CATEGORY

i-003:動作研究の考え方と活用法

講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」では、動作研究はどういうものなのか、定義や考え方、実際の活用方法について学習を行ないます。

ページの続きを閲覧するには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録をしてより多くの情報をゲットしよう!

無料会員登録のメリットとは?
  • 会員限定ページの閲覧が可能となります。
  • カイゼン情報満載のメルマガが受け取れます。
  • 一部PDF資料のダウンロードが可能になります。 etc.

新規無料会員登録はこちら

ログイン

  • 2020年7月8日
  • 2020年7月9日

動作経済の原則【IE実践講座 動作研究:第2章】

動作経済の原則は、作業を考える上で基本となる原則です。第2章:動作経済の原則では、動作経済の原則を踏まえて、どのような視点で動作改善を行うべきなのかを考えるための基礎知識を学びます。

  • 2020年5月25日
  • 2020年5月25日

両手作業分析とは

本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から両手作業分析について一部抜粋してお送りしています。両手作業分析とは、作業者の両手の動作の順序や方法を、「作業」「移動」「保持」「手待ち」の4つの視点から分析する方法のことです。

  • 2020年5月22日
  • 2020年5月14日

微動作分析(サーブリッグ分析)とは

本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から微動作分析(サーブリッグ分析)について一部抜粋してお送りしています。微動作分析(サーブリッグ分析)とは、作業者の両手を中心とした動作の順序や方法を18種類の基本的な動作要素の繋がりで分析する方法のことです。

  • 2020年5月20日
  • 2020年5月14日

動作経済の原則とは

本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から動作経済の原則について一部抜粋してお送りしています。動作経済の原則とは、最小限の疲労で最大の成果を上げられるように、最も良い作業動作を実現しようとする経済的な法則のことを言います。

  • 2020年5月14日
  • 2020年7月9日

動作研究の概要【IE実践講座 動作研究:第1章】

動作研究は、方法研究に属する手法の1つです。あらゆる仕事には、必ず一番良いやり方があります。本講義では、ただ漫然と現場を眺めるのではなく、一番良いやり方を追求する姿勢=モーション・マインドを持つために必要な知識について体系的に学んでいきます。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG