資料作成・プレゼンの基礎知識

プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】

あなたはプレゼンテーション能力に自信がありますか?

きっと苦手意識を持っている方のほうが多いのではないでしょうか。
大勢の前でのプレゼンテーションに限らず、他人に何かを伝えて共感してもらうためにはプレゼンテーション能力が欠かせません。

◆プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ◆

プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【構成編】
プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【資料作成編】
プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】 ⇒ このページはココ

プレゼンテーションを成功させるための3つのコツ

プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】-スライド1

プレゼンテーションが苦手な人でも、自信を持って臨めるようになる3つのコツがあります。

①構成のコツ
②資料作成のコツ
③話し方のコツ

提案したいことを本番でわかりやすく伝えられるように、このページでは、「③話し方のコツ」を紹介します。

3つのつかみを入れる

興味を持って聴いてもらうための“3つのつかみ”
プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】-スライド2

プレゼンテーションでは、「最初の数分間に興味を持ってもらえるか」で、その後の話を真剣に聞いてもらえるかどうかが決まります。最初の数分間でコケてしまうと、そこから頑張って挽回しようと思っても、「時すでに遅し」。手遅れになってしまいます。そうならないためには、始めの「つかみ」はとても大切です。

聴き手に興味を持って聴いてもらうための3つの「つかみ」を紹介します。

・質問を投げかける

「この中で○○をしているという方はどのぐらいいますか?」などと、一番最初に質問をなげかけることで、聴き手の関心を引き付けることができます。これから提案しようとしている内容に関する質問をすると、スムーズにプレゼンテーションを始めることが出来ますね。
また、プレゼンの途中でも「どう思われますか?」などと時々問いかけをはさみ、聴き手を飽きさせないように工夫をしましょう。

・ショッキングな事を話す

「こんなデータがあることをご存知ですか?」とショッキングなデータを示したり、「○○と思っているかもしれませんが、実は違うんです」と常識とは違う事実を話す等の工夫を入れると、聴き手は思わず話に聞き入ってしまいます。「詳しく知りたい!」と思わせることが出来れば、その後の話を意欲的に聞いてもらえるでしょう。

・エピソードを話す

「こんな出来事がありました・・・」等、自分の体験談から話し始めると聴き手を自然に話に引き込むことが出来ます。自分の経験に限らず、知り合いや有名人のエピソード等でも効果的です。

話し方のコツ

わかりやすいプレゼンにするための話し方のコツプレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】-スライド3

次は、話し方のコツを紹介します。次の3つを頭に入れてプレゼンを行なうことで、聞き手の印象がグッと上がります。

・無駄な言葉を使わない

「えー」「あのー」「要するに・・・」等の言葉は、癖になっていてついつい無意識に使ってしまいがちですが、聴き手にとっては不快に感じることも。あまりに癖がひどいと、それが気になり過ぎて話が頭に入らなくなります。余計な言葉はできるだけ使わないようにすることが大切です。

・資料を音読しない

資料に書いてあることをそのまま読むだけでは、わざわざ時間をとって人を集める意味がありません。資料は要点のみ、図表などで視覚的にわかりやすいように工夫をし、資料にはない情報を話すようにすることがプレゼンでは大切です。プレゼンが終わった後に、「資料の内容をただ説明しただけだったね。」なんてことは絶対に言われないようなプレゼンを行なうようにしましょう。

・適度に間を入れる

人は一度に複数のことを集中してこなせるほど器用ではありません。そこで、聴き手がひとつのことに集中できるように、資料が新しいページに変わる度に目を通す時間を取ることも有効です。「では説明します。」等と注目させてから話し始めると、話に集中してもらうことが出来ます。資料の内容にもよりますが、3~5秒くらい間を取るだけで、聞き手へ親切なプレゼンになり、印象がよくなるのでオススメです。

話し方編まとめ

自分が提案する内容に確信を持つプレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】-スライド4

今回は、聴き手の興味を引き、わかりやすいプレゼンテーションにするための話し方のコツを紹介しました。

しかし1つ注意してほしいことがあります。それは、小手先のテクニックだけでは人の心を動かすことは出来ないことです。

説得力のあるプレゼンテーションをするためには、プレゼンター自身が提案する内容に確信を持っている事が大切です。

そのためには、どんな質問をされても動じず、その場をコントロール出来るように「事前準備を徹底」しましょう。
絶対に伝えたい!という熱意を持って語りかければ、その思いは聴き手に伝わるはずです。

そのことを大前提とした上で、今回紹介した「構成のコツ」「資料作成のコツ」「話し方のコツ」を、今後のプレゼンの機会に是非活かしてみてください!

◆プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ◆

プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【構成編】
プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【資料作成編】
プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】 ⇒ このページはココ

カイゼンベースで配信中の講座一覧はこちらから

いいね!をして
新着情報をゲットしよう!

新着教材の掲載はFacebookでお知らせしています

Twitterでカイゼンベースをフォローしよう!

関連記事

  1. プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【構成編】-スライド4 プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【構成編】
  2. プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【資料作成編】-スライド4 プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【資料作成編】
  3. 資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン-スライド1 資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン

会員メニュー

ようこそ、ゲスト様!
より多くのコンテンツの閲覧には、ログインが必要です。

ログイン

カテゴリー一覧

カイゼン用語・ビジネス用語

カイゼンベースSNS

カイゼンベースYouTube公式チャンネル


カイゼンベース公式Facebookページ

カイゼンベースTwitterページ
PAGE TOP