改善活動全般

第2章:改善活動の考え方と進め方

改善活動の考え方と進め方【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第2章】

第2章では、改善活動の2つのアプローチである日常改善・目標設定型改善の違いやサイクル、改善活動を行なう上での心得等について解説をしています。

◆カイゼン講座:改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編◆

改善活動では、カイゼンの基本、基礎知識を確実に理解した上で活動をすることで、より大きな成果を獲得することが可能です。
本講座では、「問題と課題」「QCD」「三現主義、5ゲン主義」「5W2H」「PDCAサイクル」等、ビジネスマンとしては当然知っていなければいけない考え方・知識を確実に習得していきましょう。

第1章:企業活動のキホン
第2章:改善活動の考え方と進め方 ⇒ このページはココ
第3章:問題と課題の違い
第4章:生産管理の3要素「QCD」とは
第5章:三現主義、5ゲン主義とは
第6章:5W2Hとは
第7章:PDCAサイクルとは

カイゼンベース(イラスト)

カイゼンベースの無料会員登録

動画講義

1.改善活動のキホン

経営成果に繋げる改善活動の考え方と進め方-スライド5

改善活動のキホンは、「問題に気付く」 という問題意識と、「自身にもその責任の一端があると考える」 当事者意識を持ち、自主・自律的に行動することで、経営成果につなげる事です。

改善活動では、問題を改善するという行動を行ないますが、問題を見つけることで改善に繋がり、経営成果を獲得できます。

そして、改善をすることで、更に次の問題に気付くという意識改革が促されます。

このサイクルを繰り返し回していくことで、経営成果、意識改革を継続的に獲得していくことこそが改善活動です。

2.改善活動の2つのアプローチ

日常改善と目標設定方改善改善活動の考え方と進め方-スライド7

生産活動の中には、やりにくい、ルールが曖昧、ルールを守らない、ダラリ作業などにより、本来あるべき水準より現状が低下してしまっていることが通常です。

この状態に対して、1つ目のアプローチは日常改善です。
日常改善は、マンネリを打破する、抵抗勢力を説得する、当事者意識を促す、気付きを連鎖させる等のことを行ない、本来あるべき水準へ上昇させる活動です。
この日常改善では、全員参加で進めることが必須となります。

そして、もう1つのアプローチは、目標設定型改善です。
目標設定型改善では、近い将来ありたい水準へ向かって、MUST思考で考え、継続的にPDCAを回しながら進める活動です。
ありたい姿のために、今何をすべきなのか、どうやって既存の壁を破っていくのかを考え大胆に推進していくことが鍵になります。

日常改善を継続することで、現場力の向上に繋がり、目標設定型改善が成功していくことで、成果の獲得に繋がっていくのです。

3.日常改善と目標設定型改善の違い

全員参加型とプロジェクト型改善活動の考え方と進め方-スライド9

日常改善と目標設定型改善の違いをまとめたのがこちらの表です。

それぞれの違いを確認しましょう。

活動方針改善活動の考え方と進め方-スライド10

まず、活動方針に関しては、日常改善は全員参加型であり、目標設定型改善はプロジェクト型で進めます。

日常改善が全員参加で問題を見つけ改善するのに対し、目標設定型改善はプロジェクトメンバー中心にありたい姿を描き、改善を進めるという違いがあります。

考え方・狙い改善活動の考え方と進め方-スライド11

次に、考え方・狙いの違いです。

日常改善は、「やりにくい、わかりにくいを撲滅する。即実践、即体感。小さな改善を数多く繰り返し、成果を積み上げる。」という特徴があります。

一方で、目標設定型改善は、「大きな改善を行ない経営成果に直結させる。目標に対して、何をすれば達成するかをブレイクダウンする。」という考え方で進めていきます。

進め方改善活動の考え方と進め方-スライド12

次に、進め方の違いについてです。

日常改善では、日々の気付きを全員で挙げることが重要です。

目標設定型改善では、PDCAを繰り返し、諦めずにやり抜くことが大切です。

人材育成と職場風土改善活動の考え方と進め方-スライド13

最後に、人材育成と職場風土に関してです。

日常改善では、

  • 日々問題意識を持つ癖を付け、改善マインドを上げること。
  • 当事者意識を持つこと。
  • リーダーは現地現物で問題をさばく力を付けること。
  • 職場コミュニケーションを良くし何でも相談できる風土をつくること。

これらのことを重視していきます。

一方で、目標設定型改善では、

  • 具体的に事実を掴む力を向上させること。
  • 原因を掘り下げ、原理原則で分析的に考える力を向上させること。
  • リーダーシップを発揮すること。
  • 既存の発想の枠を超えたアイデアを創出すること

等も狙いとなります。

4.日常改善と目標設定型改善のサイクル

どうサイクルを回すか改善活動の考え方と進め方-スライド15

続いて、日常改善と目標設定型改善のサイクルについてです。

日常改善では、生産活動を起点として、「やりにくい、わかりにくい」等の気付きを発掘します。
そして、その中から問題を抽出し、なぜなぜ思考で真因を特定していきます。
そして、真因に対してどのような方法で対策を実施するかを検討し、実行するというプロセスを繰り返します。

目標設定型改善では、生産活動の中から、大きく改善したい対象を選定します。
そして、問題解決の8ステップの通り、テーマ選定、問題のブレイクダウン、目標設定、真因分析、計画立案、対策実行、評価、標準化を行ないます。

これらのサイクルで改善活動を回すことで、日常改善で現場の基礎力を鍛え、目標設定型改善で成果を出すことができるのです。

5.改善活動の心得

行動しなければ何も起こらない改善活動の考え方と進め方-スライド17

改善を進める際のポイントは、「出来ることから始めること」です。
一般に、改善テーマのレベルは、この表のように、改革、改善、改良の3つに分類されます。

「無くす」という方向性で行なった改革での効果は100
「減らす」という方向性で行なった改善での効果は10
「変える」という方向性で行なった改良での効果は1

と言われています。

しかし、ハードルが高い改革レベルのテーマを1個だけ実施するよりも、改良レベルのテーマを100個実行したほうが現場力が向上すると言われています。
さらに、改良、改善レベルのテーマを積み重ねて現場力が向上した職場は、改革レベルのテーマも成功する可能性が飛躍的に高まると言われています。

当然ながら、改革レベルの大きな改善も実施しなければいけませんが、まずは出来る事から始め、改良レベルのテーマを日々積み重ねることも非常に大切なのです。

行き詰ったら振り返る改善活動の考え方と進め方-スライド18

それでは、改善活動の心得を確認しましょう。

まず第一に、楽しくやりましょう。

出てきたアイデアを否定しないようにしましょう。

「できない、ムリだ、難しい」という固定観念を取り除き、「必ずできる」という前向きの意識を持ちましょう。

現状にとらわれず柔軟に発想し、出来る条件は何かを考えましょう。

一人で抱え込まず、多くの人の知恵を結集させましょう。

何より自分のためにやりましょう!

これらは当たり前のことですが、マンネリ化したり追い詰められた時はついつい忘れてしまうことがあります。

行き詰ったら振り返るようにしましょう。

5.第2章まとめ

改善活動の考え方と進め方-スライド20

第1問、改善活動では、問題意識と何を持つ必要があるでしょうか。

⇒ 当事者意識を持って、活動を行なわなければいけません。
他人事ではなく、自分自身にも問題の責任の一端があると考えて前向きに取り組んでいきましょう。

第2問、改善活動の2つのアプローチは何と何でしょうか。

⇒ 日常改善と目標設定型改善です。

第3問、日常改善では何を鍛え、目標設定型改善で何を出すでしょうか。

⇒ 日常改善では、現場の基礎力を鍛えます。
そして、目標設定型改善では、生産性向上等の具体的な成果を狙っていきます。


以上で、「改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第2章:改善活動の考え方と進め方」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。


法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

詳細はこちら

カイゼンベースの無料会員登録
講座を監修している専門家に企業内研修の講師を依頼しませんか?

企業内研修では、ワークショップ形式での学習や、
より具体的な実例による実践型の学習が可能です。

パンフレットを見る

お問い合わせ

企業内研修に講師を呼ぼう!

関連記事

  1. 【教育資料ダウンロード】改善活動の基礎講座 ~カイゼンの基本編~

  2. 第6章:5W2Hとは

    5W2H(5W1H)とは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第6章…

  3. 第5章:三現主義、5ゲン主義とは

    三現主義、5ゲン主義とは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第5章…

  4. オズボーンのチェックリストとは2

    オズボーンのチェックリストとは

  5. 第4章:生産管理の3要素「QCD」とは

    生産管理の3要素「QCD」とは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:…

  6. 第2章:改善活動の考え方と進め方

    改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~【講座ナビ】

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報





PAGE TOP

生産管理

【教育資料ダウンロード】納期遵守率を向上させる!実務における工程管理

実務で使えるツール集

流動線図とは【カイゼン用語】

流動線図とは(カイゼン用語)

実務で使えるツール集

運搬経路分析とは【カイゼン用語】

運搬経路分析とは(カイゼン用語)

実務で使えるツール集

工程分析とは【カイゼン用語】

工程分析とは(カイゼン用語)

実務で使えるツール集

稼働分析とは【カイゼン用語】

稼働分析とは(カイゼン用語)