• 2020年12月8日
  • 2020年12月6日

連合作業分析【IE実践講座 組み合わせ手法:第1章】

本ページは、「i-007:方法研究と作業測定を組合せた応用的手法」から「第1章:連合作業分析」を限定公開しています。本講座では、それらの各種基本分析を組み合わせた、応用的な分析手法の活用方法や活用事例について学んでいきます。

  • 2020年12月8日
  • 2020年12月6日

ラインバランス分析【IE実践講座 組み合わせ手法:第2章】

本ページは、「i-007:方法研究と作業測定を組合せた応用的手法」から「第2章:ラインバランス分析」を限定公開しています。第2章では、工程間のラインバランスを適正化し、効率よくスムーズな生産の流れを実現するために欠かせない、ラインバランス分析について学習します。

  • 2020年7月9日
  • 2020年12月6日

IE・インダストリアルエンジニアリング実践講座シリーズ【講座ナビ】

IEは工場における改善・改革の土台になっている考え方・分析手法です。トヨタ生産方式がトヨタ式IEと呼ばれるように、現代の改善で活用されるツールや考え方は、IEで長年積み上げられた知見がたくさん活用されています。IE的視点でムダを見つける目を養い、ムダを取り除く過程を通して、人材育成と筋肉質な現場の構築を目指していきましょう。

  • 2020年7月9日
  • 2020年7月9日

運搬分析の概要と運搬の基本原則【IE実践講座 運搬分析(マテハン):第1章】

マテハンとは、マテリアルハンドリングの略称で、生産活動におけるモノの移動に関わる取扱いのことを指します。工場の中においては、運搬は必要不可欠な要素です。本講座では、運搬の基本的な考え方を学び、運搬分析をどのように活用していくのか、ポイントを学習します。

  • 2020年7月9日
  • 2020年7月9日

稼働分析の概要【IE実践講座 稼働分析:第1章】

普段の現場の稼働状態を数値で可視化することは、実態を知ることに加え、自職場がどのくらいのレベルかを知ることにも繋がります。第1章:稼働分析の概要では、観測の方法としての連続観測法、セルフタイムスタディー法、ワークサンプリング法と、観測した結果を使った改善の方向性について学んでいきます。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG