この講座は「今こそ学ぶ!工場改革・改善のためのIE実践講座 IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」です。
IEは工場における改善・改革の土台になっている考え方・分析手法です。
トヨタ生産方式がトヨタ式IEと呼ばれるように、現代の改善で活用されるツールや考え方は、IEで長年積み上げられた知見がたくさん活用されています。
IE的視点でムダを見つける目を養い、ムダを取り除く過程を通して、人材育成と筋肉質な現場の構築を目指していきましょう。

  • 2020年5月27日
  • 2020年5月25日

レーティングとは

レーティングとは、観測対象作業のペースと正常なペースとを比較し、観測対象作業の中に潜む問題点を明らかにするための分析のことです。レーティングは、「ペースレーティング」あるいは「パフォーマンスレーティング」とも呼ばれています。

  • 2020年5月26日
  • 2020年5月25日

時間研究の概要【IE実践講座 時間研究:第1章】

動作研究は、方法研究に属する手法の1つです。あらゆる仕事には、必ず一番良いやり方があります。本講義では、ただ漫然と現場を眺めるのではなく、一番良いやり方を追求する姿勢=モーション・マインドを持つために必要な知識について体系的に学んでいきます。

  • 2020年5月25日
  • 2020年5月25日

両手作業分析とは

本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から両手作業分析について一部抜粋してお送りしています。両手作業分析とは、作業者の両手の動作の順序や方法を、「作業」「移動」「保持」「手待ち」の4つの視点から分析する方法のことです。

  • 2020年5月22日
  • 2020年5月14日

微動作分析(サーブリッグ分析)とは

本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から微動作分析(サーブリッグ分析)について一部抜粋してお送りしています。微動作分析(サーブリッグ分析)とは、作業者の両手を中心とした動作の順序や方法を18種類の基本的な動作要素の繋がりで分析する方法のことです。

  • 2020年5月20日
  • 2020年5月14日

動作経済の原則とは

本ページは、IE実践講座「i-003:動作研究の考え方と活用法」から動作経済の原則について一部抜粋してお送りしています。動作経済の原則とは、最小限の疲労で最大の成果を上げられるように、最も良い作業動作を実現しようとする経済的な法則のことを言います。

  • 2020年5月19日
  • 2020年5月14日

流れ線図(フローダイアグラム)とは

本ページは、IE実践講座「i-002:工程分析の考え方と活用法」から流れ線図(フローダイアグラム)について一部抜粋してお送りしています。流れ線図(フローダイアグラム)は、詳細工程分析図(フロープロセス・チャート)をレイアウト図に落とし込み、人やモノのムダな動き・動線を分析するための手法です。

  • 2020年5月18日
  • 2020年5月14日

工程分析のステップ

本ページは、IE実践講座「i-002:工程分析の考え方と活用法」から工程分析のステップについて一部抜粋してお送りしています。工程分析では、Step1:工程分析を行う目的を明確にする、Step2:工程分析の対象範囲を決める、Step3:分析対象となる製品・作業を決める、Step4:工程分析表を作成する、Step5:改善案を検討するという手順で進めていきます。

  • 2020年5月15日
  • 2020年5月14日

詳細工程分析(製品工程分析、作業者工程分析)とは

本ページは、IE実践講座「i-002:工程分析の考え方と活用法」から詳細工程分析(製品工程分析、作業者工程分析)について一部抜粋してお送りしています。詳細工程分析図は、フロー・プロセス・チャートとも呼ばれる手法です。原材料・部品から製品に至る生産工程の全貌を詳細に把握できることが特徴です。

  • 2020年5月14日
  • 2020年5月25日

動作研究の概要【IE実践講座 動作研究:第1章】

動作研究は、方法研究に属する手法の1つです。あらゆる仕事には、必ず一番良いやり方があります。本講義では、ただ漫然と現場を眺めるのではなく、一番良いやり方を追求する姿勢=モーション・マインドを持つために必要な知識について体系的に学んでいきます。

  • 2020年5月11日
  • 2020年5月6日

IE的改善へのアプローチ(6W2H法)

本ページは、IE実践講座「i-001:IE・インダストリアルエンジニアリングの概要」からIE的改善へのアプローチ(6W2H法)について一部抜粋してお送りしています。6W2H法は問題や対策案をモレなく的確に洗い出しを行なうための視点です。IE的改善へのアプローチとして6W2Hは必須の視点となります。

>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG