稼働分析とは(カイゼン用語)

稼働分析とは【カイゼン用語】

稼働分析とは

稼働分析とは、一定期間の生産活動の中で、人や機械がどのような要素にどれだけの時間を掛けているかを明らかにするための手法のことです。

稼働分析とは(カイゼン用語)

「人の働きがどのような状況か掴み」、「改善の切り口を見つけ」、「改善前後の時系列的な変化をつかむ」ために有効なツールです。
一般的に、稼働分析では、価値作業、付随作業、ムダの3つの要素がどのくらいの割合を占めているかを数値で把握することが可能です。

価値作業は、直接利益を出している、付加価値に繋がる作業のことです。実際に、形状・性質等、物を変化させている作業が該当します。
付随作業は、完全にムダではないが、付加価値に直結しない作業のことです。
ムダは、付加価値に結びつかないすぐにでも削減すべき作業のことです。

このPowerPointスライドをダウンロードできます!

社内教育や発表資料作成における作業効率化等に、是非ご活用ください。
ファイル形式:PowerPoint

利用規約に同意してダウンロードする。法人会員アドバンスの方はココにダウンロードボタンが表示されます。
ダウンロードサービスは、カイゼンベースの法人会員アドバンス限定機能です。法人会員アドバンスの方がログインした際に、ダウンロードボタンが表示されます。
ご興味のある方は、是非この機会に法人会員アドバンスプランをご検討ください。

法人会員プランの詳細はこちら

ダウンロードした資料につきましては、コンテンツ利用規約に同意の上、ご利用くださいますようお願い致します。
◆例えば、下記の行為は禁止となります(利用規約を一部抜粋)
・本コンテンツを利用してのコンサルティング業務をする行為
・利益享受または販売を目的として利用(販売やWEBサイトへの掲載等)をする行為
・二次的著作物を制作し第三者に配布する行為
・弊社または第三者の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為
◆その他、詳細につきましては、コンテンツ利用規約をご確認ください。

関連講座はこちらから

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

関連記事

「3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方」では、会社全体の収益向上に貢献するために、どのような考え方、方向性で構内物流改善を進めていけばよいのかを学習することができます。実践で役立つ基礎知識をしっかりと学習していきましょう。講座ナ[…]

3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方

 カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る 

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG