実務で使えるツール集

カイゼン用語集

疑似相関(偽相関)とは

USBコンテンツキャンペーン

疑似相関(偽相関)とは、本来2つの変量の間に相関がないのに、取り上げた要因以外の要因が働いて、あたかも相関があるような散布図ができ、誤った判断に導かれること。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

【関連講座】
 --> QC7つ道具の概要
     実務におけるグラフの作り方~中編~

 

◆カイゼン用語一覧へ戻る

関連記事

  1. カイゼン用語集

    整理とは

  2. 流動線図とは(カイゼン用語)

    流動線図とは【カイゼン用語】

  3. カイゼン用語集

    アンドンとは

  4. カイゼン用語集

    躾とは

  5. 情報のジャストインタイムとは(カイゼン用語)

    情報のジャストインタイムとは【カイゼン用語】

  6. カイゼン用語集

    散布図とは

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報

カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス





PAGE TOP

能力育成/マネジメント

【教育資料ダウンロード】マネジメントの基本を理解する!管理職の役割と心得

第2章:管理職の仕事とは-スライド8

品質/統計/安全/環境

【教育資料ダウンロード】実践!管理・監督者による安全職場の仕組みづくり

第1章:企業にとっての『安全』を知る-スライド14

品質/統計/安全/環境

実践!管理・監督者による安全職場の仕組みづくり【講座ナビ】

第1章:企業にとっての『安全』を知る-スライド25

品質/統計/安全/環境

仕組みも人も『進化』を睨み育てる【安全職場の仕組みづくり:第4章】

第4章:仕組みも人も『進化』を睨み育てる-スライド5

品質/統計/安全/環境

活動を継続させる『仕組み』を作る【安全職場の仕組みづくり:第3章】

第3章:活動を継続させる『仕組み』を作る-スライド7