カイゼン用語・ビジネス用語

疑似相関(偽相関)とは

疑似相関(偽相関)とは、本来2つの変量の間に相関がないのに、取り上げた要因以外の要因が働いて、あたかも相関があるような散布図ができ、誤った判断に導かれること。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

【関連講座】
 --> QC7つ道具の概要
     実務におけるグラフの作り方~中編~

 

◆カイゼン用語一覧へ戻る

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. カイゼン用語集 カイゼンとは【カイゼン用語】
  2. カイゼン用語集 姿置きとは
  3. カイゼン用語・ビジネス用語 カイゼン用語・ビジネス用語
  4. カイゼン用語集 内示情報とは
  5. カイゼン用語集 5W1H(5W2H)とは
  6. カイゼン用語集 自工程完結とは
  7. カイゼン用語集 棒グラフとは
  8. 不適合・不適合品とは-スライド1 不適合とは?【カイゼン用語】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP