改善全般/生産/物流

資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン-スライド1

資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン

資料を作成する際に、読み手がどのように視線を動かすのかを知っておくことはとても大切です。
重要な要素を正しく配置出来ていないと、本当に伝えたい情報が埋もれ、読み飛ばされてしまう可能性があるからです。

本ページでは、「狙い通りに読んでもらえる」資料を作成する際に必要不可欠な、人の視線の動きの3パターンについて紹介しています。人間の自然な行動パターンを理解し、資料作成に活かしていきましょう。

カイゼンベースの無料会員登録

人間の視線の動きは主に3パターン!

資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン-スライド1

人は無意識に決まったパターンの視線の動かし方をすると言われています。
中でも代表的なのは次の3つです。

①グーテンベルク・ダイヤグラム
②Zの法則
③Fの法則

3つのパターンを理解し、資料作成に役立てるようにしましょう。

① グーテンベルク・ダイヤグラム資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン-スライド2

聞き手は、スライドを見る時、一番初めにどこを見ると思いますか?

そうです、最初に左上を見るのが人間の特性です。

同じ種類の情報が均等に配置されている場合、通常人間は、左上を最初に見た後、右上をチラ見し、左下をチラ見し、最後に右下の部分を見るように目線を持っていきます。

このような視線の動きをパターン化したのが「グーテンベルク・ダイヤグラム」です。

人間の特性として自然な現象であり、資料作成時も参考にすることで、わかりやすさを向上させることが出来ます。

更に、人間は、一番最後に見たものを、最も鮮明に覚えているという特性もあります。
従って、右下部分には、アピールしたいことの成果等を持ってくることがオススメです。
パンフレット・チラシ等も左上から右下に目が流れるようにデザインされています。

以上のように、同じ種類の情報が均等に配置する資料では、人間の特性に合わせてグーテンベルク・ダイヤグラムを活用することで、わかりやすい資料に一歩近づくことが可能です。

② Zの法則資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン-スライド3

情報が均等に配置されていない場合、人は違った視線の動かし方をします。

チラシやポスターなどの紙媒体のレイアウトによく使われ、デザイン業界などでは常識とされているのが「Zの法則」です。

・左上を最初に見た後、
・水平方向に右上に移動し、
・斜めに左下に移動し、
・最後に右下の部分を見るように目線を持っていきます。

アルファベットの「Z」の形になるので「Zの法則」と呼ばれています。

特に画像が多い資料や、ざっと内容を把握したい時などにこの視線の動かし方をする傾向があります。
一番重要な内容は左上に、画像や表などの目立たせたい情報は右上、左下、右下と、中央ではなく四方に配置しましょう。

③ Fの法則資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン-スライド4

コンテンツが均等に配置されていない場合の視線の動き、ふたつ目は「Fの法則」です。

ウェブサイト等を見るときの視線移動の研究により発見された、比較的新しい法則です。

左上を最初に見た後、水平方向に右上に移動し、その後左に戻り、少し下に移動してから、・また右方向へ目線を持っていきます。

アルファベットの「F」の形になるので「Fの法則」と呼ばれています。

字が多いページや、内容をじっくり読みたい時などにこの視線の動かし方をする傾向があります。
気になったポイントで視線が左から右へ移動するので、気になる情報が多ければ横棒は増えていきます。

重要な情報は大きな見出しや目立つ文字などで強調すると、文字が多くても読んでもらいやすくなります。

3つの視線のパターンに共通していること

資料作成の際に知っておくべき人の視線の動き3パターン-スライド5

3つの視線のパターンに共通しているのが、一番最初に見る場所は左上だということです。

重要なコンテンツはできるだけ左上に持ってくるほうがいいでしょう。

以上の事を理解した上で資料を作成をすると、読み手の視線をスムーズに誘導することができ、わかりやすい資料になります。
ぜひ参考にしてみてください。


カイゼン用語・ビジネス用語一覧へ戻る


法人向けサービス:カイゼンベースPlusで、カイゼン講座の全章を学習できます。

「分かり易い内容」「集合研修に最適」「お求め安い価格」と評判!3つのプランからお選び頂けます。

カイゼンベースPlus 法人会員プラン
カイゼンベースPlus コンテンツ個別購入
カイゼンベースPlus 講師派遣

詳細はこちら

カイゼンベースの無料会員登録
講座を監修している専門家に企業内研修の講師を依頼しませんか?

企業内研修では、ワークショップ形式での学習や、
より具体的な実例による実践型の学習が可能です。

パンフレットを見る

お問い合わせ

企業内研修に講師を呼ぼう!

関連記事

  1. プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【構成編】-スライド4

    プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【構成編】

  2. プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】-スライド4

    プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【話し方編】

  3. プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【資料作成編】-スライド4

    プレゼンが苦手な人でも自信が持てるようになるコツ【資料作成編】

会員情報

カイゼンベースの無料会員登録

ログイン


カテゴリー

提携コンサルタント募集

カイゼンベースの公開セミナー情報

カイゼンベースのオリジナル動画制作サービス





PAGE TOP

実務で使えるツール集

【メルマガ】2018年8月28日号:QC7つ道具学習の決定版!新作リリース

メルマガ

品質/統計/安全/環境

実務で活用!QC7つ道具の使い方【講座ナビ】

第1章:QC7つ道具とは

品質/統計/安全/環境

管理図とは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第8章】

第8章:管理図とは

品質/統計/安全/環境

チェックシートとは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第7章】

第7章:チェックシートとは

品質/統計/安全/環境

散布図とは【実務で活用!QC7つ道具の使い方:第6章】

第6章:散布図とは