ポップアウト効果とは(カイゼン用語)

ポップアウト効果とは【カイゼン用語】

ポップアウト効果とは、表示物等において色を使うこと等により、対象物を目立って気付きやすい状態にすることを言います。

ポップアウト効果とは(カイゼン用語)

特に表示物等で顕著に現れますが、それが何であるかがパッと見ただけでわからないと、誤認識の原因となります。製造現場においては、現場にあるもの全てが、パッと見ただけで、「どういうものか」、「どういう状態か」分かることが非常に大切です。

注意しなければいけない対象が、正常なものとあまりにも差が小さい場合は、気付かずにミスに繋がってしまうのです。

このようなエラーには、「ポップアウト効果」を活用した防止策が有効です。
ポップアウト効果により、目視での確認がより確実になります。

ここに示した絵のように、差が小さいと人間は誤認識してしまうリスクがあります。

そこで、ポップアウト効果を使い、右の絵のように、明らかに違いが分かる状態にすることで、間違いが飛び出して見えるようになり、誰でも間違いを発見できるようになるのです。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

関連講座

関連記事

人間工学的要因によるヒューマンエラーと防止策(前編)【基本を学ぶ!ヒューマンエラー防止の基礎講座:第4章】の学習ページです。第4章前編では、人間の情報処理モデルから情報認識の段階におけるヒューマンエラーについて解説しています。講座ナ[…]

関連記事

【真因を特定して再発ゼロ!なぜなぜ分析の進め方 第6章:エラーを減らす工夫】の学習ページです。第6章では、ヒューマンエラー等の普段の業務におけるエラーを防ぐ各種の工夫について解説しています。講座ナビ第1章:なぜなぜ分析とは[…]

エラーを減らす工夫【なぜなぜ分析の進め方:第6章】

 カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る 

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG