一方で、Iメッセージの特徴はどうでしょうか。
Iメッセージは、相手を「評価」するニュアンスが含まれていないため、相手にとって受け取りやすいという特徴があります。

感情の赴くままに言葉を発してしまうと、YOUメッセージになりやすいため、熱くなったときこそ相手が受け取りやすいIメッセージを積極的に使うようにしましょう!

今一度、上司である方は、自分がYOUメッセージばかりを多用していないか、そして、部下に自分の正直な気持ちをIメッセージで発信出来ているか、振り返ってみましょう。
特に部下を承認したい場合は、このIメッセージは非常に強力な伝達方法です。

今日から毎日1個、Iメッセージを発信してみましょう。

具体例で確認してみましょう!第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド11

ここで、YOUメッセージとIメッセージの違いを具体例で確認してみましょう。

子供が遅く帰ってきた時の、親の発言に関するケースです。
怒りの感情が先走ってしまい、「おまえはこんな遅い時間まで一体何をしていたんだ!」と発言してしまったとします。

このような言い方をされた時の相手の感情は、「うるさい!」「ほっといてくれ!」「関係ないだろ!」というような反発が生まれてしまう可能性があります。
それは、この親の発言に「お前が悪い」という非難のニュアンスがあるからです。

これでは、たとえ当然の指摘をしたとしても、受け手側が素直に受け入れてはくれません。

第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド12
従って、非難ではなく、「(わたしは)何かあったんじゃないか、心配していたよ。」というような、Iメッセージで伝えると上手くいきやすい傾向があります。

このような言い方をされた時の相手の感情は、「次からはもっと早く帰ってこようかな。」「悪かったかな。」というような反省の気持ちになりやすい傾向があります。
それは、親の発言が非難ではなく、心配だったという素直な気持ちだからです。

このような伝え方をすると、きっと相手はあなたのメッセージを素直に受け入れてくれるでしょう。

感謝をすることは相手を肯定すること第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド13

感謝をすることは、相手を肯定することです。

普段の仕事の中でも、上司のあなたが部下を「肯定」してあげれば、部下は 「いつも上司がちゃんと自分を見ていてくれてるんだ」 という安心感を持つことが出来ます。
そしてそれが、もっと頑張ろう! という感情の芽生えに繋がっていきます。

あなたもIメッセージを使って、部下を積極的に肯定してあげましょう。

4.第2章まとめ

価値観の変化を無視してはいけない第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド15

第2章の最後に、決して無視することができない 現代の価値観の変化について押さえ、まとめテストを行ないましょう。

一昔前、会社の目標と個人の目標のベクトルは同じでした。
例えば、利益を上げて大きくするぞ という会社の方向性と、沢山稼いでマイホームを買うぞ 出世して社長になるぞ という社員の夢や野望等は同じベクトルを持つものです。

しかし、現在は全く状況が異なってきています。
例えば、「出世なんてしなくていいから、家族との時間を大切にしたい」という価値観や、「出来れば責任のある立場にはならずに、日々好きな業務を黙々とやっていたい」という想い、「将来独立するために今の仕事をやっている」という考え方など、多岐に渡ります。

従って、「給料を上げれば誰でも頑張るようになる」 といった考え方は、現在では全く通用しません。

社員の数だけ目標や価値観がある第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド15

欲しい物が身の回りにあり、いつでも入手できる現代においては、社員の数だけ目標や価値観があると認識しましょう。

そして、部下が仕事を通じてどのように成長したいと考えているのか、把握をするようにしましょう。

ショートミーティング、面談の時間の設定、日頃のちょっとした会話、飲み会の場での会話、会社イベントの場での会話など、色々な場面で是非あなたの部下の価値観を知る機会を設けるように心掛けていくことが大切なのです。

ただし、あくまでも目標や想いを引き出すことが重要です。
当然ながら、「これを目指すべきだ」 であったり、「俺たちの時代は・・」 という言い方は厳禁です。
それでは、最後に、内容の理解度確認を行ないましょう。

まとめ第2章:部下との関係性を良くするために(後編)-スライド17

第1問、離職率は、職場における何と関係があるでしょうか。

⇒離職率は、職場におけるコミュニケーション量と密接な関係があります。
コミュニケーションの量が増えるほど、離職率は低下していくのです。
部下とのコミュニケーション量を増加させることは、職場の充実感を向上させ、社員にやりがいを持って働いてもらうためにも、非常に重要な上司の仕事となることを認識しておきましょう。

第2問、なぜ部下と失敗談を共有するとよいでしょうか。

⇒失敗談は、部下の共感を生むため、話しやすい関係性をつくる手段の1つです。
また、同じ失敗をしないために、自分はどう行動したら良いかを考えるきっかけになります。

第3問、部下との関係性をよくするためには、YOUメッセージとIメッセージどちらが有効でしょうか。

⇒関係性を良くするには、Iメッセージが有効です。
素直な気持ちを伝えることで、相手が受け取りやすくなります。
毎日1個、Iメッセージを送ることを心掛けていきましょう。


以上で、「チームを活かす部下とのコミュニケーション術 第2章:部下との関係性を良くするために (後編)」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、後編の講義も是非ご覧ください。

法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

カイゼンベースPlusの紹介ページへ

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 第3章:褒め方と叱り方のポイント 褒め方と叱り方のポイント【チームを活かす部下とのコミュニケーショ…
  2. 第1章:部下が育たないのはなぜか? 部下が育たないのはなぜか?【チームを活かす部下とのコミュニケーシ…
  3. 第5章:チームが最大の成果を出すために(後編) チームが最大の成果を出すために(後編)【チームを活かす部下とのコ…
  4. 第4章:正しい報連相とは?(前編) 正しい報連相とは?(前編)【チームを活かす部下とのコミュニケーシ…
  5. 第5章:チームが最大の成果を出すために(前編) チームが最大の成果を出すために(前編)【チームを活かす部下とのコ…
  6. 第5章:チームが最大の成果を出すために(前編) チームを活かす部下とのコミュニケーション術【講座ナビ】
  7. 第2章:部下との関係性を良くするために(前編) 部下との関係性を良くするために(前編)【チームを活かす部下とのコ…
  8. 第4章:正しい報連相とは?(後編) 正しい報連相とは?(後編)【チームを活かす部下とのコミュニケーシ…

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

法人向けサービス:カイゼンベースPlus

PAGE TOP