カイゼン用語・ビジネス用語

ポップアウト効果とは【カイゼン用語】

法人会員プランバナー

ポップアウト効果とは、表示物等において色を使うこと等により、対象物を目立って気付きやすい状態にすることを言います。

ポップアウト効果とは(カイゼン用語)

特に表示物等で顕著に現れますが、それが何であるかがパッと見ただけでわからないと、誤認識の原因となります。製造現場においては、現場にあるもの全てが、パッと見ただけで、「どういうものか」、「どういう状態か」分かることが非常に大切です。

注意しなければいけない対象が、正常なものとあまりにも差が小さい場合は、気付かずにミスに繋がってしまうのです。

このようなエラーには、「ポップアウト効果」を活用した防止策が有効です。
ポップアウト効果により、目視での確認がより確実になります。

ここに示した絵のように、差が小さいと人間は誤認識してしまうリスクがあります。

そこで、ポップアウト効果を使い、右の絵のように、明らかに違いが分かる状態にすることで、間違いが飛び出して見えるようになり、誰でも間違いを発見できるようになるのです。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

関連講座


カイゼン用語一覧へ戻る

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

法人会員プランバナー

関連記事

  1. カイゼン用語集 帯グラフとは
  2. カイゼン用語・ビジネス用語 コンセンサスとは【ビジネス用語】
  3. カイゼン用語集 形跡整頓とは
  4. カイゼン用語集 作業順序とは(標準作業の3要素)
  5. カイゼン用語集 品質管理とは
  6. カイゼン用語集 標準作業組合せ票とは
  7. カイゼン用語集 整理とは
  8. カイゼン用語集 標準手持ちとは

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

法人向けサービス:カイゼンベースPlus

PAGE TOP