第5章:三現主義、5ゲン主義とは

三現主義、5ゲン主義とは【改善活動の基礎講座-カイゼンの基本編:第5章】

本ページは、講座「k-001:改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第5章:三現主義、5ゲン主義とは」の学習ページです。現代では、三現主義だけでは不十分で、5ゲン主義で行動する必要があります。第5章では、三現主義、5ゲン主義とは何か、どのような考え方なのか解説をしています。

講座ナビ
第1章:企業活動のキホン方
第2章:改善活動の考え方と進め方
第3章:問題と課題の違い
第4章:生産管理の3要素「QCD」とは
第5章:三現主義、5ゲン主義とは ⇒ このページはココ
第6章:5W2Hとは
第7章:PDCAサイクルとは

カイゼンベースの無料会員登録

無料会員以上限定!PowerPointスライドダウンロード

講義のポイントとなるPowerPointスライドをダウンロード出来ます。無料会員以上限定機能です。

三現主義とは
5ゲン主義とは
コンテンツ利用規約に同意してダウンロードする。無料会員に登録すると、ココにダウンロードボタンが表示されます。
カイゼンベースの無料会員登録

人気記事

若手社員がイキイキと働けるような環境づくりの一端を担うはずの「教育」。会社として教育の全体像が描かれていないため、多くの企業では「点」の教育しか行えていないのが実態です。なぜ教育が活性化しないのか、その答えの1つに体系化があります。本コラムでは、製造業をはじめとした多くの企業における共通の課題である「教育の体系化」について、多くの企業でやりがちな失敗例と具体的な進め方について紹介しています。

IMG

「三現主義、5ゲン主義とは」動画講義


人気記事

若手社員がイキイキと働けるような環境づくりの一端を担うはずの「教育」。会社として教育の全体像が描かれていないため、多くの企業では「点」の教育しか行えていないのが実態です。なぜ教育が活性化しないのか、その答えの1つに体系化があります。本コラムでは、製造業をはじめとした多くの企業における共通の課題である「教育の体系化」について、多くの企業でやりがちな失敗例と具体的な進め方について紹介しています。

IMG

「三現主義、5ゲン主義とは」スライド講義

1.三現主義とは

机上の空論ばかりの議論ではダメ!

まずは、三現主義とは何か確認しましょう。

三現主義とは、3つの“現”を大事にする考え方です。

3つの“現”とは、現場、現物、現実の3つです。

必ず現場に足を運び、必ず現物を手に取り、現実を自分の目で見て確認する。
仕事、問題解決においては、この考え方が非常に大切です。

机上の空論ばかりの議論ではいけません。
必ず三現主義で問題解決を図るようにしていきましょう。

第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド5

三現主義で行動出来ていますか?

机に向かっているだけでは何も見えてきません。

データだけでは、見えてこないことがあります。判断を間違えることもあります。

現場に行って、現物を手に取り、現実を直視することで、いつも的確に問題を捉えることが出来る。
これが問題解決の大事なプロセスなのです。

三現主義は、「少し知識があるからと言って、アタマでっかちにならず、現状をしっかりと直視しなさい」という大事な教訓です。

あなた自身は三現主義で行動出来ていますか?
今一度自分の行動を振り返ってみましょう。

第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド6

2.5ゲン主義とは

三現主義だけでは不十分

次に、5ゲン主義について確認します。

現代では、実は三現主義だけでは不十分で、5ゲン主義で行動する必要があります。

5ゲン主義とは、現場、現物、現実の三現主義に、原理、原則を加えた考え方です。

原理とは、物事を成り立たせる法則や、それを起こすメカニズム等のことを言います。

原則とは、多くの場合に当てはまる物事の決まりや規則のことを言います。

第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド8

原理原則通りに物事が進まないと、付加価値を生み出すことができない

5ゲン主義では、三現主義で問題に向かう気持ちを持ち、「原理」から外れている事柄は無いか、「原則」と異なることが発生していないか、という視点で物事を捉えることが大切です。

5ゲン主義で問題解決に臨むことで初めて、現場に役立つ根本対策を打つことが出来るようになります。

仕事では、原理原則通りに物事が進まないと、付加価値を生み出すことができません。

原理原則で考えるプロセスを何度も繰り返し、問題解決力を育て、付加価値を生み出していきましょう。

第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド9

3.こんな時は5ゲン主義で行動しよう!

日々の自分の行動を振り返ろう

それでは、どんな時に5ゲン主義で行動しなければいけないか、確認しましょう。

例えば、現場から不良品発生の連絡があった時。
必ず三現主義でモノを確認し、原理原則で問題を明確化していくことが求められます。

また、現場で取得しているデータがいつもと違う傾向を示した時。
必ず三現主義で実際に発生している状況を確認し、原理原則からのズレがないか調査をするようにしましょう。

そして、品質改善テーマに取り組む時。
過去の経験やデータだけを使って机上で議論をするだけではなく、5ゲン主義で解決に向けて取り組むことが必要です。

今の日々の自分の行動を振り返り、不足していたらすぐに改善をしていきましょう。

第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド11
人気記事

若手社員がイキイキと働けるような環境づくりの一端を担うはずの「教育」。会社として教育の全体像が描かれていないため、多くの企業では「点」の教育しか行えていないのが実態です。なぜ教育が活性化しないのか、その答えの1つに体系化があります。本コラムでは、製造業をはじめとした多くの企業における共通の課題である「教育の体系化」について、多くの企業でやりがちな失敗例と具体的な進め方について紹介しています。

IMG

4.第5章まとめ

第1問、三現主義とは何でしょうか。
必ず現場に足を運び、必ず現物を手に取り、現実を自分の目で見て確認する考え方のことです。
第2問、5ゲン主義とは何でしょうか。
三現主義に加え、原理原則で物事を捉えることです。
第3問、なぜ5ゲン主義で問題解決を行なう必要があるでしょうか。
5ゲン主義で問題に向かうことで初めて、現場に役立つ根本対策を打つことが出来るからです。
5ゲン主義で行動することで、付加価値を生む時間が増え、問題解決力を育てることに繋がります。
第5章:三現主義、5ゲン主義とは-スライド13

カイゼンベース(イラスト)

以上で、「改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第5章:三現主義、5ゲン主義とは」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

改善活動では、カイゼンの基本、基礎知識を確実に理解した上で活動をすることで、より大きな成果を獲得することが可能です。
本講座では、「問題と課題」「QCD」「三現主義、5ゲン主義」「5W2H」「PDCAサイクル」等、ビジネスマンとしては当然知っていなければいけない考え方・知識を確実に習得していきましょう。

講座ナビ
第1章:企業活動のキホン方
第2章:改善活動の考え方と進め方
第3章:問題と課題の違い
第4章:生産管理の3要素「QCD」とは
第5章:三現主義、5ゲン主義とは ⇒ このページはココ
第6章:5W2Hとは
第7章:PDCAサイクルとは

カイゼン講座一覧のページへ戻る

カイゼンベースの法人向けサービス

 
カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG