カイゼン用語集

カイゼンとは【カイゼン用語】

カイゼンとは、作業や業務の中にあるムダを排除し、より価値が高いものだけを行なえるように、作業や業務のやり方を変える活動を行なうこと。現場の作業者1人1人が知恵と創意工夫を出しながら全員参加で行なうのがポイント。
カタカナのカイゼンという言葉は、元々は製造業の生産現場で行われている活動を指して使われていたが、現在では生産現場に限らず間接部門やその他サービス業でも使われている。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

USBキャンペーン

関連講座

関連記事

改善活動では、カイゼンの基本、基礎知識を確実に理解した上で活動をすることで、より大きな成果を獲得することが可能です。「改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~」では、「問題と課題」「QCD」「三現主義、5ゲン主義」「5W2H」「PDCAサイク[…]

改善活動の基礎講座~カイゼンの基本編~

 カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る 

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG