物流改善

第1章:構内物流の機能と役割

構内物流の機能と役割【構内物流改善の進め方:第1章】

会社全体の収益向上に貢献するために、どのような考え方、方向性で構内物流改善を進めていけばよいのかを解説しています。

◆カイゼン講座:3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方◆

会社全体の収益向上に貢献するために、どのような考え方、方向性で構内物流改善を進めていけばよいのかを学習することができます。実践で役立つ基礎知識をしっかりと学習していきましょう。

第1章:構内物流の機能と役割 ⇒ このページはココ
第2章:構内物流改善のステップ
第3章:構内物流の第1の役割と改善の進め方(前編) ※無料会員限定
第3章:構内物流の第1の役割と改善の進め方(後編) ※無料会員限定
第4章:構内物流の第2の役割と改善の進め方(前編) ※法人会員限定
第4章:構内物流の第2の役割と改善の進め方(後編) ※法人会員限定
第5章:構内物流の第3の役割と改善の進め方(前編) ※法人会員限定
第5章:構内物流の第3の役割と改善の進め方(後編) ※法人会員限定

本講座の監修者

本講座は、物流改善の専門家、Kein物流改善研究所とカイゼンベースの協働制作講座となります。監修したKein物流改善研究所 仙石惠一先生のプロフィールはこちらから確認しましょう!


カイゼンベース(イラスト)

カイゼンベースの無料会員登録


動画講義

はじめに

工場長になったつもりで考えてみましょう第1章:構内物流の機能と役割-スライド3

はじめに、あなたへ質問です。工場長になったつもりで考えてみましょう。

自動車部品を製造するA社は、全社的な生産改革と一環として、構内物流改善に取り組むことに方針が決まりました。
この時、物流部門が最初に取り組むべき物流改善の課題として、工場長が指示すべき項目は次の内のどれでしょうか。

  1. 今までやってきた物流作業を5%の人員を無条件で抜いて実施してみる。
  2. 一週間かけて物流工数が削減できるアイテムを発掘し、それを1つずつ潰していく。
  3. 物流工数には手をつけず、生産ラインへのサービス水準を高め、ライン作業の効率化に貢献させる。

正解は・・・第1章:構内物流の機能と役割-スライド4

それでは答えです。

「③ 物流工数には手をつけず、生産ラインへのサービス水準を高め、ライン作業の効率化に貢献させる」ことが正解です。

①や②を選ばれた方も多かったのではないでしょうか。
確かにこれらも物流改善を進めるにあたり必要な手法です。

しかし、物流改善には順番があるのです。
初めて物流改善に取り組む際には、まず生産ラインの徹底した効率化に寄与することが重要となります。

なぜこれが重要なのでしょうか。その理由を、本講座で学んでいきましょう。

1.構内物流とは

構内物流とは何か第1章:構内物流の機能と役割-スライド8

まずは、「構内物流とは」何か、確認しましょう。

生産工場における物流の流れは、「調達物流」として、資材・部品サプライヤーから調達を行ない、物流基地にモノが保管されます。
物流基地では、モノの状態によって、荷姿変換も行なわれます。

そして、物流基地に保管されたモノは、生産管理の指示によって、生産ラインに供給・運搬されます。

生産ラインで造られた製品は、物流管理として引き取られ、物流基地に保管されます。
物流基地では、モノの状態によって、荷姿変換、梱包、荷揃えが行なわれます。

最終的に、「販売物流」により得意先へ輸送されます。

この流れにおいて、この赤枠で囲った部分が、構内物流の範囲となります。

構内物流の仕事第1章:構内物流の機能と役割-スライド9

構内物流は、工場内物流、場内物流、マテハンとも呼ばれます。
本講座では、構内物流と呼ぶことにします。

構内物流の仕事を確認しましょう。

  • モノの入庫、保管、出庫
  • モノの運搬、ライン供給
  • 出荷のための荷揃え、準備
  • 容器管理、物流機器管理
  • 在庫管理、生産管理、出荷管理、納入管理

これらのことが、物流管理の仕事の主なものになり、一言で表すと、「工場の運営を円滑に進めるために、工場内に“モノ”と“情報”を届ける仕事」と言えます。

2.構内物流改善の実態

首を傾げたくなる事例が多数・・・第1章:構内物流の機能と役割-スライド11

それでは次に、「構内物流改善の実態」について確認します。

実は、工場における構内物流改善では、首を傾げたくなる事例が多数存在します。

一昔前と比べると、物流作業者の少人数化等、「物流を行う側」は効率化されている会社が多くあります。

しかし、その影響が悪い形で生産ラインに出てしまっているケースが多々あるのです。

間違った物流効率化の影響第1章:構内物流の機能と役割-スライド12

あなたの工場では、物流自体が効率化された結果、次のような「悪さ」が生産ラインに現れてはいないか、一緒に確認してみましょう。

  • ラインサイドに仮置きされた資材を、ライン作業者が生産を中断してラインに投入している
  • ライン作業者が資材を容器から取り出す時に、梱包材を取り除く手間が掛かっている
  • 今必要ではない種類の資材がラインに供給されており、取出し時に「迷い」が発生している
  • 今必要ではない数量の資材がラインに供給されており、つくり過ぎの要因になっている
  • ライン内に溜まった空容器を、ライン作業者が生産を中断してライン外へ搬出している
  • ラインに届けられた折り畳んだままの完成品容器を、ライン作業者が生産を中断して組み立てている
  • 資材や完成品容器がタイムリーに供給されず、生産が中断しライン作業者の手待ちを発生させている

いかがでしょうか。思い当たる節があったのではないでしょうか。

このような状態が発生しているのであれば、あなたの工場では、正しい構内物流改善が行なわれていません。
今一度、正しい構内物流改善の進め方を押さえていきましょう。

3.構内物流が果たすべき3つの役割

構内物流の役割は?第1章:構内物流の機能と役割-スライド14

それでは、「構内物流の果たすべき3つの役割」を確認します。

実は、工場の管理者に構内物流の役割は何かと質問すると、「地点から地点へとモノを運搬する運送業」である、という回答が返ってくることがあります。

残念ながら、これは、非常に狭いスコープでの構内物流にしか過ぎません。

物流=運搬という固定観念にとらわれ、仕事の領域を狭めてしまっている会社があまりにも多いのが実情です。
構内物流はもっと幅広く仕事をさせるべきものなのです。

それでは、構内物流を考える上で重要な、3つの役割を押さえておきましょう。

サービス業としての役割第1章:構内物流の機能と役割-スライド15

構内物流が果たすべき1つ目は、「サービス業としての役割」です。

工場は、ものづくりをすることで価値を生みます。
従って、生産ラインがそのものづくりに集中し、極限まで生産性と品質を向上できる環境の整備が必要です。

そうです。つまり、生産ラインの付加価値向上に寄与することこそが、構内物流の本来の役割なのです。

生産ラインのあるべき姿第1章:構内物流の機能と役割-スライド16

では、その機能を果たすために、構内物流としてどのような仕事をしていくべきでしょうか。

これを明確化するために、生産ラインの「あるべき姿」を考えてみましょう。
生産ラインはモノを加工することによって付加価値を生み出すので、ムダを排除することが付加価値を高めることになります。

つまり、生産ラインでは、作業者はモノを取って機械にセットし、起動をかけ、加工完了品を指定場所に置く、という動作に特化することが、“あるべき姿”なのです。

実際には・・・第1章:構内物流の機能と役割-スライド17

しかし、実際には、この単純な一連の動作の中にも、さまざまなムダが含まれているのです。

例えば、ラインサイドに供給された複数の資材の中から今必要なものを探す動作、これはムダの一種です。
容器から取り出す動作に手間取ってしまっても、ムダが発生していることになります。
また、空になった容器を置き場に持って行き、戻ってくる動作や、加工完了品を入れる容器を手元に引き寄せる動作にも、ムダが含まれています。
さらに、機械から完成品を取り出して整列させながら容器に入れたり、その容器を完成品置き場まで持って行く動作も、広い視点で見るとムダの一種となります。

構内物流=サービス業第1章:構内物流の機能と役割-スライド18

このようなムダの発生により、生産ラインの作業者の価値作業である“加工”は、全体の3割に過ぎない工場も数多く存在するのです。

今回の例で構内物流がすべきこととしては、「資材を生産ラインが使いやすいように生産順に供給」し、「完成品や空容器をタイムリーに回収する」ことで、作業者が価値作業に集中出来る環境を作り上げることになります。

構内物流にとって生産ラインは最大のお客様です。そのお客様が喜ぶような商品を提供することこそが最大の役割です。

構内物流は、サービス業であることを、今一度しっかりと認識するようにしましょう。

司令塔としての役割第1章:構内物流の機能と役割-スライド19

構内物流が果たすべき2つ目は、「司令塔としての役割」です。

このことの重要性は、誰しも感覚的にはわかってはいても、実際にその役割を正しく理解し実行できていないのではないでしょうか。
構内物流は、工場内の血管として、工場内に栄養分を行き渡らせる役割を果たさなければいけません。

つまり、途中で詰まったり、流れが悪くなることなく、必要な時、必要な場所に、必要な分だけ、淀みなく流れるようにすることが、構内物流の第2の役割なのです。

効率的物流を実施する役割第1章:構内物流の機能と役割-スライド20

構内物流が果たすべき3つ目は、「効率的物流を実施する役割」です。

まずは、工場内でモノの移動を極力発生させないように、工程を工夫していく必要があります。
モノの移動が無い理想状態を目指していきましょう。

また、どうしても工場内でモノの移動が発生してしまう場合には、それを極力効率的に運べないか考えることが大切です。

以上のような物流作業改善は、IE,インダストリアルエンジニアリングの視点を使って、改善を進めていきましょう。

正しいステップで構内物流改善活動に取り組む第1章:構内物流の機能と役割-スライド21

以上の3つが構内物流が果たすべき3つの役割となります。

これら3つの役割をベースとして、正しいステップで構内物流改善活動に取り組むことで、会社全体の収益向上に貢献することが可能となります。

第2章からは、構内物流が果たすべき「3つの役割」は、具体的にどのような形で向上させていくのかを学習していきます。

4.第1章まとめ

第1章:構内物流の機能と役割-スライド23

では最後に、第1章のまとめをしましょう。

第1問、構内物流はどんな仕事でしょうか。

⇒構内物流は、工場の運営を円滑に進めるために、工場内に“モノ”と“情報”を届ける仕事です。

第2問、構内物流改善の実態として挙げられる悪い事例はどのようなものでしょうか。

⇒「物流を行う側」だけが効率化され、その影響が悪い形で「生産ライン」に出てしまっているケースです。
物流のことだけを考えた活動になってしまい、本来の役割を果たせていない活動になっていないか、今一度考えてみる必要があります。

第3問、構内物流が果たすべき3つの役割とは何でしょうか。

⇒サービス業としての役割、司令塔としての役割、効率的物流を実施する役割の3つです。
第2章以降で、これらの役割の詳細を学習していきましょう。


以上で、「3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方 第1章:構内物流の機能と役割」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

詳細はこちら

本講座の監修者

本講座は、物流改善の専門家、Kein物流改善研究所とカイゼンベースの協働制作講座となります。監修したKein物流改善研究所 仙石惠一先生のプロフィールはこちらから確認しましょう!



法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

詳細はこちら

カイゼンベースの無料会員登録
講座を監修している専門家に企業内研修の講師を依頼しませんか?

企業内研修では、ワークショップ形式での学習や、
より具体的な実例による実践型の学習が可能です。

パンフレットを見る

お問い合わせ

企業内研修に講師を呼ぼう!

関連記事

  1. 第3章:構内物流の第1の役割と改善の進め方(後編)

    構内物流の第1の役割と改善の進め方(後編)【構内物流改善の進め方:第3…

  2. 第5章a:構内物流の第3の役割と改善の進め方(前編)

    構内物流の第3の役割と改善の進め方(前編)【構内物流改善の進め方:第5…

  3. 第3章:構内物流の第1の役割と進め方(前編)

    構内物流の第1の役割と改善の進め方(前編)【構内物流改善の進め方:第3…

  4. 第5章:構内物流の第3の役割と改善の進め方(後編)

    構内物流の第3の役割と改善の進め方(後編)【構内物流改善の進め方:第5…

  5. 第4章:構内物流の第2の役割と改善の進め方(前編)

    構内物流の第2の役割と改善の進め方(前編)【構内物流改善の進め方:第4…

  6. 第2章:構内物流改善のステップ

    構内物流改善のステップ【構内物流改善の進め方:第2章】

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報





PAGE TOP

生産管理

【教育資料ダウンロード】納期遵守率を向上させる!実務における工程管理

実務で使えるツール集

流動線図とは【カイゼン用語】

流動線図とは(カイゼン用語)

実務で使えるツール集

運搬経路分析とは【カイゼン用語】

運搬経路分析とは(カイゼン用語)

実務で使えるツール集

工程分析とは【カイゼン用語】

工程分析とは(カイゼン用語)

実務で使えるツール集

稼働分析とは【カイゼン用語】

稼働分析とは(カイゼン用語)