カイゼン用語・ビジネス用語

疑似相関(偽相関)とは

法人会員プランバナー

疑似相関(偽相関)とは、本来2つの変量の間に相関がないのに、取り上げた要因以外の要因が働いて、あたかも相関があるような散布図ができ、誤った判断に導かれること。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

【関連講座】
 --> QC7つ道具の概要
     実務におけるグラフの作り方~中編~

 

◆カイゼン用語一覧へ戻る

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

法人会員プランバナー

関連記事

  1. カイゼン用語集 平準化生産とは
  2. 経営の三要素とは 経営の三要素とは【カイゼン用語】
  3. ジャストインタイムの三原則とは(カイゼン用語) ジャストインタイムの三原則とは【カイゼン用語】
  4. カイゼン用語集 躾とは
  5. 認知的葛藤とは(カイゼン用語) 認知的葛藤とは【カイゼン用語】
  6. カイゼン用語集 棒グラフとは
  7. カイゼン用語集 QCDとは
  8. カイゼン用語集 マーケティングとは

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

法人向けサービス:カイゼンベースPlus

PAGE TOP