社会人1年目に知っておくべきビジネスマナー

間違って使っていませんか?ビジネスで使いがちな敬語表現

間違って使っていませんか?ビジネスで使いがちな敬語表現【社会人1年目に知っておくべきビジネスマナー】の学習ページです。意外と間違ってしまいがちな敬語表現をこのページでおさらいしましょう。

カイゼンベース(イラスト)

ビジネス敬語

間違って使っていませんか?ビジネスで使いがちな敬語表現-スライド1

ビジネスシーンで上司や得意先など、目上の人に対して使っている敬語。

自分ではわかっているつもりでも、意外と間違った使い方をしている人も多いのではないでしょうか?

間違いやすい敬語の表現をまとめましたので、自分が普段使っている言葉が正しいかどうかチェックしてみましょう!

二重敬語

間違って使っていませんか?ビジネスで使いがちな敬語表現-スライド2

敬語表現を2つ以上重ねて使うことを二重敬語と言います。

丁寧に言おうと意識しすぎると二重敬語になってしまうことがありますが、実は下記に載せた表現は間違いです。普段、当然のように使っているものがないか、チェックしてみましょう。

◆ご覧になられましたか?
「ご覧になる」と「~られる」という二つの尊敬語が重なっています。
「ご覧になりましたか?」が正解です。

◆おっしゃられました
「おっしゃる」と「~られる」という二つの尊敬語が重なっています。
「おっしゃいました」が正解です。

◆お見えになられました
「お見えになる」と「~られる」という二つの尊敬語が重なっています。
「お見えになりました」「お越しになりました」が正解です。

◆拝見させていただきます
「拝見する」と「~させていただく」という二つの謙譲語が重なっています。
「拝見します」が正解です。

◆お伺いいたします
「お伺いする」と「~致します」の二つの謙譲語が重なっています。
「伺います」が正解です。

間違えやすい敬語表現

間違って使っていませんか?ビジネスで使いがちな敬語表現-スライド3

次に、ビジネスでよく使ってしまいがちな、間違いやすい表現をまとめました。

◆とんでもございません
「とんでも」と「ない」に分かれている言葉ではなく、「とんでもない」という形容詞です。
「とんでもないです」「とんでもないことでございます」が正解です。

◆どうかいたしましたか?
「いたします」は自分がするときに使う謙譲語です。
「する」の尊敬語は「なさる」なので、「どうかなさいましたか?」が正解です。

◆お休みをいただいております
休みをもらっているのは自社からなので、自社に対する敬意になってしまいます。
「休みを取っております」が正解です。

◆○○様でございますね
「ございます」は「ある」の丁寧語なので物に対して使います。
「○○様でいらっしゃいますね」が正解です。

◆お名前をいただけますか?
「いただく」は物に使う謙譲語です。
名前はもらう物ではないので、「お名前を伺ってもよろしいですか?」が正解です。

まとめ

間違って使っていませんか?ビジネスで使いがちな敬語表現-スライド4

今回は、普段使ってしまいがちな間違えやすい敬語のフレーズを紹介しました。

正しいと思って普段使ってしまっている言葉はなかったでしょうか?

相手に尊敬の気持ちを示すための言葉も、使い方を間違えてしまうと逆に失礼な印象を与えてしまいます。

これを機に正しい敬語を使うことを心がけましょう!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

関連記事

  1. 知らないと恥をかく!送付状の正しい書き方-スライド1 知らないと恥をかく!送付状の正しい書き方
  2. あなたのメールは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー-スライド4 あなたのメールは大丈夫?ビジネスメールの基本マナー
  3. あなたの対応が会社の印象を左右する!電話対応の基本-スライド1 あなたの対応が会社の印象を左右する!電話対応の基本

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP