カイゼン用語集
コンカレントエンジニアリングとは、製品開発において、複数の工程を同時並行で進め、各部門間での情報共有や共同作業を行なうこと。
開発期間の短縮やコストの削減を図るための手法で、特に製造業で広く用いられている手法。
実際には、開発設計、試作、生産などの各部門を担当者が開発初期の段階から情報を共有する場を持ち、進捗確認や問題点を明確化しながら業務を進める。例えば、開発初期段階で、量産しやすい構造を意識した設計を提案するなどにより、全体最適でのコスト削減を目指していく。
なお、狭義には、設計から生産までの部門間共同作業を意味するが、広義には、製品企画・マーケティングから、調達先、外注先、販売、保守・サポート、廃棄・リサイクルなどに関連する部門まで参加して行われる活動を意味する。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

【関連講座】
現在準備中です。もうしばらくお待ちください。

 

 カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る 

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG