カイゼン用語・ビジネス用語

標準手持ちとは

標準手持ちとは、同じ手順で、繰返し作業が出来るための必要最小限の手持ち(工程内の仕掛品)のこと。「これより多くても少なくてもいけない」という数量を設定することが重要。標準作業の3要素のうちの1つ。

機械の送り(自動、手動)、人の動き(順方向、逆方向)によって、最少手持ち数は変化する。
図に示した個数が、標準手持ち数を決定する基本形となる。

標準手持ちとは

このカイゼン用語集は、当社が提供しているコンテンツの一部を抜粋して編集しています。
より詳細な内容の学習は、関連する講座のコンテンツを是非ご覧ください!

【関連講座】
トヨタ生産方式(TPS)基礎講座 --> 標準作業とは

◆カイゼン用語一覧へ戻る

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. カイゼン用語集 トヨタ生産方式の基本思想とは
  2. カイゼン用語集 品質保証とは
  3. カイゼン用語集 清掃とは
  4. カイゼン用語集 標準作業組合せ票とは
  5. カイゼン用語集 グラフとは
  6. カイゼン用語集 生産の3要素とは
  7. カイゼン用語集 5W1H(5W2H)とは
  8. カイゼン用語集 疑似相関(偽相関)とは

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP