カイゼン用語集
標準手持ちとは、同じ手順で、繰返し作業が出来るための必要最小限の手持ち(工程内の仕掛品)のこと。「これより多くても少なくてもいけない」という数量を設定することが重要。標準作業の3要素のうちの1つ。

機械の送り(自動、手動)、人の動き(順方向、逆方向)によって、最少手持ち数は変化する。
図に示した個数が、標準手持ち数を決定する基本形となる。

標準手持ちとは

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

【関連講座】
トヨタ生産方式(TPS)基礎講座 --> 標準作業とは

 カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る 

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス

カイゼン用語・ビジネス用語の関連記事8件

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG