実務で使えるツール集

Kissの法則とはスライド1(カイゼン用語)

Kissの法則とは【カイゼン用語】

USBコンテンツキャンペーン

Kissの法則(きすのほうそく)とは

Kissの法則とは、「Keep it Short and Simple」の略で、「伝えたいことは、短く、シンプルにまとめよう。」という法則です。

Kissの法則とはスライド1(カイゼン用語)

「なるべく短くシンプルに伝えた方が伝わりやすい」、これは誰でもわかってはいるものの、出来てないことが多いのも事実です。
資料づくりの際、「しっかりと伝えられるように」と考えていると、いつの間にか情報量が多くなってしまったり、文章が長くなってしまった等の経験が誰でもあるのではないでしょうか。

しかし、沢山の説明文で説明しなければいけない状態というのは、まだ考えがまとまっていないことの裏返しでもあります。
考えに考え抜いて短くシンプルにまとめることが出来てこそ、自分自身もそのことをしっかりと理解できたことになり、良い説明や発表にも結びつくのです。

では、どのようなポイントでKissの法則を満足させればよいでしょうか。

Kissの法則とはスライド2(カイゼン用語)

Kissの法則を踏まえて、次の3つのことを意識することがポイントです。

  • 必要のないものはスライドに載せないこと。
  • 記載内容を可能な限り要約すること。
  • 文章の形ではなく、体言止めで記述すること。

これらのポイントを意識して、資料づくりを行なってみると、これまでうまく伝わらなかったことがバッチリと伝わるかもしれませんよ!

このPowerPointスライドをダウンロードできます!

社内教育や発表資料作成における作業効率化等に、是非ご活用ください。
ファイル形式:PowerPoint

利用規約に同意してダウンロードする。法人会員アドバンスの方はココにダウンロードボタンが表示されます。
ダウンロードサービスは、カイゼンベースの法人会員アドバンス限定機能です。法人会員アドバンスの方がログインした際に、ダウンロードボタンが表示されます。
ご興味のある方は、是非この機会に法人会員アドバンスプランをご検討ください。

法人会員プランの詳細はこちら

ダウンロードした資料につきましては、コンテンツ利用規約に同意の上、ご利用くださいますようお願い致します。
◆例えば、下記の行為は禁止となります(利用規約を一部抜粋)
・本コンテンツを利用してのコンサルティング業務をする行為
・利益享受または販売を目的として利用(販売やWEBサイトへの掲載等)をする行為
・二次的著作物を制作し第三者に配布する行為
・弊社または第三者の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為
◆その他、詳細につきましては、コンテンツ利用規約をご確認ください。

関連講座はこちらから

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

カイゼン用語一覧へ戻る

関連記事

  1. TPSとは(カイゼン用語)

    TPSとは【カイゼン用語】

  2. 経営戦略とは(ビジネス用語)

    経営戦略とは(ビジネス用語)

  3. ECRSの4原則とは(カイゼン用語)

    ECRSの4原則とは【カイゼン用語】

  4. ジャストインタイムの三原則とは(カイゼン用語)

    ジャストインタイムの三原則とは【カイゼン用語】

  5. 情報のジャストインタイムとは(カイゼン用語)

    情報のジャストインタイムとは【カイゼン用語】

  6. カイゼン用語集

    トヨタ生産方式の2本柱とは

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報

カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス





PAGE TOP

能力育成/マネジメント

【教育資料ダウンロード】マネジメントの基本を理解する!管理職の役割と心得

第2章:管理職の仕事とは-スライド8

品質/統計/安全/環境

【教育資料ダウンロード】実践!管理・監督者による安全職場の仕組みづくり

第1章:企業にとっての『安全』を知る-スライド14

品質/統計/安全/環境

実践!管理・監督者による安全職場の仕組みづくり【講座ナビ】

第1章:企業にとっての『安全』を知る-スライド25

品質/統計/安全/環境

仕組みも人も『進化』を睨み育てる【安全職場の仕組みづくり:第4章】

第4章:仕組みも人も『進化』を睨み育てる-スライド5

品質/統計/安全/環境

活動を継続させる『仕組み』を作る【安全職場の仕組みづくり:第3章】

第3章:活動を継続させる『仕組み』を作る-スライド7