計画同期生産とは

計画同期生産とは【製造現場の基礎知識】

「計画同期生産とは」の学習ページです。外部の不確実性が沢山ある現代では、一度立てた計画から絶対に変えないということは、現実的ではありません。しっかりと手順を踏み計画を修正し、常に意味のある計画を動かすための考え方を学習しましょう。
カイゼンベースの無料会員登録

USBキャンペーン

計画同期生産とは何か?原則やポイントを解説

計画同期生産の考え方

従来の考え方では、一度立てた計画は変えずに、計画を守り同期して生産することが一般的でした。

それに対して、計画同期生産では、計画に対して生産を実行している中で、不確実性により状況が変化した場合は、その実態に計画も常に同期させながら生産を行なっていく考え方です。

計画同期生産とは-スライド1

計画と実態が同期している状態

イメージ図で確認しましょう。

従来の方法では、計画に対して実績が大きく変化した場合は、結果的に大きなギャップが生じてしまうことが多々ありました。
いつも計画と実績にギャップがある状態となり、計画が意味をなさない状態になってしまっているケースです。

計画同期生産では、一次計画に対して、実績が変動した場合は、二次計画、三次計画というように指示を出していきます。
最終的に、ギャップは無い状態になるようにコントロールしていきます。
この方法では、常に計画と実態が同期している状態になり、「計画倒れ」ということがなくなります。

計画同期生産とは-スライド2

計画同期生産の大原則

間違ってはいけないことは、計画同期生産においても、「計画はコミットメント(約束)である」ことです。
遅れても修正すればよい、という考え方ではありません。

計画同期生産では、「約束は、最終的には守るもの。ただし、手順を踏めば、約束は変えられる」という考え方です。

外部の不確実性が沢山ある現代では、一度立てた計画から絶対に変えないということは、現実的ではありません。
しっかりと手順を踏み計画を修正し、常に意味のある計画を動かすための考え方なのです。

計画同期生産とは-スライド3

計画同期生産のポイント

  • 計画は変えてもいい
  • 正しい手順を踏んだ上で、計画を実態に合わせて変えることで、計画と実際が全く違っているという意味の無い状態を無くしていきましょう。

  • 修正のサイクルを短くして精度を上げる
  • 月次計画サイクルから週次計画サイクル、週次サイクルから日次サイクルといったように、計画が現実と同期した状態をつくっていきましょう。

  • 異なる部署の計画との連携
  • 保守、保全計画と生産計画との連携を行なっていきましょう。
    設計プロセスと生産計画との連携も大切です。

計画同期生産とは-スライド4

間違ってはダメ

繰り返しになりますが、計画は実態に合わせてどんどん変えるものの、
「生産が遅れても、計画同期生産の考え方で計画を修正すればいいんだよ。」
という間違った考え方にはならないようにしてください。

計画同期生産は、「外部環境」の影響による計画と実績のズレを修正して、計画を意味のあるものにしていく考え方です。
出来ないからといって計画をすぐに変えて、予定通りに進んでいるように見せかける考え方ではありません。

それでは、ただの「ごまかし」になってしまいます。

正しい手順で計画を修正しつつ、「約束を最終的には守る」ことが大原則であることを忘れないようにしましょう!

計画同期生産とは-スライド5

以上で、「計画同期生産とは」の講義を終わります。
このコンテンツが、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。
引き続き、その他の講義も是非ご覧ください。

カイゼンベースの法人向けサービス

 

カイゼンベース運営事務局について

2015年に活動をスタートしたカイゼンベース。
カイゼンベース運営事務局は、WEBサイトのコンテンツや記事の管理、メルマガ配信等、サイト運営業務を行なっています。世界一のカイゼン情報サイトを目指し、日々コンテンツ・記事の拡充やブラッシュアップを行なっています。
こんなコンテンツや記事が見たい!そんなご要望がございましたら、何でもお申し付けください!

カイゼンベースの公開セミナー情報
カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス
>人材教育を加速させる法人会員サービス

人材教育を加速させる法人会員サービス

年間120万人が利用中!ご利用ユーザー数No.1カイゼン情報サイト「カイゼンベース」。製造業を初めとした”現場”を持つ企業に欠かせない人材教育ツールとしてご活用頂いております。「忙しくて教育ができない」という悩みから脱却できます。

CTR IMG