実務におけるグラフの作り方

実務におけるグラフの作り方【前編】

代表的な7種類のグラフについて、円グラフ、棒グラフの詳細の特徴、見る人へ伝えたいポイントが伝わるような作成方法等について解説しています。

実務におけるグラフの作り方~前編~

◆カイゼン講座:実務におけるグラフの作り方◆

実務において、グラフを作る機会は沢山あると思いますが、グラフは正しい見せ方をしなければ、意図が正しく伝わらないばかりか、重要な問題を見落とすことがあります。
本講義では、どのようなグラフの種類・特徴があり、どんな時にどのグラフを活用すればよいのかを学習していきます。

実務におけるグラフの作り方【前編】 ⇒ このページはココ
実務におけるグラフの作り方【中編】 ※無料一般会員限定
実務におけるグラフの作り方【後編】 ※法人会員限定

実務におけるグラフの作り方 目次

【前編】
1.はじめに
2.グラフの種類と特徴
3.円グラフ
4.棒グラフ
5.前編まとめ

【中編】
6.折れ線グラフ
7.散布図
8.ヒストグラム
9.中編まとめ
【後編】
10.帯グラフ
11.レーダーチャート
12.後編まとめ

動画講義

学習スタート!

目次
実務におけるグラフの作り方~前編~-スライド3

1.はじめに
2.グラフの種類と特徴
3.円グラフ
4.棒グラフ
5.前編まとめ

本講座は、前編、中編、後編に分けて説明を進めていきます。

1.はじめに

あなたならどう描きますか?
実務におけるグラフの作り方~前編~-スライド5

はじめに、この表を見てください。
移動手段の平均速度の一覧表と、山の高さの一覧表です。

さて、このグラフ、あなたならどう描きますか?

これをセンス良く描けるようになることが本講座の目的です。

目的に合わせて最適なグラフを選択する
実務におけるグラフの作り方~前編~-スライド6

統計データは、集めただけでは、単なる数字の集まりに過ぎません。

「〇〇について、問題を掴みたい!」
「〇〇について、傾向を知りたい!」
こういったニーズを起点に、

目的に合わせて、最適なグラフの種類を選択することが必要となります。

2.グラフの種類と特徴

代表的なグラフ
実務におけるグラフの作り方~前編~-スライド8

代表的なグラフは7種類あります。

1つ目は、円グラフです。円グラフは、全体の中での構成比を見る時に使います。

2つ目は、棒グラフです。棒グラフは、棒の高さで、大小を比較する時に使います。

3つ目は、折れ線グラフです。折れ線グラフは、量が増加か減少か、変化の傾向を見る時に使います。

4つ目は、散布図です。散布図は、2種類のデータの相関を見る時に使います。

5つ目は、ヒストグラムです。ヒストグラムは、データのバラツキの大きさを見る時に使います。

6つ目は、帯グラフです。帯グラフは、構成比の変化を見る時に使います。

7つ目は、レーダーチャートです。レーダーチャートは、複数の指標をまとめて見る時に使います。

実務におけるグラフの作り方~前編~-スライド9
これらの各グラフには、得意・不得意があります。
どのグラフを使えば、“伝えたいことを的確に伝える”ことが出来るのか覚えておくことが大切です。

ページ:

1

2 3
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. 実務におけるグラフの作り方(中編) 実務におけるグラフの作り方【中編】
  2. 実務におけるグラフの作り方~後編~ 実務におけるグラフの作り方【後編】
  3. 実務におけるグラフの作り方~前編~ 実務におけるグラフの作り方【講座ナビ】

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP