改善活動の基礎講座 ~カイゼンの基本編~

三現主義、5ゲン主義とは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第5章】

現代では、三現主義だけでは不十分で、5ゲン主義で行動する必要があります。第5章では、三現主義、5ゲン主義とは何か、どのような考え方なのか解説をしています。

第5章:三現主義、5ゲン主義とは

◆カイゼン講座:改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編◆

改善活動では、カイゼンの基本、基礎知識を確実に理解した上で活動をすることで、より大きな成果を獲得することが可能です。
本講座では、「問題と課題」「QCD」「三現主義、5ゲン主義」「5W2H」「PDCAサイクル」等、ビジネスマンとしては当然知っていなければいけない考え方・知識を確実に習得していきましょう。

第1章:企業活動のキホン
第2章:改善活動の考え方と進め方
第3章:問題と課題の違い
第4章:生産管理の3要素「QCD」とは
第5章:三現主義、5ゲン主義とは ⇒ このページはココ
第6章:5W2Hとは
第7章:PDCAサイクルとは

第5章:三現主義、5ゲン主義とは 目次

  1. 三現主義とは
  2. 5ゲン主義とは
  3. こんな時は5ゲン主義で行動しよう!
  4. 第5章まとめ

動画講義

学習スタート!

目次第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド3

第5章では、下記の順番で学習を行ないます。

1.三現主義とは
2.5ゲン主義とは
3.こんな時は5ゲン主義で行動しよう!
4.第5章まとめ

1.三現主義とは

机上の空論ばかりの議論ではダメ!第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド5

まずは、三現主義とは何か確認しましょう。

三現主義とは、3つの“現”を大事にする考え方です。

3つの“現”とは、現場、現物、現実の3つです。

必ず現場に足を運び、必ず現物を手に取り、現実を自分の目で見て確認する。
仕事、問題解決においては、この考え方が非常に大切です。

机上の空論ばかりの議論ではいけません。
必ず三現主義で問題解決を図るようにしていきましょう。

三現主義で行動出来ていますか?第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド6

机に向かっているだけでは何も見えてきません。

データだけでは、見えてこないことがあります。判断を間違えることもあります。

現場に行って、現物を手に取り、現実を直視することで、いつも的確に問題を捉えることが出来る。
これが問題解決の大事なプロセスなのです。

三現主義は、「少し知識があるからと言って、アタマでっかちにならず、現状をしっかりと直視しなさい」という大事な教訓です。

あなた自身は三現主義で行動出来ていますか?
今一度自分の行動を振り返ってみましょう。

2.5ゲン主義とは

三現主義だけでは不十分第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド8

次に、5ゲン主義について確認します。

現代では、実は三現主義だけでは不十分で、5ゲン主義で行動する必要があります。

5ゲン主義とは、現場、現物、現実の三現主義に、原理、原則を加えた考え方です。

原理とは、物事を成り立たせる法則や、それを起こすメカニズム等のことを言います。

原則とは、多くの場合に当てはまる物事の決まりや規則のことを言います。

原理原則通りに物事が進まないと、付加価値を生み出すことができない第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド9

5ゲン主義では、三現主義で問題に向かう気持ちを持ち、「原理」から外れている事柄は無いか、「原則」と異なることが発生していないか、という視点で物事を捉えることが大切です。

5ゲン主義で問題解決に臨むことで初めて、現場に役立つ根本対策を打つことが出来るようになります。

仕事では、原理原則通りに物事が進まないと、付加価値を生み出すことができません。

原理原則で考えるプロセスを何度も繰り返し、問題解決力を育て、付加価値を生み出していきましょう。

3.こんな時は5ゲン主義で行動しよう!

日々の自分の行動を振り返ろう第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド11

それでは、どんな時に5ゲン主義で行動しなければいけないか、確認しましょう。

例えば、現場から不良品発生の連絡があった時。
必ず三現主義でモノを確認し、原理原則で問題を明確化していくことが求められます。

また、現場で取得しているデータがいつもと違う傾向を示した時。
必ず三現主義で実際に発生している状況を確認し、原理原則からのズレがないか調査をするようにしましょう。

そして、品質改善テーマに取り組む時。
過去の経験やデータだけを使って机上で議論をするだけではなく、5ゲン主義で解決に向けて取り組むことが必要です。

今の日々の自分の行動を振り返り、不足していたらすぐに改善をしていきましょう。

4.第5章まとめ

確実に覚えよう!第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド13

第1問、三現主義とは何でしょうか。

⇒必ず現場に足を運び、必ず現物を手に取り、現実を自分の目で見て確認する考え方のことです。

第2問、5ゲン主義とは何でしょうか。

⇒三現主義に加え、原理原則で物事を捉えることです。

第3問、なぜ5ゲン主義で問題解決を行なう必要があるでしょうか。

⇒5ゲン主義で問題に向かうことで初めて、現場に役立つ根本対策を打つことが出来るからです。
5ゲン主義で行動することで、付加価値を生む時間が増え、問題解決力を育てることに繋がります。


以上で、「改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第5章:三現主義、5ゲン主義とは」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

カイゼンベースPlusで、講座の全章を学習しよう!

法人向けサービス:カイゼンベースPlusでは、この講座の全章を学習することができます。 「分かり易い内容」、「集合研修に最適」、「お求め安い価格」と評判のカイゼンベースの講座を、是非この機会にご活用ください!

カイゼンベースPlusの価格表を見る


eラーニングで学習する
eラーニングで
学習する
ストリーミング再生で学習する
ストリーミング再生で
学習する
DVD/動画ダウンロードで学習する
DVD/動画ダウンロードで
学習する

監修している先生を企業内研修の講師に呼ぼう!

この講座を監修している専門家・コンサルタントに企業内研修の講師を依頼しませんか?
企業内研修では、ワークショップ形式での学習や、より具体的な実例による実践型の学習が可能です。

企業内研修のパンフレットを見る

お問い合わせはこちらから

企業内研修に講師を呼ぼう!
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 3M(ダラリ)とは2 Kaizen Base カイゼンベース 3M(ダラリ)とは
  2. 第2章:改善活動の考え方と進め方 改善活動の考え方と進め方【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:…
  3. 第1章:企業活動のキホン 企業活動のキホン【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第1章】…
  4. 第3章:問題と課題の違い 問題と課題の違い【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第3章】…
  5. 第7章:PDCAサイクルとは PDCAサイクルとは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第7…
  6. 第4章:生産管理の3要素「QCD」とは 生産管理の3要素「QCD」とは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基…
  7. オズボーンのチェックリストとは2 オズボーンのチェックリストとは
  8. 第6章:5W2Hとは 5W2H(5W1H)とは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:…

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP