カイゼン用語・ビジネス用語

必要数でタクトを決める

必要数でタクトを決めるとは、ジャストインタイムの3原則の1つで、生産必要数に応じて、必要なタクトタイムを決めることを指す。生産性を落とさずに、柔軟に人員を変動できる(少人化)ラインをつくることが必要となる。
売れに追随できる柔軟性を持ち、少人化ラインの構築がジャストインタイムを成立させるためには必須となる。

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

【関連講座】
 --> ジャストインタイム生産とは
 

◆カイゼン用語一覧へ戻る

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. カイゼン用語集 標準作業とは
  2. カイゼン用語集 品質保証とは
  3. カイゼン用語集 赤札作戦とは
  4. カイゼン用語集 ニンベンの付いた自働化とは
  5. カイゼン用語集 トヨタ生産方式の基本思想とは
  6. カイゼン用語集 予言の自己実現とは
  7. カイゼン用語集 標準作業組合せ票とは
  8. カイゼン用語集 アンドンとは

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP