動作経済の原則とは

本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から動作経済の原則について一部抜粋してお送りしています。
※全章を学習の場合は、法人向けサービスをご検討ください。

動作経済の原則とは何か?用語を解説

動作経済の原則とはどんな原則?

動作経済の原則とは、最小限の疲労で最大の成果を上げられるように、最も良い作業動作を実現しようとする経済的な法則のことを言います。

動作改善では、単に作業者の動作を改善するだけではなく、材料、治工具、機械などの置き場所、形あるいはその働きなど、作業に関連する環境を含めて考えなければなりません。

それを動作経済の原則では、4つの基本原則という形で体系化しています。

4つの基本原則と3つの視点

4つの基本原則とは、次の通りです。

動作の数を減らす

1つ目が、「動作の数を減らす」という原則です。
探す・選ぶ・考える・前置きを行っていないか、一発で掴めているか、一発で組立てているかなどの視点です。

動作を同時に行う

2つ目が、「動作を同時に行う」という原則です。
片手の手待ちが発生していないか、保持動作が発生していないかなどの視点です。

動作の距離を短くする

3つ目が、「動作の距離を短くする」という原則です。
不必要な大きい動作で行っていないか、長い距離を動いていないかなどの視点です。

動作を楽にする

4つ目が、「動作を楽にする」という原則です。
やりにくい姿勢で動作していないか、力が必要な動作になっていないかなどの視点です。
これらの視点を活用し、動作改善を進めていくことが動作経済の原則の使い方となります。

この4つの基本原則に対して、3つの視点で考えていきます。

1つ目は動作方法の視点、2つ目は作業場所の視点、そして3つ目は治工具および機械の視点です。

つまり4つの原則×3つの視点、合計12個の視点で作業の「こうあるべき」が定義されています。

動作経済の原則の詳細

動作経済の基本原則 ①動作の数を減らす

動作方法の視点

  • 不必要な動作を排除する
  • 目の動きを少なくする
  • 2つ以上の動作を結合する
  • 作業場所の視点

    • 材料や工具は作業者の前方一定の場所に置く
    • 材料や工具は作業順に合わせて置く
    • 材料・工具は作業しやすい状態に置く

    治工具および機械の視点

    • 材料・部品の取りやすい容器や器具を利用する
    • 機械の移動方向と操作方法を同じにする
    • 2つ以上の工具は1つに結合する
    • 治具への締付けには動作数の少ない機構を利用する

    動作経済の基本原則 ②動作を同時に行う

    動作方法の視点

    • 両手は同時に動かし始め同時に終わるようにする
    • 両手は同時に反対・対称方向に動かす

    作業場所の視点

    • 両手の同時作業ができる位置にする

    治工具および機械の視点

    • 対象物の長時間の保持には保持具を利用する
    • 簡単な作業または力を要する作業には足(脚)を使う器具を利用する
    • 両手の同時動作ができる治具を考える

    動作経済の基本原則 ③動作の距離を短くする

    動作方法の視点

    • 動作は最適身体部位で行う
    • 動作は最短距離で行う

    作業場所の視点

    • 作業域は作業に支障のない限り狭くする

    治工具および機械の視点

    • 材料の取出し・送出しには重力を利用した器具を利用する
    • 機械の操作位置は動作の最適身体部位で行えるようにする

    動作経済の基本原則 ④動作を楽にする

    動作方法の視点

    • 動作は制限のない楽な運動に近づける
    • 動作では重力や他の力(機械力、慣性力、反発力等)を利用する
    • 動作の方向やその変換を円滑にする

    作業場所の視点

    • 作業位置の高さを最適にする

    治工具および機械の視点

    • 一定の運動経路を規制するために治具やガイドを利用する
    • 握り部はつかみやすい形にする
    • 見える位置で楽に位置合せできる治具にする

    最後に

    問題を見つける時、改善案を検討する時には、ここで挙げた動作経済の原則に照らし合わせながら進めることで、今までより多くの視点が見えてくるはずです。是非活用してみましょう。

    全章の学習は法人向けサービスにて提供中!

    法人会員サービス、個別コンテンツ学習サービスでは、本講座の全ての動画学習・理解度テストを行うことが可能です。

    法人会員サービス、個別コンテンツ学習サービスで活用するeラーニングシステムでは、再生スピードの変更や字幕機能、進捗管理機能、理解度確認テスト等を利用することができるため、“必ず学習させたい” “理解度を確認しフォローしたい”というニーズにピッタリです。

    もちろん、パソコンかスマホとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも学習が可能です。

    カイゼンベースのeラーニングの特徴

    法人向けサービスのページへ

    法人向けサービスの価格表はこちら

    guide-i003のサムネイル

    カイゼン講座一覧のページへ戻る

    関連ページ一覧

    本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から両手作業分析について一部抜粋してお送りしています。両手作業分析とは、作業者の両手の動作の順序や方法を、「作業」「移動」「保持」「手待ち」の4つの視点から分析する方法のことです。

    本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から微動作分析(サーブリッグ分析)について一部抜粋してお送りしています。微動作分析(サーブリッグ分析)とは、作業者の両手を中心とした動作の順序や方法を18種類の基本的な動作要素の繋がりで分析する方法のことです。

    本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から動作経済の原則について一部抜粋してお送りしています。動作経済の原則とは、最小限の疲労で最大の成果を上げられるように、最も良い作業動作を実現しようとする経済的な法則のことを言います。

    動作研究は、方法研究に属する手法の1つです。あらゆる仕事には、必ず一番良いやり方があります。本講義では、ただ漫然と現場を眺めるのではなく、一番良いやり方を追求する姿勢=モーション・マインドを持つために必要な知識について体系的に学んでいきます。

    本ページは、IE実践講座「i-002:工程分析の考え方と活用法」から流れ線図(フローダイアグラム)について一部抜粋してお送りしています。流れ線図(フローダイアグラム)は、詳細工程分析図(フロープロセス・チャート)をレイアウト図に落とし込み、人やモノのムダな動き・動線を分析するための手法です。

    本ページは、IE実践講座「i-002:工程分析の考え方と活用法」から工程分析のステップについて一部抜粋してお送りしています。工程分析では、Step1:工程分析を行う目的を明確にする、Step2:工程分析の対象範囲を決める、Step3:分析対象となる製品・作業を決める、Step4:工程分析表を作成する、Step5:改善案を検討するという手順で進めていきます。

    本ページは、IE実践講座「i-002:工程分析の考え方と活用法」から詳細工程分析(製品工程分析、作業者工程分析)について一部抜粋してお送りしています。詳細工程分析図は、フロー・プロセス・チャートとも呼ばれる手法です。原材料・部品から製品に至る生産工程の全貌を詳細に把握できることが特徴です。

    工程分析の概要と単純工程分析_スライド14

    工程分析は、方法研究に属する手法の1つです。各工程のモノの流れあるいは人の仕事の流れを掴むために、分析の初期段階で実施されることが多い手法となります。本講義では、工程分析はどういうものなのか、定義や考え方、実際の活用方法について学習を行ないます。

    IE・インダストリアルエンジニアリングの概要-スライド124

    本ページは、IE実践講座「i-001:IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」からIE的改善へのアプローチ(6W2H法)について一部抜粋してお送りしています。6W2H法は問題や対策案をモレなく的確に洗い出しを行なうための視点です。IE的改善へのアプローチとして6W2Hは必須の視点となります。

    IE・インダストリアルエンジニアリングの概要_スライド95

    本ページは、IE実践講座「i-001:IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」からIE的改善における基本スキルについて一部抜粋してお送りしています。IE手法の活用においては改善の基本スキルを身に付けることも欠かせない視点です。

    IE・インダストリアルエンジニアリングの概要_スライド77

    本ページは、IE実践講座「i-001:IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」からIEにおける作業の大きさの区分について一部抜粋してお送りしています。IEにおいて作業の大きさを考える際には6つに分類して考えましょう。

    IE・インダストリアルエンジニアリングの概要_スライド76

    本ページは、IE実践講座「i-001:IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」からIEにおける作業の“大きさ”について一部抜粋してお送りしています。作業には大きさがあり、大きさの異なるものを同じ階層で分析すると混乱するので注意が必要です。

    IE・インダストリアルエンジニアリングの概要_スライド72

    本ページは、IE実践講座「i-001:IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」からIEの対象(4Mと1I)について一部抜粋してお送りしています。作業や業務では、インプット・情報をもとに、人が機械やツール等を使って、対象となるモノや情報を必要な方法で変換しアウトプットするということを行ないます。IEはこの変換作業に関わる全てが対象です。

    IE・インダストリアルエンジニアリングの概要_スライド34

    本ページは、IE実践講座「i-001:IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」からIE手法の2つの分類について一部抜粋してお送りしています。IE、作業研究は、大きく2つに分類されます。1つは方法研究で、もう1つは作業測定です。この2つ、あるいはその組み合わせに様々な分析手法がぶら下がっているとイメージしてください。

    IEは工場における改善・改革の土台になっている考え方・分析手法です。本講座は、IE実践講座シリーズにおける1つ目の講座です。IEの概論や全体像について学習を行ないます。まずは本講座でIEの全体像をしっかりと掴むようにしてください。

    カイゼンベースの人材教育コンテンツ提供サービス

    法人会員サービス

    eラーニング学習の法人会員サービス法人会員サービスは、必要な時に必要な学習コンテンツを必要な分だけ学習できるサブスクリプション型eラーニングサービスです。

    詳細はこちらから

    個別コンテンツ学習

    個別コンテンツ学習サービス個別コンテンツ学習サービスは、学習したい講座を1講座単体でお申し込みを頂くサービスです。法人会員サービスのお試しにも。

    詳細はこちらから

    オリジナルコンテンツ制作

    オリジナルコンテンツ制作サービス多数のeラーニング学習講座のコンテンツ制作技術を活かし、企業におけるオリジナル動画のオーダーメイド制作を行なっております。

    詳細はこちらから

    カイゼンベースの研修・コンサルティング関連サービス

    企業内研修

    企業内研修サービス豊富な教育コンテンツを活かし、準オーダーメイド型、オーダーメイド型、パッケージ型実践研修を提供しております。

    詳細はこちらから

    工場改革コンサルティング

    実践コンサルティングサービス沢山の教育コンテンツをベースに持つカイゼンベースだからこそできる新しい形の工場改革コンサルティングサービスを提供しています。

    詳細はこちらから

    人材教育体系構築支援

    人材教育体系構築支援サービスどの職層に、何を、どのタイミングで学習させるのか、誰がどのように評価するのか等、貴社に合わせた教育体系構築を支援致します。

    詳細はこちらから

    カイゼンベースのeラーニングサービス
    >人材教育を加速させる法人会員サービス

    人材教育を加速させる法人会員サービス

    年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

    CTR IMG