部下が育たないのはなぜか?【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第1章】

部下が育たないのはなぜか?【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第1章】

部下が育たないのはなぜか?【チームを活かす部下とのコミュニケーション術:第1章】の学習ページです。第1章では、「部下が育たない原因」「行動分析学と職場マネジメント」「部下の育成における基本」等を解説しています。

講座ナビ
第1章:部下が育たないのはなぜか? ⇒ このページはココ
第2章:部下との関係性を良くするために(前編)
第2章:部下との関係性を良くするために(後編) ※無料会員以上限定
第3章:褒め方と叱り方のポイント ※無料会員以上限定
第4章:正しい報連相とは?(前編) ※法人会員限定
第4章:正しい報連相とは?(後編) ※法人会員限定
第5章:チームが最大の成果を出すために(前編) ※法人会員限定
第5章:チームが最大の成果を出すために(後編) ※法人会員限定

カイゼンベースの無料会員登録

「部下が育たないのはなぜか?」動画講義


「部下が育たないのはなぜか?」スライド講義

はじめに

では、本講義の目的を確認しましょう。
普段、部下を持つ職層の皆様は、部下の育成のために、日々色々な取組みをされていると思います。
そんな中で、次の問いについて考えてみましょう。

どんな所を指導したら、部下は育ってくれると思いますか?
なぜ部下を褒めることが大切だと思いますか?
なぜ部下は報連相をしてくれないと思いますか?
チームを活かすために管理者はどんなマネジメントをしなければならないと思いますか?

本講義では、これらのことについて、自分なりの 答えを持つことを目的にしています。
ただ漠然と褒めればよいわけではありません。
しっかりと人間の行動について理解した上で、部下とのコミュニケーションが取れるように学習していきましょう。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド3

1.管理職、リーダー人材の切実な悩みの数々

切実な悩みの数々・・・

はじめに、「管理職、リーダー人材の切実な悩みの数々」を確認していきましょう。

管理職、リーダーの皆さんは、部下の育成において、日々、切実な悩みを抱えていると思います。
例えば、
「思うように人材が育ってくれない」
「いつまでも仕事を覚えてくれない」
「何度言っても、自分が伝えたい内容が伝わらない」
「そのため、ついつい怒鳴りつけてしまう」
「部下のことで、しょっちゅうイライラしている」

等のことを思ったことがある方は、非常に多いのではないでしょうか。

では、部下の育成に苦労している方は、部下が育たないのは、どんなことが原因だと考えているのでしょうか。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド7

このような考え方は今日で忘れよう!

例を挙げていきましょう。

「あいつらが真剣におれの話を聞いていないからだ。」
「あいつらが本気で仕事をしていないからだ。」
「仕事は教えてもらうのではなく、自分で盗んで覚えるものだ。」
と言ったように、部下自身の姿勢のせいにする人もいるでしょう。

「最近の若者はやる気が足りない」と、若者と一括りにしてしまう人もいるでしょう。

部下が育たないのは、「おれの人間力が足りないからだ。」「おれにはカリスマ性がないから部下は付いてこないんだ。」というように、自分の人間性のせいにしてしまう人もいるでしょう。

結論から言うと、これらは全て間違いです。このような考え方は、今日で忘れてしまって大丈夫です。
実務において部下とのコミュニケーションの際に活かせるポイントやコツを、本講座においてしっかりと学習していきましょう。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド8

部下を育てるための行動分析学

では、部下を育てるために、行動分析学をどのように活用していくか、学習していきましょう。

1つ目は、部下が育たない原因について
2つ目は、行動分析学と職場マネジメントについて
3つ目は、部下の育成における基本について

それぞれ説明していきます。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド9

2.部下が育たない原因を知る

教え手が教え方を知らない

まずは、「部下が育たない原因」を確認していきましょう。

部下が育たないのは、必ずしも部下自身の資質に問題があるわけではありません。
多くのケースにおいて、原因は、この1点だと言われています。

それは、教え手が教え方を知らないことです。
教え手というのは、つまり部長や課長のような、上司の立場にある人たちのことです。

なぜ教え手が教え方を知らないことが原因なのか、これを理解するために、「行動分析学」という視点を学んでいきましょう。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド11

3.行動分析学と職場マネジメントを知る

人間の行動を科学的に研究する学問

それでは、「行動分析学と職場マネジメント」について理解を深めていきましょう。

行動分析学とは、人間の行動を科学的に研究する学問のことです。

人がその行動をするのはなぜか。
そして、その行動を変化させるには、どうすればよいか。
これを解明することを目的として、アメリカで古くから研究され、体系化された分野です。

アメリカでは、数えきれないほどの実績があり、日本でも急速に広まってきているマネジメント手法です。
この行動分析学の考え方を実践し、職場の意識が大きく変化した会社もたくさん存在します。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド13

結果や成果を変えたければ、行動を変えるしか方法がない

行動分析学と職場マネジメントには、どのような関係があるのでしょうか。

基本的な考え方として、日々の業務やプロジェクト、改善活動などの結果や成果は、社員 1人ひとりの 行動の集合によって決まります。

従って、行動の集合によって結果や成果が決まってしまう以上は、それを変えたければ、行動を変えるしか方法はありません。

このことが大前提であり、部下の行動に焦点を絞って、コミュニケーション・指導をしていくことで、必ずありたい職場に近づいていきます。

この「行動に焦点を絞る」 というのがポイントです。非常に重要ですので、常に頭の片隅に置いておくようにしましょう。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド14

4.部下の育成における基本を知る

あなたにとって、ありたい職場とは?

次に、「部下の育成における基本」について確認していきましょう。

さて、ここで質問です。
あなたにとって、ありたい職場とはどんな職場ですか?
部下にこうなって欲しい!について、10秒間頭の中でイメージしてみましょう。

・・・

皆さん、様々なありたい職場像を思い浮かべたと思います。
正解はありませんが、恐らく多くの方は、風通しの良い イキイキとした職場をイメージしたのではないでしょうか。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド16

部下の「行動」に焦点を絞る

部下の育成における基本は、部下との関係性をしっかりと築き、部下が個性を活かしつつ、イキイキと仕事が出来る職場をつくることです。

間違っても、部下の心を正し、思い通りの行動をさせることだと思ってはいけません。

部下の「行動」に焦点を絞って職場マネジメントを行ない、イキイキ職場をつくっていきましょう。

第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド17

5.第1章まとめ

第1問、行動分析学とは何でしょうか。
行動分析学とは、人間の行動を科学的に研究する学問のことを言います。人はなぜその行動をするのかを解明すること等を目的として研究されてきた分野です。
第2問、部下が育たない一番の原因は何でしょうか。
それは、教え手が教え方を知らないことです。必ずしも、部下自身の資質に問題があるわけではないことを、しっかりと覚えておきましょう。
第3問、部下の育成における基本は何でしょうか。
部下の行動に焦点を絞って、職場マネジメントを行なうことです。
部下の心を正し、思い通りの行動をさせることではないことを、確実に覚えておきましょう。
第1章:部下が育たないのはなぜか?-スライド19

以上で、「チームを活かす部下とのコミュニケーション術 第1章:部下が育たないのはなぜか?」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

「チームを活かす部下とのコミュニケーション術」では、どのように部下と接したらよいか 迷っている方、部下との接し方を指導したいトップの方等に幅広く学んで頂ける講座です。部下との関係性を良くするために行う3つのことや、正しい報連相をしてもらう為に必要な6つの視点等について学習していきましょう。

講座ナビ
第1章:部下が育たないのはなぜか? ⇒ このページはココ
第2章:部下との関係性を良くするために(前編)
第2章:部下との関係性を良くするために(後編) ※無料会員以上限定
第3章:褒め方と叱り方のポイント ※無料会員以上限定
第4章:正しい報連相とは?(前編) ※法人会員限定
第4章:正しい報連相とは?(後編) ※法人会員限定
第5章:チームが最大の成果を出すために(前編) ※法人会員限定
第5章:チームが最大の成果を出すために(後編) ※法人会員限定

カイゼン講座一覧のページへ戻る

カイゼンベースの法人向けサービス

 
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG