ichatch_kaizen2

カイゼンとは【カイゼン用語】|改善 KAIZENとの違いや5S活動・トヨタ生産方式との関係

カイゼンとは 概要

カイゼンとは、作業や業務の中にあるムダを排除し、より価値が高いものだけを行なえるように、作業や業務のやり方を変える活動を行なうこと。現場の作業者1人1人が知恵と創意工夫を出しながら全員参加で行なうのがポイント。
カタカナの「カイゼン」という言葉は、元々は製造業の生産現場で行われている活動を指して使われていたが、現在では生産現場に限らず間接部門やその他サービス業でも使われている。日本から生まれたカイゼンは、海外でもそのまま「KAIZEN」と表記・表現されるほど重要なキーワードとなっている。

カイゼン 改善 KAIZEN の違い

カイゼン、改善、KAIZENの違い

”かいぜん”という言葉は、音声にすると一緒ですが、文字で表現すると次の3つの表現があります。
① 改善
② カイゼン
③ KAIZEN
実はこの3つは、意味や使用される場所が異なります。3つをしっかりと使い分けて会話が出来ていたら、詳しい人から見るときっと一目置かれるはずです。
それではそれぞれの意味を確認していきましょう
kaizen-base

① 漢字で書く「改善」の定義

改善とは、悪い状態を良い状態に変えることです。英語で表現すると「improvement」です。

② カタカナの「カイゼン」の定義

カイゼンとは、現状に満足せずに、自ら問題に気付き改善し続けることで、より良い状態へ変化し続けることです。

カイゼンのポイントは、
・現状に満足しない
・自ら問題に気付く
・より良い状態へ変化し続ける
という3つです。

つまり、「継続的な改善を行うこと」がカイゼンであると捉えるのが、正しい解釈です。悪い状態を良くすることが「改善」であることは間違いないのですが、カタカナの「カイゼン」は、今を良しとせずに、より良い状態を目指して改善を繰り返していくことなのです。

③ アルファベットの「KAIZEN」定義

KAIZENは、②の「カイゼン」と同じ意味で、海外で使われている表記です。英語で改善という単語は「improvement」ですが、「継続的な改善を行う」という日本的なカイゼンの意味がこの単語だけでは正しく表していないこともあり、日本語がそのまま英語になったという経緯があります(和製英語というやつですね)。

カイゼン の目的

現場には必ず問題が潜んでいます。毎日現場で働いていると、その問題にも慣れてしまい、問題を問題と思えなくなってしまうことがあります。従って、問題に気付き共有する改善活動の取り組みを継続的に行うことが欠かせません。

一般に、仕事とは「作業・業務+カイゼン」であると言われます。

ただ手を動かしたりするのは、仕事の一部でしかありません。作業に加えて、カイゼンを行い、作業や業務が楽に出来るように作業の方法を見直しをしたり、より効率的に進められる手順を考えるような取り組みが出来てこそ、本当の意味で仕事が出来ていると言えるのです。

つまり、指示されたことや定型的に決まったことだけを行うのではなく、自ら問題に気付いて改善を繰り返すという「カイゼン」までを含めて仕事だということです。ただ作業を行っているだけでは仕事が出来ているとは言えないというのは、しっかりと胸に刻んでおきたい考えでもあります(奥が深いですね!)。

以上をまとめると、カイゼンというのは、単に特定の仕事を改善するという狭い範囲を指す言葉ではありません。あえて現状を否定して、”仕事の質をより高い状態で行える”ように変えていくことがカイゼンの目的となります。

allmembers_findout

トヨタ自動車発祥の”トヨタ生産方式”とカイゼン

カイゼンの先駆者は、日本を代表する企業であるトヨタ自動車です。トヨタ自動車では、カイゼンは仕事のど真ん中だと捉えられています。カイゼンは仕事のついでに行うのではなく、中心に置かれるものだと考えられています。

トヨタ生産方式は、ジャストインタイム、カンバン方式、ニンベンの付いた自働化、モノの流れのカイゼン等の概念が有名ですが、ベースとなるのは、このカイゼンのマインドです。

トヨタマンは、常に「なぜ」や「もっとこうできるのではないか」を問いながら仕事をしている人が多いと言います。

「なぜこのやり方を行うのか?」
「なぜこのデータは見える化されていないのか?」
「なぜあの工夫やノウハウは横展開されていないのか?」
「なぜ全数目視検査を行わなければいけないのか?」

こういったことを常に考えながら仕事をしているということです。働いている多くの人がこのようなマインドで仕事をしているので、継続的に仕事がカイゼンされ、業務の効率化が進むのはある意味当然です。不景気や有事の環境下でもトヨタ自動車の強さが際立っているのは、このカイゼンマインドが強みとなっていることは、想像に難くありませんね。

日常におけるカイゼン活動 5S活動との関係

職場での日常業務において、カイゼン活動は様々な方法で導入されています。例えば、改善提案もその1つです。製造業に勤めた人であれば、1度は「改善提案書」や「改善報告書」や「創意工夫提案書」等を書いた経験があるのではないでしょうか。

カイゼンは全員参加で行うことでより大きな効果を発揮するため、このような改善提案の取り組みを導入することで、全社的なカイゼンマインドの醸成を狙いとしている企業が多々あります。

また、5S活動もカイゼン活動の1つです。5S活動とは、整理・整頓・清掃・清潔・躾の5つの視点で職場をキレイに維持し、業務の効率等を向上させていく取り組みです。例えば、職場に本当に必要な物だけになるように整理を行ったり、物を見間違えたりしないように誰でも分かりやすいラベルを貼る等、整頓の改善策を考えたりするような取り組みを継続的に行います。

この5S活動を進めていく際にも、まずはどこに問題があるのかを認識することが欠かせません。カイゼンのマインドを持って5S視点での問題点や改善案を考えていくことは、まさにカイゼン活動の一環です。

5S活動以外でも、安全衛生に関する活動、品質改善に関する活動等、全て同じ視点です。つまり、各種の活動は、「どの分野を重点的に進めるか」の違いです。ベースとなるのは、自ら問題に気付き、改善を繰り返すというカイゼンの考え方となります。

5S_kaizenbase

あらゆる分野・業種で取り組まれているカイゼン

昔は工場の現場で行われるのがカイゼンでしたが、今では工場の事務所・スタッフ部門等のオフィスエリアはもちろん、営業部門等のセールスの組織の中でも行われています。

更に近年では、物流、建設業、サービス業、病院、市役所等の行政の組織等、製造業以外の様々な領域にもカイゼンは広がっています。カイゼンはもはや仕事において共通用語のような存在になっているのです。

どんな業種、どんな職種でも、仕事においては、必ずカイゼンのマインドを持って取り組まなければいけません。業種・職種問わず、今行っていることが本当に一番良いやり方なのか、問題や無駄(ムダ)が潜んでいないのかを考え、是正したり軽減したりしながら仕事を行うことが大切だということです。

世界で取り組まれているカイゼン

そしてこのカイゼン考え方は、今や世界にも広がっています。トヨタ自動車をはじめとして、カイゼンにより強い現場を創り上げた企業は世界中に存在します。その後を追うように、多くの国の企業でカイゼンの考え方や手法の導入が行われています。

また、トヨタ生産方式に関しては、アメリカで過去に様々な研究が行われていてきました。研究された結果は、「リーン生産方式」として体系化され世界に広がり、製造業はもちろん、病院、空軍など幅広い業界で導入されています。現在では、このリーン生産方式が日本に逆輸入され、日本企業でも導入されているケースも多々耳にするようになりました。

日本のお家芸のカイゼンが、今では世界中で取り組まれるほどのものになったというのは、日本人として嬉しい気持ちになりますね。

kaizen_grobalstandard

カイゼン活動におけるお悩みはありませんか?ご相談ください

カイゼンベースでは、様々な側面からのカイゼン活動のサポートを行っています。下記のようなお悩みがあれば、弊社コーディネーターに是非ご相談ください!

  • どのような体制でカイゼン活動を行えば良いのか?
  • どのように問題を分析すれば良いのか?
  • 他社ではどのような事例があるのか?
  • どのようなテーマを採用して進めているのか?
  • どのような考えで目標設定は行うのか?
  • カイゼンの評価や発表会はどのような形で進めれば良いのか?
  • 業績に繋げるためにはどのように活動を工夫していけば良いのか?
  • どのようなツールやテンプレートを使ったら良いのか?

等々、何でもご相談ください。

カイゼン活動や人材育成に関する無料相談をご希望のお客様は、以下フォームよりお問い合わせいただけます。
後ほど、担当者よりご連絡を差し上げます。

    ▼会社名/組織名(必須)

    ▼お名前(必須)

    ▼電話番号(必須)

    ▼FAX番号(任意)

    ▼メールアドレス(必須)

    ▼郵便番号(任意)

    ▼住所(任意)

    ▼お問い合わせ内容(必須)
     カイゼン活動 人材教育に関する無料相談を希望する

    ▼ご希望日時をご教授ください (営業日:月〜金でお受けいたします。 ※土日祝日:不可)

    第1希望日(任意)
     

    第2希望日(任意)
     

    第3希望日(任意)
     

    ▼お問い合わせ内容(必須)

    こちらの文字列を入力してください。 (必須)

    captcha

    関連記事はこちらから

    カイゼン用語・ビジネス用語は、当社が提供している学習コンテンツから一部を抜粋して編集しています。
    より詳細な内容の学習は、関連する学習コンテンツをご参照ください。

    関連記事

    改善活動では、カイゼンの基本、基礎知識を確実に理解した上で活動をすることで、より大きな成果を獲得することが可能です。「改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~」では、「問題と課題」「QCD」「三現主義、5ゲン主義」「5W2H」「P[…]

    関連記事

    本ページは、講座「k-001:改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第2章:改善活動の考え方と進め方」の学習ページです。第2章では、改善活動の2つのアプローチである日常改善・目標設定型改善の違いやサイクル、改善活動を行なう上で[…]

    第1章:企業活動のキホン方
    関連記事

    生産革新の為の5S活動基礎講座「第1章:5S活動の目的」の学習ページです。第1章では、儲け続ける強い会社の共通点、5Sが定着している職場の特徴、5S活動の本質は何かについて学習を行ないます。講座ナビ第1章:5S活動の[…]

    第1章:5S活動の目的

    人気記事はこちらから

    関連記事

    本ページは、講座「k-001:改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第3章:問題と課題の違い」の学習ページです。第3章では、問題と課題の2つの言葉について、辞書上の意味の違いや2つの関係について確認し、問題と課題の使い方の練習[…]

    第3章:問題と課題の違い
    関連記事

    本ページは、講座「k-001:改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第5章:三現主義とは、5ゲン主義とは」の学習ページです。現代では、三現主義だけでは不十分で、5ゲン主義で行動する必要があります。第5章では、三現主義、5ゲン主[…]

    第5章:三現主義、5ゲン主義とは
    関連記事

    本ページは、講座「k-001:改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~ 第6章:5W2Hとは(5W1Hとは)」の学習ページです。第6章では、業務指示、報連相等、コミュニケーションを取る上で必須のフレームワークである5W2H(5W1[…]

    第6章:5W2Hとは

    カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る

    カイゼンベースの人材教育コンテンツ提供サービス

    法人会員サービス

    eラーニング学習の法人会員サービス法人会員サービスは、必要な時に必要な学習コンテンツを必要な分だけ学習できるサブスクリプション型eラーニングサービスです。

    詳細はこちらから

    個別コンテンツ学習

    個別コンテンツ学習サービス個別コンテンツ学習サービスは、学習したい講座を1講座単体でお申し込みを頂くサービスです。法人会員サービスのお試しにも。

    詳細はこちらから

    オリジナルコンテンツ制作

    オリジナルコンテンツ制作サービス多数のeラーニング学習講座のコンテンツ制作技術を活かし、企業におけるオリジナル動画のオーダーメイド制作を行なっております。

    詳細はこちらから

    カイゼンベースの研修・コンサルティング関連サービス

    企業内研修

    企業内研修サービス豊富な教育コンテンツを活かし、準オーダーメイド型、オーダーメイド型、パッケージ型実践研修を提供しております。

    詳細はこちらから

    工場改革コンサルティング

    実践コンサルティングサービス沢山の教育コンテンツをベースに持つカイゼンベースだからこそできる新しい形の工場改革コンサルティングサービスを提供しています。

    詳細はこちらから

    人材教育体系構築支援

    人材教育体系構築支援サービスどの職層に、何を、どのタイミングで学習させるのか、誰がどのように評価するのか等、貴社に合わせた教育体系構築を支援致します。

    詳細はこちらから

    カイゼンベースのeラーニングサービス
    >人材教育を加速させる法人会員サービス

    人材教育を加速させる法人会員サービス

    年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

    CTR IMG