マネジメントの基礎知識

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。このページでは、「欲求5段階とは何か」、「ポイントは何か」について解説しています。

マズローの欲求5段階説2 Kaizen Base カイゼンベース

マズローの欲求5段階説 目次

1.マズローの欲求5段階説とは?
2.欲求の5段階とは
3.マズローの欲求5段階説のポイント

動画講義

学習スタート!

目次

本講義では、次の3項で学習を進めていきます。
1.マズローの欲求5段階説とは?
2.欲求5段階説について
3.マズローの欲求5段階説のポイント

1.マズローの欲求5段階説とは?

人間の欲求を5段階の階層で理論化したもの
マズローの欲求5段階説7

マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求を5段階の階層で理論化したもので、自己実現理論とも呼ばれます。
アメリカの心理学者である アブラハム・マズローが提唱した理論です。マズローは、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである。」という仮定の下、「人間の欲求は、5段階のピラミッドのように構成されており、低い階層の欲求が満たされると、より高い階層の欲求を欲するようになる。」と説明しました。

この理論は、経営者はもちろん、部下を持つマネージャーには、当然知っていてほしい理論です。

2.欲求の5段階とは

人間の欲求は、下位の低次の欲求が満たされると上位の高次の欲求へ上がっていく
マズローの欲求5段階説14

では次に、欲求の5段階とは何か、説明していきましょう。このピラミッドが、マズローが言う 欲求の5段階になります。
一番下の階層の「生理的欲求」からはじまり、「安全の欲求」「社会的欲求」「承認の欲求」「自己実現の欲求」 というように、
人間の欲求は、下位の低次の欲求が満たされると、上位の高次の欲求へ上がっていきます。
では、それぞれの欲求について説明していきましょう。

まず、一番下位の欲求である、生理的欲求についてです。
生命維持のために食べたい、飲みたい、眠りたい等の根源的な欲求のことをいいます。
職場に当てはめると、「生活できる分の給料や 生存を脅かさない労働環境」を確保したい、という欲求のことです。

この生理的欲求が満たされると、安全の欲求に移ります。
安全の欲求とは、安全な環境にいたい、経済的に安定していたい、良い健康状態を維持したい 等の欲求のことです。
職場に当てはめると、「適正な労働条件、健康を害さない労働環境、法令が順守できている環境」を確保したい、等の欲求です。

そして、安全の欲求が満たされると、社会的欲求に移ります。
社会的欲求とは、家族・集団をつくり、どこかに所属しているという満足感を得たいという欲求のことです。親和の欲求とも言います。
職場に当てはめると、「組織に仲間として受け入れてほしい、相談できる上司や同僚がいてほしい、信頼できる経営者でいてほしい」 等の欲求になります。

そして、社会的欲求が満たされると、承認の欲求へ移ります。
承認の欲求とは、自分が集団から存在価値を認めてもらい尊重されたいという欲求のことです。自我の欲求とも言います。
職場に当てはめると、「仕事で達成感を得たい、仕事で認めてもらいたい、適正な評価をしてもらいたい等の欲求になります。

そして、承認の欲求が満たされると、自己実現の欲求へ移ります。
自己実現の欲求とは、自分の持つ能力や可能性を 最大限に発揮したいという欲求のことです。
職場に当てはめると、「自分の力を発揮して 会社のミッション達成に貢献したい、自分の夢を実現して世の中の発展に貢献したい」 等の欲求です。
この自己実現の欲求のレベルの人物となると、会社として対応出来ることはあまり多くはありません。

ページ:

1

2
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP