実務で使えるツール集

平準化とは(カイゼン用語)

平準化とは【カイゼン用語】

平準化とは

平準化とは、平らにならして生産を行なうことを指します。

平準化とは(カイゼン用語)

平準化には、2種類あります。

1つは、「量」の平準化です。
お客様の注文は、どんな製品の注文でも、お客様からの注文量は毎日、毎週、毎月バラバラです。
こバラツキへの対応策の1つとして、量の平準化を行ないます。
量の平準化とは、生産量、あるいは、生産数、生産時間等を、ある一定の区間内において、一定のボリュームにして生産を行なうことを指します。

もう1つは、「種類」の平準化です。
種類の平準化とは、複数の品種の生産を行なう際、品種毎にまとめて流すのではなく、万遍なくバラシて生産を行なうことを言います。
種類の平準化を行なわないと、製品在庫の増加、生産負荷の大きなバラツキ、サプライヤーの対応が不安定になる等の問題が発生します。

平準化が出来ていないことにより発生する問題は下記の通りです。
・人員計画に遊び(ムダ)が発生し、コストアップに繋がる。
・在庫が発生し、管理コストが増大する。
・製造リードタイムが延び、お客様の ニーズに応えれない。
・基準工程以外の生産負荷がバラツいてしまい、遅れや遊びが発生する。
・サプライヤーが対応できず、部品納入遅れの発生や価格アップに繋がる。

なお、究極は、1個単位にまで生産を平準化することではあるものの、段取り替えの増加などの課題も多く、決して簡単ではありません。
自社の実力をしっかりと見極め、少しずつ実力を上げながら平準化のレベルも上げていくことが大切です。

このPowerPointスライドをダウンロードできます!

社内教育や発表資料作成における作業効率化等に、是非ご活用ください。
ファイル形式:PowerPoint

利用規約に同意してダウンロードする。法人会員アドバンスの方はココにダウンロードボタンが表示されます。
ダウンロードサービスは、カイゼンベースの法人会員アドバンス限定機能です。法人会員アドバンスの方がログインした際に、ダウンロードボタンが表示されます。
ご興味のある方は、是非この機会に法人会員アドバンスプランをご検討ください。

法人会員プランの詳細はこちら

ダウンロードした資料につきましては、コンテンツ利用規約に同意の上、ご利用くださいますようお願い致します。
◆例えば、下記の行為は禁止となります(利用規約を一部抜粋)
・本コンテンツを利用してのコンサルティング業務をする行為
・利益享受または販売を目的として利用(販売やWEBサイトへの掲載等)をする行為
・二次的著作物を制作し第三者に配布する行為
・弊社または第三者の財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為
◆その他、詳細につきましては、コンテンツ利用規約をご確認ください。

関連講座はこちらから

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

カイゼン用語一覧へ戻る

関連記事

  1. ストループ効果とは(カイゼン用語)

    ストループ効果とは【カイゼン用語】

  2. カイゼン用語集

    作業手順書とは

  3. カイゼン用語集

    ジャストインタイムの前提条件とは

  4. 流動線図とは(カイゼン用語)

    流動線図とは【カイゼン用語】

  5. フォークコールとは(カイゼン用語)

    フォークコールとは【カイゼン用語】

  6. カイゼン用語集

    整頓とは

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報





PAGE TOP

実務で使えるツール集

【メルマガ】2018年5月29日号:働き方改革に必要な「体系的な廃棄」とは?

メルマガ

マネジメント全般

成果を出す管理者になろう!初級管理職のセルフマネジメント【講座ナビ】

第2章:マネジメントの四面展開(後編)-スライド4

マネジメント全般

マネジメントとは何か(前編)【初級管理職のセルフマネジメント:第1章】

第1章:マネジメントとは(前編)-スライド11

マネジメント全般

マネジメントとは何か(後編)【初級管理職のセルフマネジメント:第1章】

第1章:マネジメントとは(後編)-スライド4

マネジメント全般

マネジメントの四面展開(前編)【初級管理職のセルフマネジメント:第2章】

第2章:マネジメントの四面展開(前編)-スライド5