連続観測法とセルフタイムスタディー法【IE実践講座 稼働分析:第2章】

本ページは、「i-005:稼働分析の考え方と活用法」から「第2章:連続観測法とセルフタイムスタディー法」を限定公開しています。

稼働分析には代表的な3つの方法があります。第2章では、その中で連続観測法とセルフタイムスタディー法について、考え方や観測の進め方を学習します。

i-005:稼働分析の考え方と活用法
 第1章:稼働分析の概要
 第2章:連続観測法とセルフタイムスタディー法(会員限定公開) ⇒このページはココ!
 第3章:ワークサンプリング法【法人向けサービスにて提供中
 第4章:観測結果の分析と改善の仕方【法人向けサービスにて提供中

カイゼンベースの無料会員登録

ページの続きを閲覧するには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録をしてより多くの情報をゲットしよう!

無料会員登録のメリットとは?
  • 会員限定ページの閲覧が可能となります。
  • カイゼン情報満載のメルマガが受け取れます。
  • 一部PDF資料のダウンロードが可能になります。 etc.

新規無料会員登録はこちら

ログイン

カイゼンベースのeラーニングサービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG